オーディオ トラックで作業する

オーディオ トラックを追加し、キーフレームを使ってボリューム / ピッチの値を調整する方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
On this page

音楽トラックでシネマティックスに音楽を加えたり、サウンド エフェクト (衝撃音やボイス オーバーなど) を追加したい場合は、シーケンサー内の オーディオ トラック を使用します。 シーケンサーのオーディオ トラックでは、Audio アセットのボリュームやピッチをシネマティックスのどの時点であってもキーフレーム化した値を変更することで調整することができます。

この操作ガイドでは、サンプル シーンに音楽トラックを追加し、時間の経過とともにフェードインさせる方法を説明します (シネマティックス中にピッチを調整する方法も説明します)。

EndResultImage.png

ステップ

ここでは Starter Content Enabled (スターター コンテンツを有効にした状態)Blueprint Third Person Template を使います。

  1. メイン ツールバーから [Cinematics (シネマティックス)] をクリックし、[Add Level Sequence (レベル シーケンスを追加)] をクリックします。

    Audio01.png

  2. [Save Asset As] ウィンドウで、保存場所と保存名を選び、[Save] をクリックします。

    Audio02.png

  3. レベル シーケンス[Add] ボタンをクリックし、[Audio Track] を選択します。

    Audio03.png

  4. Audio Track 上で、+ ボタンをクリックします。次に、Starter_Music_Cue アセットを探して追加します。

    Audio04.png

    • [Expand] アイコンをクリックして、展開してオーディオ サブトラックを見ることができます。

      Audio05.png

    • [+] ボタンをクリックし、サブトラックをオーディオ トラックに追加することができます。それをタイムラインに沿ってドラッグして、シーケンス内で必要とする場所に再配置することができます。

      Audio06.png

  5. Starter_Music_Cue トラックを拡げます。次に、[Volume][Pitch Multiplier] の値を 0.0 に変更し、両方にキーを追加します。

    Audio07.png

    これで、ボリュームがオフになり、ピッチが低になります。

  6. タイムライン マーカーを 50 までスクラブします。[Volume][Pitch Multiplier] の値を 1.0 に変更してから、両方に対してキーを追加します。

    Audio08.png

    これでボリュームがデフォルト値まで上がり、ピッチはそのデフォルト値になります (Sound アセットには影響を与えません)。

  7. オーディオ トラック内のサブトラックを削除するには、Timeline ウィンドウ内でサブトラックをクリックして、 [Delete] を押す (または 右クリック して [Delete] を選ぶ) と削除することができます。

    Audio09.png

  8. タイムラインを 0 に戻します。次にシーケンサー内で Play ボタンを押してシーケンスを再生します。

    Audio10.png

最終結果

レベル シーケンスを再生する場合、シーケンスが開始するとオーディオがフェードインし、ピッチが調整されます。

この例はかなり単純化されていますが、さらに多くのキーフレームを追加して、シーケンスのどの時点でもオーディオをフェードイン、フェードアウトさせたり、必要に応じて Audio アセットのピッチを調整することができます。 オーディオ トラックは、Sound Cue または Sound Wave のいずれかのアセットをサポートします。これは、コンテンツ ブラウザ からレベル シーケンスにドラッグ&ドロップするか、またはオーディオ トラックの [Add (追加)] オプションから追加することができます。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback