2 - 最初のショット - カメラ

プロジェクト ブラウザを使って新規プロジェクトを作成してみましょう。

Windows
MacOS
Linux
On this page

このステップでは、ひとつめのショットを作成し、ショットにカメラを追加し、カメラの動きを加えます。また、[Camera Settings (カメラの設定)] でカメラのフォーカスの調整方法についても説明します。

ステップ

  1. [Cinematic Viewport (シネマティックス ビューポート)] を左クリックして、アクティブなビューポートにします。

  2. コンテンツ ブラウザ で、Shot01 レベル シーケンスを開きます。次に、 シーケンサー で、[カメラ追加] ボタンをクリックします。

    SequencerQS_2_1.png

    これでカメラが作成され、レベル シーケンスに追加されます。また、カメラ カット トラックも作成され、追加されて、[シネマティックス ビューポート] が更新されます。

    SequencerQS_2_1b.png

    このタイプのトラックは、視点 (すなわちカメラ) を定義し、任意の時間からシーンを撮影するために使用します。 [カメラ追加] ボタンを使用する場合、作成されるカメラは新規作成した カメラカット トラック 内で使用するカメラ カットとして自動的に割り当てられます。

    複数カメラ間で切り替える計画がなくても、シーンを撮影するためにはひとつのカメラをポイントする カメラカット トラック が必要です。

  3. 右のビューポートで右マウス ボタンを押したまま、WAS、および D のキーを使ってカメラを以下のような位置に移動します。

    SequencerQS_2_2.png

    シネマティックス ビューポートは現在、パイロット モード になっています。これにより、撮影するアングルを観ながらカメラを配置することができます。

  4. シーケンサーでは、 [カメラのロック解除 / カメラのロック] ボタンをクリックして切り替えてください。

    SequencerQS_2_3.png

    これでパイロット モードが終了します。

  5. 左のビューポートの任意の場所をクリックしてアクティブにして、[カメラのロック解除 / カメラのロック] ボタンをクリックして再度切り替えます。

    SequencerQS_2_4.png

    左のビューポートがパイロット モードになるのがわかります。[カメラのロック解除 / カメラのロック] ボタンをクリックしたときに、カメラがロックされているのがアクティブ ビューポートになるからです。

  6. 左のビューポートでパイロット モードを終了し、シネマティックス ビューポート (右のビューポート) でパイロット モードに再び入ります。

  7. シーケンサー 内で [Cine Camera Actor] を選択し、S キーを押します。

    SequencerQS_2_5.png

    これは ワークフローのショートカット で、現在選択中のアクタのトランスフォーム (位置、回転、スケーリング) に対してキーフレームを追加するために使用できます。タイムラインはデフォルトで 0 になっているため、キーフレームを追加してカメラの位置を初期化しました。前方にスクラブしてカメラ位置が異なる別のキーフレームを追加すると、カメラはあるキーフレームから次のキーフレームに時間が経過すると移動します。

  8. シーケンサー[CineCameraActor] を選択した状態で、メイン エディタの [Details] パネルに進みます。

  9. [Details] パネルの [Current Camera Settings (現在のカメラ設定)] で [Focus Settings (フォーカスの設定)] を展開し、スポイト アイコンをクリックします。

    SequencerQS_2_6.png

    これにより、指定するシーンのサンプル位置に基づきフォーカスの深度を設定することができます。

  10. シネマティックス ビューポートスポイト アイコンをレベル内のキャラクター上に移動し、左クリックしてそれを選択します。

    SequencerQS_2_7.png

    クリックすると、キャラクターがフォーカスされます。

  11. シーンをサンプリングした状態で、[Manual Focus Distance] プロパティの隣にある [キー追加] ボタンをクリックします。

    SequencerQS_2_8.png

    これで開いたレベル シーケンスにプロパティの値に対するキーを追加します。 隣に キー追加 アイコンを持つプロパティがあれば、レベル シーケンスを開いた状態でクリックして、シーケンサーでプロパティの値でキーフレームを作成することができます。

  12. シネマティックス ビューポート で、[終わりの位置へ進む] ボタンをクリックしてタイムラインをシーケンスの終わりまで移動します。

    SequencerQS_2_8b.png

  13. シネマティックス ビューポート で右マウス ボタンを押した状態でカメラを上に移動し、Q キーまたは E キーを押して上下に動かします。

    SequencerQS_2_9.png

  14. シーケンサーCineCameraActor を選択した状態で、S キーを押して、新しいカメラ位置にキーフレームを追加します。

    SequencerQS_2_9b.png

    左のビューポートでカメラを動かすと、以下のように点線でカメラの移動パスが表示されます。

    SequencerQS_2_11.png

  15. コンテンツ ブラウザ[Save All] ボタンをクリックします。

最終結果

シネマティックスの最初のショットに対するカメラワークが完成しました。 ショットにカメラを追加して カメラカット トラックを割り当てて、どのカメラから撮影するかを示しました。 さらに、ショットに対するいくつかの動きをカメラに加えて、カメラ設定を調整し、キャラクターをフォーカスするようにしました。

次のステップではキャラクターを追加し、アニメートして最初のショットの最終結果をプレビューします。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback