1 - 必要な設定

シネマティックス オーサリング用にプロジェクトとエディタのレイアウトを設定してみましょう。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

シーンの作成に取り掛かる前に、必要ないくつかのアセットを作成し、シネマティックスをリアルタイムでプレビューするためにエディタの UI をセットアップします。 エディタのレイアウトでは、いろいろなオプションを使ってみて、使いやすいものを選択してください。 このセクションを終了すると、プロジェクトを進める用意が整い、コンテンツ制作を開始することができます。

このガイドでは、スターターコンテンツ を有効にした状態で Blueprint Third Person Template プロジェクトを使用します。

ステップ

  1. プロジェクト内でメイン ツールバーから [Cinematics] をクリックし、[Add Level Sequence (レベル シーケンスを追加)] をクリックします。

    SequencerQS_1_1.png

    シネマティックスのドロップダウン メニューからレベル シーケンスを作成すると自動的にレベルに追加されます。

  2. [Save Asset As] ウィンドウで、Cinematics という新しいフォルダを作成し、レベル シーケンスに Master と名前を付けます。

    SequencerQS_1_2.png

    「Content」 フォルダ上で右クリックし、すべてのレベル シーケンスを保存するための新規フォルダを作成します。

    シーケンサー エディタ が自動的に開きます。これを他のウィンドウに ドラッグ&ドッキング することができます。

    SequencerQS_1_2b.png

  3. コンテンツ ブラウザMaster レベル シーケンス上で 右クリックし、[Duplicate] を選んで、Shot01 と名前を付けます。

    SequencerQS_1_3.png

    レベル シーケンスは独立したアセットであるため、レベルに配置したり、他のレベル シーケンス内に配置することができます。 ここでは、Shot01 というレベル シーケンスを作成します。これをこのガイドの後の方で Master レベル シーケンスに追加します。 Animation[Add New (新規追加)] ボタンまたはコンテンツ ブラウザの 右クリック のコンテキスト メニューからもレベル シーケンスを追加することができます。

    SequencerQS_1_4.png

  4. ビューポート ウィンドウで [Viewport Options] ボタンをクリックし、[Layout][Vertical Two Panes (縦方向に 2 つの枠)] オプションを選択します。

    SequencerQS_1_5.png

  5. 右のビューポートで [View Mode] ボタンをクリックし、[Perspective] を選択します。

    SequencerQS_1_6.png

  6. 右のビューポートで [View Mode] ボタンをクリックし、[Cinematic Viewport] を選択します。

    SequencerQS_1_7.png

    これで Cinematic Preview (シネマティック プレビュー) が使えるようになり、編集しながら最終結果に近いシーンの状態を見ることができます。

  7. 右のビューポートで G キーを押して Ctrl+Shift+T キーを押します。

    SequencerQS_1_8.png

    G キーを押すと ゲーム ビュー になり、すべてのエディタ アイコンが非表示になり、ゲーム (またはシネマティックス) がどのような外観になるかが表示されます。 Ctrl+Shift+T キー押すと、シネマティック ビューポート上部にあるビューポート ツールバーの表示を切り替えることができます。 この操作でグリッドのスナッピング、ビューモード、トランスフォーム ギズモのオプションなどシネマティックスのプレビューでは不要かもしれないものを非表示にします。

    再度 G キーを押すと、エディタのアイコンが再び有効になります。または、Ctrl+Shift+T キーを再度押してビューポートのツールバーを表示します。

最終結果

プロジェクトをセットアップしたので、サンプル シネマティックスをオーサリングする準備が整いました。 Master レベル シーケンスとひとつめの ショット を作成し、エディタ インターフェースにシネマティックス ビューポートを含むようにセットアップしました。これにより、シネマティックスがどのように見えるかをリアルタイムでプレビューすることができます。

次にひとつめのショットで作業をして、カメラを追加し、フォーカスを調整し、カメラの動きも生成します。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信