nDisplay を使用した複数のディスプレイへのレンダリング

nDisplay システムを使用して、Unreal Engine プロジェクトを複数のディスプレイで同期してレンダリングする方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

インタラクティブ コンテンツの出力先は、1つの画面や、VR ヘッドセットのような1つのデュアル スクリーン デバイスだけではありません。ますます多くのビジュアル化システムが、同時に複数の画面を介してリアルタイム コンテンツをレンダリングしています。ねらいは、さらに効果的に視聴者をゲーム環境に没入できるようにすることです。これらのシステムは、 パワーウォール ディスプレイなど、複数の物理的な画面を隣接させて構築する場合や、 Cave を始めとする仮想環境などのように、複数のプロジェクターを使用し、ドーム、傾斜のある壁、湾曲状のスクリーンなどの物体の表面に 3D 環境を投影することもあります。

Unreal Engine は、 nDisplay というシステムを介して、こうした利用シナリオをサポートしています。このシステムにより、 3D コンテンツを複数のディスプレイに同時にレンダリングする際に、下記のように、いくつかの最重要課題を解決できます。

*ネットワーク内に置かれているさまざまなコンピュータにまたがる、プロジェクトの複数のインスタンスをデプロイまたは起動する処理が容易になります。各インスタンスは、1つ以上のディスプレイ デバイスにレンダリングされます。

  • ディスプレイ ハードウェアの空間レイアウトに基づき、各画面の視錐台の計算に関わるすべての計算をリアルタイムで管理します。

  • さまざまなスクリーン上に表示されているコンテンツは 完全に 同期しているため、決定論的なコンテンツがエンジンのすべてのインスタンスに存在することになります。

*受動的および能動的なステレオスコピック レンダリングが可能になります。

  • VR のトラッキング システムからの入力によって制御されるので、ディスプレイ内の視点は、現実世界で動いている人の視点を正確に追従します。

  • nDisplay には、十分な柔軟性があるので、任意の相対的な方向で、任意の数のスクリーンをサポートできます。また、任意の数のプロジェクト間で簡単に再利用できます。

nDisplay はChildish Gambino の受賞歴のある 2018 年の Pharos でのショーのビジュアル実現において中核的な役割を果たしました。このプロジェクトのビデオを以下に紹介します。

はじめに

ガイド

リファレンス

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信