HTTP Streamer REST API

HTTP Streamer の REST API の概要

Windows
MacOS
Linux

以下は HTTP Streamer によってのリクエストされ、リプレイ サーバーによって処理されなければなりません。ほとんどの場合、適切な場所に与えられた情報を単に記録したり、リクエストに応じてビューアにその情報を戻して提示したりするだけで十分です。リプレイは一般的に単一ファイルとしては保存されないことに注意してください。リプレイの個々のチャンクは独自のファイルになります。リプレイに関連はしますがイベント データは別個に保存されます。イベントはどのリプレイに属しているかがわからなくても検索可能だからです。イベント グループも、そのグループに属するすべてのイベント (すべてのリプレイに対して) のリストと合わせて別個のファイルとして保存されます。

HTTP Streamer の REST API には、ゲーム サーバーからリプレイ サーバーへのリプレイのストリーミング (アップロード) 、リプレイ サーバーからゲーム、ビューア、サーバーにライブまたは事前録画したリプレイのストリーミング (ダウンロード)、またはサーバーで利用可能なリプレイに関する情報を照会 (検索) するための機能があります。独自にリプレイ サーバーを実装するには、以下の HTTP リクエストへの応答およびゲーム固有の追加のリクエストに応答する必要があります。

アップロード リクエスト

Start Streaming

リプレイ ストリームのアップロードを開始するリクエストを送信します。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name Override>?app=<Replay Version AppString>&version=<Replay Network Version>&cl=<Replay CL>&friendlyName=<Platform Friendly Name>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

アプリケーション/json

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name Override

(オプション、先頭の "/" も含む) リプレイの任意の名前です。通常 GUID (グローバル一意識別子) を含む。

リプレイ サーバーは、リプレイのリクエスト中にこの名前を認識します。これは無視されることがありますが、セッション名として戻され、ストリーマーは戻された名前に従います。

Replay Version AppString

プレイ中のゲームを表すユーザー定義の文字列

この値は、HTTP Streamer がリプレイのリストをリクエストする場合にフィルタリングのために使われます。

Replay Network Version

プレイ中のゲームのバージョンを表すユーザー定義の文字列

この値はリプレイのリストをフィルタリングするためにも使用されます。従ってリプレイ データと共に保存します。

Replay CL

プレイ中のビルドのチェンジリスト

この値はリプレイのリストをフィルタリングするために使われます。

Platform Friendly Name

ゲームをプレイ中のプラットフォーム

この値はユーザーに表示されることがあり、リプレイ リストがリクエストされた場合に戻されることを求められます。ただし、リプレイのリストに対するリクエストではゲーム サーバーには送られません。従ってフィルタとして使われることは想定していません。

Response

文字列 "sessionId" が定義された JSON データを含む FNetworkReplayStartUploadingResponse を求めています。将来、HTTP Streamer からの通信で Session Name として使用されます。オプションの <Session Name Override> を指定すると戻される "sessionId" および最終的な <Session Name> は同じ値になります。これはセッション名を要求するゲームのやり方です。

名前

種類

内容

Users

String Array

ゲームに存在しているユーザーのリストです。リプレイでタグとして保存するようにします。

Upload Header

アーカイブ ヘッダーを構成するバイナリ データをアップロードするためにリクエストを送信します。これは、Session Name に関連するヘッダー ファイルに記録されるようにします。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/file/replay.header?numChunks=<Stream Chunk Index>&time=<Total Demo Time In MS>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

アプリケーション/json

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

アップロード中のリプレイの名前

この名前は最初のアップロード リクエストに応答してリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Stream Chunk Index

送信されているリプレイの現在のチャンクのインデックス

ストリーム チャンクのサイズは均一ではありませんが、この値によって厳密に順序付けされています。

Total Demo Time In MS

現在のストリーム チャンクの終わりまでのデモのトータル実行時間

バイナリ リプレイ データを解釈する必要なしに、どれくらいのリプレイ データがアップロードされたかをミリ秒単位で示します。

Flush Stream

ストリームをフラッシュするためのリクエストを送信します。コンテンツはバイナリ リプレイ データで圧縮可能です。このデータは Stream Chunk Index で示されるチャンクを表します。チャンクのデータ サイズやカバーする時間は様々であるため、各チャンクを別個のファイルに保存することをお勧めします。HTTP Streamer は現在のストリーム データをこのシステムで 10 秒毎にフラッシュしようとします。フラッシュの間隔は、コンソール変数、"httpReplay.ChunkUploadDelayInSeconds" を変更することで調整可能です。

圧縮を有効にするには、FHttpNetworkReplayStreamer: の子クラスで 3 つの関数をオーバーライドしなければなりません。

  • SupportsCompressiontrue を戻さなければなりません。

  • CompressBuffer はエラーの場合を除いて圧縮を実行し、 true を戻さなければなりません。

  • DecompressBuffer はエラーの場合を除いて解凍を実行し、 true を戻さなければなりません。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/file/stream.<Stream Chunk Index>?numChunks=<Total Chunks>&time=<Total Demo Time In MS>&mTime1=<Start Time In MS>&mTime2=<End Time In MS>&absSize=<Total Uploaded Bytes>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

アプリケーション/json

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

アップロード中のリプレイの名前

この名前は最初のアップロード リクエストに応答してリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Stream Chunk Index

送信されているリプレイの現在のチャンクのインデックス

ストリーム チャンクのサイズは均一ではありませんが、この値によって厳密に順序付けされています。

Total Chunks

これまでに送信されたチャンクの合計数。

常に Stream Chunk Index よりもひとつ大きくなります。

Total Demo Time In MS

現在のストリーム チャンクの終わりまでのデモの合計実行時間

バイナリ リプレイ データを解釈する必要なしに、どれくらいのリプレイ データがこれまでにアップロードされたかを秒単位で示します。

Start Time In MS

このストリーム チャンクの開始時点での合計実行時間

ミリ秒単位の時間です。リプレイのストリーミングでは、スクラブしているビューアがどのチャンクを必要としているかを特定するために使用することができます。

End Time In MS

このストリーム チャンクの終了時点での合計実行時間

ミリ秒単位の時間です。リプレイのストリーミングでは、スクラブしているビューアがどのチャンクを必要としているかを特定するために使用することができます。

Total Uploaded Bytes

現在のストリーム チャンクの終わりまでのデモの合計サイズ

どれくらいのリプレイ データがこれまでにアップロードされたかをバイト単位で示します。

Add/Update Event

リプレイ イベントの追加または更新のリクエストを送信します。コンテンツには記録するバイナリ イベント データを含みます。このデータは DemoNetDriver 経由で送信可能であり、ユーザー定義可能です。この HTTP リクエストの 2 つめのバージョンを使って既存のイベントを修正したり更新することができます。1 つめのバージョンは新規イベントを作成するために使用することができます。

イベントはリプレイとは別個に保存されるため、イベント名で GUID を使用します。各イベントはそれぞれが属するリプレイを認識しています。これがリプレイ自体にイベントが埋め込まれていない理由です。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/event?group=<Group Name>&time1=<Event Time In MS>&time2=<Event Time In MS>&meta=<Meta Tag>&incrementSize=false
<Server URL>replay/<Session Name>/event/<Session Name>_<Event Name>?group=<Group Name>&time1=<Event Time In MS>&time2=<Event Time In MS>&meta=<Meta Tag>&incrementSize=false

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

アプリケーション/json

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

アップロード中のリプレイの名前

この名前は最初のアップロード リクエストに応答してリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Group Name

このイベントを含むイベント グループの名前

イベントはリストをフィルタリングするためにグループにまとめて入れることができます。例えば、スポーツ タイトルですべてのペナルティ コールをグルーピングすることができます。

Event Name

追加中、または更新中のイベントの GUID

(オプション) 特定の名前付きのイベントに関する情報はビューアによってリクエスト可能です。指定しなくても、グループ内でイベントをリッスンすることでイベントを見つけることができます。

Event Time In MS

このイベントが起こるリプレイ内の時間

時間はミリ秒単位です。"time1" は開始時間、 "time2" は終了時間として使用可能ですが、デフォルトの HTTP Streamer では常に同じ値になります。

Meta Tag

イベントに関連したメタ タグ

リプレイ リストはリクエストで指定があればメタ タグでフィルタリングすることができます。Meta Tag は伝送中に HTTP Streamer によって URL- エンコードされます。

Stop Streaming

リプレイがアップロードを終了していることを示すリクエストを送信します。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/stopUploading?numChunks=<Total Num Chunks>&time=<Total Time In MS>&absSize=<Total Bytes Uploaded>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

Content Type

application/octet-stream (no content is sent)

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

アップロード中のリプレイの名前

この名前は最初のアップロード リクエストに応答してリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Total Num Chunks

終了したリプレイのチャンクの数

Total Time In MS

リプレイのミリ秒単位の合計実行時間

Total Bytes Uploaded

リプレイのバイト単位の合計サイズ

ダウンロード リクエスト

Request Start Download

このリクエストの目的は、ユーザー名に基づき接続を確立することでリプレイ サーバーからリプレイのダウンロードを開始することです。このリクエストが成功するとただちに HTTP Streamer はリプレイのヘッダーをダウンロードするためのリクエストを送信し、次にリプレイのすべてのチェックポイントを列挙するようにさらにリクエストを送信します。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/startDownloading?user=<User Name>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

ダウンロード中のリプレイの名前。

この名前はリプレイが当初アップロードされたときのサーバーの値に一致します。

User Name

Unique Net Id (GUID)

クライアント マシンにログインする望ましいネットワークの GUID。この値はエンジンからのものであり、ユーザーが指定するものではありません。

Response

このリクエストに対して求められる応答のタイプは、FNetworkReplayStartDownloadingResponse であり JSON データを含みます。

名前

種類

内容

State

String

"Live" という言葉は、視聴中のゲームがライブであることを示しています。そうでなければ、リプレイは事前録画されています。

NumChunks

Integer

ゼロ以外になり、ストリーミングの継続にともない更新されます (ライブのリプレイで使用)。

Time

Integer

リプレイの合計時間 (ミリ秒単位)。State がライブ ストリームであることを示していれば変更される可能性があります。

ViewerId

String

リプレイ サーバーによって割り当てられる一意の名前です。この名前は、ゲーム サーバーがさらにリプレイ データのチャンクをリクエストする場合に使用します。このドキュメントでは多くの場合 Viewer Name と呼びます。

Request Header

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/file/replay.header

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

ダウンロード中のリプレイの名前

この名前はリプレイが当初アップロードされたときにリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Response

コンテンツ部分のリプレイのヘッダーをバイナリデータとして応答することが求められます。

Request Checkpoint Data

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/event?group=checkpoint

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

ダウンロード中のリプレイの名前

この名前はリプレイが当初アップロードされたときにリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Response

チェックポイント データを含む FHttpResponsePtr タイプの JSON 形式の文字列の応答が求められます。

名前

種類

内容

events

Array

この表の他のすべてのフィールドからなる配列エントリを含みます。

id

String

チェックポイント (GUID) の名前。

group

String

イベントが属するグループがあればそのグループ。

meta

String

イベントに関連する Meta Tag 文字列があればその文字列

time1

Integer

イベントの開始時間 (ミリ秒単位)。

time2

Integer

イベントの終了時間 (ミリ秒単位)。多くの場合、開始時間と同じ。

これは技術的にはイベントのグループに対する汎用的なリクエストです。「チェックポイント」はここで明示的に指定しますが、リプレイ サーバーはグループに対して他の値を処理することが可能であり、任意のグループに対してすべてのイベントを報告します。

Request Stream Chunk

これはビューアによって名前が付けられた特定のストリーム チャンクに対するリクエストです。既にダウンロード中のチャンクがある場合は、このリクエストは送信されません。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/file/stream.<Stream Chunk Index>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Session Name

ダウンロード中のリプレイの名前

この名前はリプレイが当初アップロードされたときにリプレイ サーバーが提供した値に一致します。

Stream Chunk Index

リクエスト中のリプレイ データの現在のチャンクのインデックス。

ストリーム チャンクのサイズは均一ではありませんが、この値によって厳密に順序付けされています。

Response

求められる応答はチャンクに関する情報を含むヘッダーであり、その内容はリプレイ データのバイナリ チャンクです。圧縮がサポートされている場合はバイナリ データは圧縮可能です。ヘッダーでは以下のフィールドが求められます。

ヘッダー フィールド名

説明

NumChunks

ストリームのチャンクの合計数。これはストリーミングしたゲームで役立ちます。視聴中に作成された新しいチャンクに関する情報をユーザーが知ることができるからです。

Time

リプレイの合計時間 (ミリ秒単位)。NumChunks の値はリプレイがライブの場合に視聴しているセッション中に変わることがあります。

State

この変数には "Live" という認められた値があります。この変数が欠落しているか、異なる値の場合は、ストリーマーはライブ以外のストリーミング モードに切り替わります。

MTime1

ストリームの開始時間 (ミリ秒単位)。ライブ リプレイのストリームではゼロ以外です。この変数はデータのチャンクが送信される場合にのみチェックされ、これがストリーマーがダウンロードした最初のチャンクであるか、このストリームがライブであるかのいずれかです。

MTime2

ストリームの終了時間 (ミリ秒単位)。さらに多くのチャンクが入ってくると変わることがあります。この変数はデータのチャンクが送信されるか、リプレイがライブの場合に常にチェックされます。

圧縮を有効にするには、FHttpNetworkReplayStreamer: の子クラスで 3 つの関数をオーバーライドしなければなりません。

  • SupportsCompressiontrue を戻さなければなりません。

  • CompressBuffer はエラーの場合を除いて圧縮を実行し、 true を戻さなければなりません。

  • DecompressBuffer はエラーの場合を除いて解凍を実行し、 true を戻さなければなりません。

Enumerate Events for Replay

DemoNetDriver から直接呼び出すことができるため、ゲーム プロジェクトがいつでもこれを行うことができます。このリクエストでは、リプレイ サーバーに対して特定のリプレイ (Session Name で特定) に関するすべてのイベントのリストを送信することを求め、特定のイベント グループによってフィルタリングされます。空のグループ名および "group" の引数の欠如をサポートすることをお勧めします。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/event?group=<Group Name>"

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

Response

このリクエストに応答して受け取ったコンテンツはFReplayEventListFReplayEventListItem に対応する JSON- 形式の文字列になることを求められます。

名前

種類

内容

events

Array

この表の他のすべてのフィールドからなるエレメントを含みます。

id

String

チェックポイント (GUID) の名前。

group

String

イベントが属するグループがあればそのグループ。

meta

String

イベントに関連する Meta Tag 文字列があればその文字列

time1

Integer

イベントの開始時間 (ミリ秒単位)。

time2

Integer

イベントの終了時間 (ミリ秒単位)。多くの場合、開始時間と同じ。

Refresh Viewer

このリクエストは 10 秒毎に送信されるハートビートです。この頻度は現在ハード コーディングされていますが、将来的にはコード変更なしにユーザー設定可能になりそうです。ビューアがこのリクエストの送信に長時間失敗すると (例えば 1 分間)、ビューアの接続は予期せず切断される可能性が高くなり、この切断は妥当なものといえます。"final=true" バージョンが送信されると、これが最後のハートビートであることを示しており、ユーザーはリプレイの視聴を停止しています。

Syntax

<Server URL>replay/<Session Name>/viewer/<Viewer Name>
<Server URL>replay/<Session Name>/viewer/<Viewer Name>?final=<Final Heartbeat>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

POST

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Final Heartbeat

"true" または "false"

デフォルトで "final" は、Final Heartbeat が true でない限り送信されません。true の場合、ビューアは視聴を停止し、それ以上データは送信されません。

検索リクエスト

Search Replays

リプレイ サーバーが送信可能な全リプレイのリストをリクエストします。こうしたリプレイは、URL でユーザーのクライテリアによって事前にフィルタリングされます。リプレイ サーバーは空または欠落しているフィルター フィールドの一部を処理できます。

Syntax

<Server URL>replay?app=<Replay Version AppString>&cl=<Replay CL>&version=<Replay Network Version>&meta=<Meta Tag>&user=<User Name>&recent=<In Recent Viewer>"

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Replay Version AppString

プレイ中のゲームを表すユーザー定義の文字列です。

この値は、ユーザーがリプレイのアップロードを開始すると送信され、潜在的ビューアに送るリプレイのリストをフィルタリングするために使用されています。

Replay CL

プレイ中のビルドのチェンジリスト

この値はリプレイのリストをフィルタリングするために使われます。

Replay Network Version

プレイ中のゲームのバージョンを示すユーザー定義の文字列です。

この値はリプレイに影響を及ぼすため、ゲームのデータ形式の変更を反映するようにします。リプレイのリストをフィルタリングするためにも使用されます。

Meta

このリプレイに適用されるタグです。

ユーザーが適用したメタ タグは、特定の機能を持つゲームをフィルタリングするために使用することができます。これは "all Capture The Flag matches" から "games that went into double-overtime" まで何でも可能です。

User

Unique Net Id (GUID)

特定のプレイヤーを含むことに基づきゲームをフィルタリングするために使用します。

Recent

"true" または "false"

true の場合、最近アップロードしたリプレイだけが表示されます。最近が何を意味するかはリプレイ サーバー次第です。

Response

JSON-形式の文字列のコンテンツでの応答が求められます。

名前

種類

内容

replays

Array

この表の他のすべてのフィールドからなるエレメントを含みます。

AppName

String

リプレイがアップロードされたときに送信された Replay Version AppString。リクエストと共に送信したパラメータと一致します。

SessionName

String

リプレイの名前 (GUID)

FriendlyName

String

リプレイのアップロード時に与えられた <Platform Friendly Name>

Timestamp

DateTime

リプレイに関連付けられた日時 (すなわち、このゲームが行われたとき)

SizeInBytes

Integer

リプレイのバイト単位の合計サイズ

DemoTimeInMs

Integer

リプレイのミリ秒単位の実行の長さ

NumViewers

Integer

このリプレイを現在視聴しているユーザー数

bIsLive

Boolean

リプレイのゲームがプレイ中であれば true になります。

Changelist

Integer

リプレイが記録されたときにゲームを実行していたエンジンのチェンジリスト (CL) です。リプレイのアップロード時に送信された Replay CL 引数に対応します。リクエストと共に送信したパラメータと一致します。

shouldKeep

Boolean

デバッグの "shouldKeep" リクエストがあった場合に true になります。

Search Replays by Event

サーバーからのリプレイのリストのリクエストを送信します。こうしたリプレイは名前を付けた Event Group に少なくともひとつのイベントがあるものだけが対象になるようにプリフィルタリングされます。

Syntax

<ServerURL>event?group=<Event Group>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Event Group

このイベントを含むイベント グループの名前

イベントはリストをフィルタリングするためにグループにまとめて入れることができます。例えば、スポーツ タイトルですべてのペナルティ コールをグルーピングすることができます。

Response

サーバーからのリプレイのリストを含む JSON 形式の文字列としてのコンテンツの応答が求められます。

名前

種類

内容

replays

Array

この表の他のすべてのフィールドからなるエレメントを含みます。

AppName

String

リプレイがアップロードされたときに送信された Replay Version AppString です。

SessionName

String

リプレイの名前 (GUID)

FriendlyName

String

リプレイのアップロード時に与えられた <Platform Friendly Name>

Timestamp

DateTime

リプレイに関連付けられた日時 (すなわち、このゲームが行われたとき)

SizeInBytes

Integer

リプレイのバイト単位の合計サイズ

DemoTimeInMs

Integer

リプレイのミリ秒単位の実行の長さ

NumViewers

Integer

このリプレイを現在視聴しているユーザー数

bIsLive

Boolean

リプレイのゲームがプレイ中であれば true になります。

Changelist

Integer

リプレイが記録されたときにゲームを実行していたエンジンのチェンジリスト (CL) です。リプレイのアップロード時に送信された Replay CL 引数に対応します。

shouldKeep

Boolean

デバッグの "shouldKeep" リクエストがあった場合に true になります。

Request Replay

これは DemoNetDriver から直接呼び出されます。そのため、いつでもゲーム プロジェクトから行うことができます。しかし、通常は前のリクエストで提供されたリストからの Event Name を使ってリプレイを視聴中に呼び出されます。

Syntax

<Server URL>event/<Event Name>

Details

アイテム

リクエスト メソッド

GET

コンテンツ タイプ

None

パラメータ

エレメント

用途 / 注意事項

Server URL

リプレイ サーバーの URLです。DefaultEngine.Ini からのものを無修正で使用

URL の最後の "/" は、必ず含めるようにします。自動的には追加されません。

Event Name

リクエストされたイベントの GUID です。

イベントは GUID によって特定されるため、イベントはファイル上のどのリプレイからでも可能です。リクエストするイベントが現在視聴中のリプレイに関するイベント リストからのものであるようにしてください。

Response

リプレイ サーバーからのバイナリ ストリームとしてのコンテンツでの応答が求められます。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信