3 - 最初のショット - キャラクター アニメーション

プロジェクト ブラウザを使って新規プロジェクトを作成してみましょう。

Windows
MacOS
Linux
On this page

前のステップでは、カメラを追加し、カメラの経路を指定し、いくつかのカメラ設定を調整しました。 このステップでは、テンプレート プロジェクトで使用される Character ブループリントを、アニメーションを適用可能な Skeletal Mesh アクタに置き換えて、最初のショットを完成させます。

ステップ

  1. コンテンツ ブラウザ で、「Content/Mannequin/Character/Mesh」 フォルダに移動し、[SK_Mannequin] をクリックします。

    SequencerQS_3_1.png

  2. 左のビューポートでレベル内のキャラクター上で右クリックし、[Replace Selected Actors with (選択したアクタを置換)] を選択し、SK_Mannequin を選択します。

    SequencerQS_3_2.png

    これで、ゲームプレイに使用するデフォルトの Character ブループリントSkeletal Mesh アクタに置き換えられます。

  3. 左のビューポートで、トランスフォーム ツール を使って、スケルタルメッシュ を地面の方向に下方に移動させ、前方に回転させます。

    SequencerQS_3_3.png

    ビューポート上部のアイコンをクリックして、位置と回転のオプション間で切り替えたり、グリッド スナッピング を無効にしてより正確な動きにすることができます。

  4. スケルタルメッシュ を選択したままの状態で、シーケンサー[Track] ボタンをクリックして、[Actor To Sequencer][Add ThirdPersonCharacter] を選択します。

    SequencerQS_3_4.png

    これでレベルの スケルタルメッシュ のシーケンサーへの参照が追加されて、シーケンサー内でコントロールできるようになります。

  5. ThirdPersonCharacter トラックに対して、[+ Animation (アニメーション追加)] ボタンをクリックして、ThirdPersonIdle アニメーションを探して追加します。

    SequencerQS_3_5.png

    レベル内の スケルタルメッシュ は、Idle ポーズになり、トラックがシーケンサーに追加されます。

  6. 左クリックして、ThirdPersonIdle アニメーションの終わりを右にドラッグして、150 フレーム全体をループし、満たすようにします。

    SequencerQS_3_6.png

  7. カメラカット トラックで、カメラのロック解除/カメラのロック ボタンをクリックします。

    SequencerQS_3_6b.png

    カメラカット トラックのカメラをロックすると、シネマティックス ビューポート だけに影響を及ぼします。

    SequencerQS_3_6c.png

  8. シーケンスの始まりにジャンプして、シネマティックス ビューポートで、[Preview Play] ボタンをクリックしてシーケンスの始まりにジャンプします。

最終結果

シネマティックスの中心となる部分を追加し、キャラクターが使用するアニメーションを適用し、ループさせました。

次のステップでは、シーンのもうひとつのショットの作業を行います。その後、両方のショットを マスター トラックに追加します。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback