レベル シーケンス エディタの環境設定

シーケンサー エディタの環境設定の内容について説明します。

Windows
MacOS
Linux

EditorPrefs.png

レベル シーケンス エディタの環境設定 ( エディタの環境設定 ウィンドウからアクセス可能) には、シーケンサー エディタが情報や機能をどのように定義するかを調整する様々な設定があります。 このページはセクション別に分けて、各プロパティとそれがシーケンス エディタにどのような影響を与えるかについて説明します。ワークフローに合わせて、または必要なエディタ機能が使えるようにこうした設定を調整することができます。

キーフレーム設定

以下のセクションでは、シーケンサー内での自動キーフレーム設定機能の使用方法を定義します。

設定

説明

Auto Key Mode

プロパティの自動キー設定を適用する方法を決定します。

効果

Key All

変更するすべてのプロパティをキー設定します。

Key Animated

既存のアニメーションがある場合、変更されたプロパティだけをキー設定します。

Key None

どのプロパティも自動キー設定しません。

Key All Enabled

Key All を使用する場合は、すべてのプロパティをキー設定する、Key Animated を使用する場合は、変更されたプロパティだけをキー設定します。

Key Interp Properties Only

自動キー設定の一部としてのみ補間プロパティをキー設定するかを指定します。

Key Interpolation

Key All または Key Animated を使用する場合に、キーに対して使用する補間です。

効果

Auto

キー補間を Auto に設定します。

User

キー補間を User に設定します。

Break

キー補間を Break に設定します。

Linear

キー補間を Linear に設定します。

Constant

キー補間を Constant に設定します。

キー補間に関する情報は、補間モード をご覧ください。

全般

以下の設定を使用して、新規に追加したレベル シーケンスの処理方法、ツールバーから追加されるカメラの作成方法、レベル ブラウザのウィンドウを開く、などを決めることができます。

設定

説明

Spawn Position

新規作成したレベル シーケンスを配置するビューポートの場所を定義します。

効果

Origin

デフォルトの原点位置にスポーンします。

Place in Front of Camera

パースペクティブ ビューポートでカメラの前にスポーンします。

Create Spawnable Cameras

シーケンサーのツールバーから追加したカメラを スポーン可能なもの として作成するかを決めます。

Level Browser Visible

レベル ブラウザ ウィンドウを表示または非表示にします。

タイムライン

このセクションでは、シーケンサー内のタイムラインがどのように表示、機能するかを定義します。

設定

説明

Show Frame Numbers

タイムラインにフレーム (チェックが入っている時) または時間 (チェックが外されている時) を表示するかを切り替えます。

Show Range Slider

タイムライン範囲のスライダーの表示を切り替えます。

Zoom Position

タイムラインでズームイン、ズームアウトするかを決めます。

効果

Current Time

現在のマーカーの時間でズームイン、ズームアウトされます。

Mouse Position

タイムラインのマウスの位置でズームイン / ズームアウトされます。

Auto Scroll Enabled

再生中にタイムラインが自動的にスクロールするかを設定します。

Keep Cursor in Play Range

true の場合、範囲は緑 / 赤の再生マーカーで定義されます。false の場合、範囲は Working Range Start と Working Range End で定義されます。

Keep Play Range in Section Bounds

チェックを入れると、再生範囲はセクションの境界に同期されます。

Zero Pad Frames

フレーム番号表示の前にいくつ 0 を入れるかを定義します。

Show Combined Keyframes

有効にすると、フレームに対して複数のキーが割り当てられているプロパティを表示します。

Show Channel Colors

Location、Rotation、Scale の、XYZ に対して色付けされたラインの表示を切り替えます。

スナップ

以下のオプションでは、シーケンサー内でグリッドのスナップをどのように処理するかを設定します。

設定

説明

Is Snap Enabled

タイムラインのグリッド スナップを有効 / 無効にするかを設定します。

Time Snap Interval

グリッド スナップを適用する間隔を定義します。

Snap Key Times to Interval

キーの動きを Time Snap Interval 値にスナップするかどうかを設定します。

Snap Key Times to Keys

同じトラック上にあるキーを他のキーにスナップするかどうかを設定します。

Snap Section Times to Interval

セクションの動きを Time Snap Interval 値にスナップするかどうかを定義します。

Snap Section Times to Sections

セクションの時間をトラック上の他のセクションの時間にスナップします。

Snap Play Time to Keys

Play をトラック上のキーにスナップします。

Snap Play Time to Interval

プレイ マーカーの動きを、Time Snap Interval 値にスナップします。

Snap Play Time to Dragged Key

プレイ マーカーを、ドラッグしているキーにスナップします。

Curve Value Snap Interval

グリッド スナップをカーブ エディタに適用する間隔を定義します。

Snap Curve Value to Interval

カーブを指定した間隔値にします。

カーブ エディタ

シーケンサー内のカーブ エディターの設定を指定します。

設定

説明

Show Curve Editor

カーブ エディタ ウィンドウを表示 / 非表示にします。

Show Curve Editor Curve Tool Tips

カーブ エディタのツールチップを表示 / 非表示にします。

Link Curve Editor Time Range

カーブ エディタの時間範囲をシーケンサーの時間範囲にリンクします。

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信