アニメーションのブレンドとプロパティ

シーケンサーで Skeletal Mesh アクタにアニメーションを適用する方法、アニメーションのブレンド、ブレンドのプロパティ値についても説明します。

Windows
MacOS
Linux

シネマティック シーケンスを作る場合、シーン内でキャラクターを動かしたり、何らかのアニメーションを実行させたいことがあるでしょう。 シーケンサー では、Skeletal Mesh アクタをレベル シーケンスに追加してから、アニメーションのサブトラックを追加し、アクタに行わせたいアニメーションを指定することでこれが行われます。 プロパティのトラックを既存のプロパティのトラックにドラッグ&ドロップすることで、アニメーション (およびプロパティ値) のクロスフェードとブレンドを自動的に行うことができます。 これを行う場合、自動ブレンドが適用されます。これは、イージング プロパティを使って、または、独自のカスタム カーブ アセットを定義することで微調整することができます。

このガイドでは、キャラクターの歩行からジャンプへ、そして再び歩行へと戻り、ブレンドするアニメーション シーケンスのサンプルを作成します。

AnimationBlending.png

ステップ

ここでは Starter Content Enabled (スターター コンテンツを有効にした状態)Blueprint Third Person Template プロジェクトを使います。

  1. プロジェクト内で、メイン ツールバー から [Cinematics (シネマティックス)] ボタンをクリックし、[Add Level Sequence (レベル シーケンスを追加)] をクリックします。

    CharacterAnim_01.png

  2. コンテンツ ブラウザContent/Mannequin/Character/MeshSK_Mannequin をレベルにドラッグします。

    CharacterAnim_02.png

  3. [SK_Mannequin] アセットを選択したままの状態で、シーケンサーで [Track] ボタンをクリックして、レベル シーケンスに追加します。

    CharacterAnim_03.png

  4. 新規スケルタルメッシュ トラック上で [Animation] ボタンをクリックして ThirdPersonWalk アニメーションを割り当てます。

    CharacterAnim_04.png

  5. タイムラインを 30 までスクラブして、[Animation] ボタンをクリックし、ThirdPersonJump_Start アニメーションを追加します。

    CharacterAnim_05.png

  6. トラック ウィンドウの ThirdPersonJump_Start アニメーションを左クリックして、フレーム 25 に戻って ThirdPersonWalk にドラッグします。

    CharacterAnim_06.png

    タイムライン上でアニメーションをドラッグする場合、負の数字はタイムラインで戻るフレーム数を示し、正の数は、タイムラインで前方に進むフレーム数を示します。

  7. フレーム 39 に、ThirdPersonJump_Loop を追加し、それを ThirPersonJump_start に後方にドラッグし、フレーム 34 からクロスフェードさせます。

    CharacterAnim_07.png

  8. ThirdPersonJump_End アニメーションを追加し、それを 2 フレームでクロスフェードさせます。

    CharacterAnim_08.png

  9. ThirdPersonWalk を追加し、それを 3 フレームでクロスフェードさせます。

    CharacterAnim_09.png

  10. いずれかのクロスフェードの開始地点で、上の三角アイコンを右クリックして、[Easing Curve] オプションを表示させます。

    CharacterAnim_10.png

  11. [Options] セクションで、必要な Easing オプションを選択して、カーブをどのように操作するかを定義します。

    CharacterAnim_11.png

    または、[Method][Curve Asset] に変更することができます。

    CharacterAnim_12.png

    これを行う場合、[Option] セクションで、どのカスタム Curve アセットを使用するかを定義することができます。

    CharacterAnim_13.png

  12. ブレンドを見るにはシーケンスのタイムラインをスクラブするか、[Preview Play] ボタンをクリックします。

最終結果

シーケンスは複数のアニメーションを持つスケルタルメッシュを含むようになります。利用可能なイージング オプションを使ってブレンドを調整し、アニメーション間で滑らかにブレンドします。

ウェイト値でブレンドする

アニメーションのブレンドのもうひとつの方法として、アニメーション トラックで [Weight] サブトラックを使うやり方があります。

以下ではウェイト値 1.0 のアニメーションと、 0.0 のもうひとつのアニメーションがあります。

CharacterAnim_14.png

次にタイムラインを前方にスクラブし、それぞれのウェイト値を逆にして 2 つの値の間で補間してアニメーションをブレンドさせます。

CharacterAnim_15.png

プロパティ値をブレンドする

ブレンドはアニメーションだけに限定されません。2D/3D トランスフォーム、ベクター、色、浮動小数点も自動的にブレンドされます。

デフォルトでトランスフォーム、ベクター、色、および類似のトラックは [Infinite] に設定されます。つまり、プロパティ値はシーケンス全体で持続性があります。 このオプションをオフにしてプロパティ セクション を使用することで、こうしたセクションをブレンドすることができます。以下の動画では、このガイドに類似したやり方を用いてシーケンサー内でライトの色を一定時間ブレンドしました。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback