シーケンサー虎の巻

シーケンサーでの作業効率を高めるために使用できるショートカットとキーボードのバインディングを取り上げます。

Windows
MacOS
Linux

シーケンサー エディタには、作業効率を高めるためにいくつかのショートカットがあります。このページでは、シーケンサーで作業する場合に非常に一般的に使用されるアクション、ショートカット、キーバインディングについて説明します。

再生のショートカット

Playback.png

コマンド

説明

スペースバー

選択したシーケンスをプレイまたは一時停止します。

下向き矢印

選択したシーケンスをプレイします。

上向き矢印

指定された再生範囲の開始地点に戻ります。

左向き矢印

現在のシーケンスで後ろ方向に進みます。

右向き矢印

現在のシーケンスで前方向に進みます。

再生範囲の始まりを現在の時刻に設定します。

再生範囲の終わりを現在の時刻に設定します。

トラックエリアのナビゲート

KeyframeWindow.png

基本のナビゲーション

コマンド

説明

右クリックしてドラッグ

トラック エリアを移動することができます。

Ctrl + マウスホイールのイン/アウト

トラックエリアをズームイン/ズームアウトします。

Home

トラック エリアのズーム / ビューの範囲をリセットします。

- および =

ビュー範囲を 10% ズームイン、ズームアウトします。

, および .

配置したキーフレーム間で前後に移動します。

左クリックしてドラッグ

ウィンドウ内でキー周辺に選択ボックスを作成します。

キー上で 左クリック

キーを選択します。

キー上で 右クリック

キーのプロパティを定義できるコンテキスト メニューを表示します。

マウスのミドルクリック

マウス位置でキーを作成します。

Enter

現在の時刻で選択したトラックにキーを設定します。

Ctrl + G

シーケンス内の設定された時刻 / フレームに進みます。

I

選択範囲の開始を設定します。

O

選択範囲の終了を設定します。

キー補間のショートカット

KeyInterp.png

以下のキーを使って選択したキーに対してキーフレームの補間方法を設定することができます。

以下のコマンドは、テンキーのエントリには反応しません。

コマンド

説明

1

選択したキーで auto タンジェントを使用するように設定します。

2

選択したキーでユーザー定義のタンジェントを使用するように設定します。

3

選択したキーで break タンジェントを使用するように設定します。

4

選択したキーで linear タンジェントを使用するように設定します。

5

選択したキーで constant タンジェントを使用するように設定します。

編集のショートカット

Editing.png

トラック エリアでセクションを選択し (オーディオまたはアニメーションのアセット、カメラなど)、以下のコマンドで編集します。

コマンド

説明

Ctrl + /

現在の時間の位置で現在のセクションを分けます。

Ctrl + ,

現在の時間の位置で現在のセクションの左をトリムします。

Ctrl + .

現在の時間の位置で現在のセクションの右をトリムします。

Transform トラックのショートカット

TransformKeys.png

レベルでアクタを選択し、以下のコマンドを使って現在の時間位置にキーフレームを追加します。

コマンド

説明

トラックを選択した状態で S

トランスフォームのサブトラックを追加し (存在しない場合)、Location、 Rotation、 および Scale のキーを追加します。

トラックを選択した状態で Shift + W

トランスフォームのサブトラックを追加し (存在しない場合)、Location のキーだけを追加します。

トラックを選択した状態で Shift + E

トランスフォームのサブトラックを追加し (存在しない場合)、Rotation のキーだけを追加します。

トラックを選択した状態で Shift + R

トランスフォームのサブトラックを追加し (存在しない場合)、Scale のキーだけを追加します。

選択したアクタに対して Transform トラックがない場合は、ショートカット コマンドを使用するときにひとつ作成されます。

ワークフローのショートカット

以下のショートカットを使用してシーケンサーへのコンテンツの追加をやりやすくします。

シーケンサーへの自動追加

レベル シーケンスを開いていれば、[Modes] パネルや コンテンツ ブラウザ からオブジェクトをシーケンサーに自動的に追加することができます。

Workflow.png

コマンド

説明

Ctrl + アセットをドラッグして ビューポートに入れる

これでオブジェクトがシーケンサーに自動的に追加されます。

Shift + アセットをドラッグして ビューポートに入れる

これでオブジェクトがシーケンサーに自動的に Spawnable として追加されます。

アセットをドラッグして直接シーケンサーに入れて Spawnable として追加することもできます。

Camera Rig Crane アセットまたは Camera Rig Rail アセットを Modes パネルから上記のいずれかの方法でドラッグすると、これらがシーケンサーに追加される前に Cine Camera Actor が自動的に作成されてアタッチされます。 さらに Camera Cuts トラックも開いているレベル シーケンスで自動的に作成されて、新しい Cine Camera アクタも割り当てられます。これは、クレーンやレールを使うショットを迅速にセットアップするワークフローになります。

上の画面では レベル シーケンス を作成し、Ctrl キーを押しながら Camera Rig Crane アセットと Camera Rig Rail アセットをドラッグしました。

カメラ追加のクイック オプション

シーケンサーのツールバーでカメラ アイコンをクリックして Cine Camera Actor トラックと Camera Cuts トラックをシーケンスに追加します。

CameraShortcut.png

ビューポートは自動的に Pilot モードになり、 WASD ナビゲーション コントロールを使ってショットを迅速に構成することができます。

その他のショートカット

こうしたショートカットを使ってシーケンサーや表示設定のレイアウトを整理することができます。

トラックの構成

Organization.png

コマンド

説明

Ctrl + O

選択したトラックの展開、折り畳みを切り替えます。

Shift + O

選択したトラックとその子のトラックの展開、折り畳みを切り替えます。

ビューポート

Viewports.png

コマンド

説明

Shift + C

アクティブなビューポートをシネマティックス ビューポートのビューモードに切り替えます。

Shift + D

アクティブなビューポートをデフォルトのビューポートのビューモードに切り替えます。

Ctrl + Shift + T

アクティブなビューポートでのツールバーの表示を切り替えます。

G

ゲーム ビューに入ります (すべてのエディタ アイコンを非表示にします)。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信