カメラ カットを操作する

Camera Cuts トラックで複数のカメラを使用する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

シネマティックにコンテンツを作成すると、様々なカメラの視点からそのコンテンツを撮影したい場合があります。シーケンサでは、Camera Cuts トラック を使用して、シーン内の特定の時間に使用するカメラを選択することでこれが可能です。

この例では、Camera Cuts トラックを使用して、2 人のキャラクターが互いに話しているかのようにカメラを切り替えます。

手順

この操作ガイドでは、スターターコンテンツ有り「ブループリントのサードパーソン テンプレート」 プロジェクトを使用しています。

  1. [Viewport (ビューポート)] で、ThirdPersonCharacter を選択し、レベルから**削除** します。
    cameras01.png
    ゲームをプレイしている場合、これはプレイ可能なキャラクターとなりますが、この例では使用しません。

  2. コンテンツ ブラウザ[Content (コンテンツ)] > [Mannequin] > [Character] > [Mesh] で、「SK_Mannequin」 をレベルにドラッグします。
    CameraCuts_02.png

  3. 2 番目の 「SK_Mannequin」 をレベルに追加し、それを回転させて最初のマネキンに対して向かい合わせにします。
    SecondCharacter.png
    これらの 2 つのマネキンの間のサンプル シーンと、各マネキンの代替カメラの視点を撮影します。

  4. メイン ツールバーから [Cinematics (シネマティックス)] ドロップダウン メニューをクリックし、[Add Level Sequence (レベル シーケンスを追加)] を選択します。
    CameraCuts_03.png

  5. [Ctrl] キーを押しながら両方のマネキンを選択して、シーケンサで [+ Track] ボタンをクリックし、[Add Current Selection (選択中のアクタを追加)] を選択します。 CameraCuts_04.png これにより、両方のスケルタル メッシュ アクタがシーケンサに追加され、アニメートできます。

  6. 各アニメーション トラックの [+ Animation] ボタンをクリックして、それぞれに 「ThirdPersonIdle」 を追加します。
    CameraCuts_05.png
    必要に応じて、アイドル アニメーションをシーンの長さまで伸ばして、アイドル状態を継続させることができます。
    CameraCuts_06.png

  7. [Cinematic (シネマティック)] の下の [Mode (モード)] パネルから、Cine Camera アクタをレベルにドラッグします。
    CameraCuts_07.png

  8. Ctrl、Shift、P を同時押してカメラを パイロット し、片方のマネキンの肩の上に配置します。
    CameraCuts_08.png
    マウスの右ボタンを押したまま WASD を使用すると、レベルを飛び回り、カメラが取得する視点を表示できます。これにより、ショットがどのように見えるかをより適切に示すことができるので、ショットを好きなように簡単に構成できます。

    [Eject (イジェクト)] ボタンをクリックして、[Pilot (パイロット)] モードを終了できます。
    CameraCuts_09.png

  9. 2 つ目の Cine Camera アクタ を追加し、他方のマネキンの肩の上に配置します。
    CameraCuts_10.png

  10. Ctrl キーを押しながら両方のカメラを選択し、それらをシーケンサに追加します。
    CameraCuts_11.png
    カメラをシーケンサに追加すると、Camera Cuts トラックが自動的に追加され、最初に追加したカメラがデフォルトで使用するものとして割り当てられます。
    CameraCuts_12.png
    [+ Track] オプション メニューから手動で Camera Cuts トラックを追加することもできます。
    CameraCuts_13.png
    割り当てられる Camera Cuts トラックは、シーケンスごとに 1 つのみであるため、Camera Cuts トラックの上はグレー表示されます。

  11. タイムライン マーカーをフレーム 50 に移動させて、[+ Camera] ボタンをクリックして他のカメラを追加します。
    CameraCuts_14.png

  12. タイムライン マーカーをフレーム 100 に移動させて、[+ Camera] ボタンをクリックして最初のカメラを追加します。
    CameraCuts_15.png
    これで、最初のカメラから始まり、2 番目のカメラに切り替わり、最初のカメラに戻るシーケンスができました。
    CameraCuts_16.png

  13. Camera Cuts トラック[Lock Viewport to Camera Cuts (ビューポートをカメラカットにロック)] をクリックします。
    CameraCuts_16b.png
    これにより、シネマティックはこのトラックとそのカメラを使用してシーンを表示するようになります。

  14. [Viewport (ビューポート)] の [Preview Play] ボタンをクリックして、シーンをプレビューします。

最終結果

再生中に、カメラの視点が、Camera Cuts トラックで使用される 2 台のカメラに変わっていることがわかります。

上記のビデオでは、ゲームビュー (ビューポートで G キー) に入り、再生中にカメラが表示されないようにしています。

[Add Camera] ショートカットを使用すると、ワンクリックで Camera Cuts トラックにカメラを追加および割り当てることもできます。

CameraCuts_17.png

また、追加したカメラのパイロット モードに自動的に入ります。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信