FBX ファイルのエクスポートとインポート

FBX ファイルをシーケンサーからエクスポート、およびシーケンサーにインポートする方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、FBX ファイルとしてシーケンサからシーンをエクスポートし、3ds Max や Maya などのサードパーティのアプリケーション内でファイルに変更を加えます。 必要な変更を加えたらその FBX ファイルを Unreal Engine のシーケンサーのシーンにインポートします。

このプロセスにはいくつかの注意事項があります。

  • エクスポートする場合、シーンのすべてのオブジェクトをアニメーションと共に FBX ファイルにエクスポートすることができます。

  • FBX ファイルのインポートでは、アニメーションだけがインポートされます。新しいオブジェクトは作成されません。

  • エクスポート / インポートは、マスター シーケンス、マスター内の ショットサブシーン では機能しません。

  • サードパーティのアプリケーションでの時間設定は、Unreal Engine のシーンで使われるタイム フレームに一致させるようにしてください。

マスター内にあるショットではなく、ソースのレベル シーケンスからエクスポートしていて、既存アセットのアニメーションだけに変更を加えている限りは、加えた変更を直接 UE4 内のシーンにインポートすることができます。 また、UE4 とサードパーティのアプリケーションで同じタイム フレームを使うことで、 2 つがそろい、インポートされたシーンが異なるタイム レートで再サンプリングされないようにします。

ワークフローの例

以下では、ランチャーの [Learn (ラーニング)] タブから無料で利用できる Sequencer Subway プロジェクト (以下の図) からシーンをエクスポートします。 それを Maya に取り込み、シーン内のカメラの動きを変更します。次に、その FBX を、加えた変更と共に UE4 に戻します。UE4 側では既存のシーンを自動的に更新し、変更が反映されます。

SequencerSample4.23.png

シーケンサーからエクスポートする

まず、どのレベル シーケンスをエクスポートするかを決めます。

  1. 以下のクリップでは、変更したいショットを選んでそれを開いています。次に [General Options (一般設定)] に進んで、[Export (エクスポート)] を選びます。shot0040_001 を含むマスター トラックがあるので、その特定のレベル シーケンスを開いてエクスポートします。

    FBX Export プロセスを行う場合、[FBX Export Options] ウィンドウが表示されます。このウィンドウでコンテンツのエクスポート方法を定義することができます。

    FBXExportOptions4.24.png

    こうしたオプションを使うことで、FBX Export Compatibility バージョンとスケルタル メッシュの Vertex Color (頂点カラー)Level of DetailCollision (コリジョン) の設定をエクスポートするオプションを選択することができます。

    [Map Skeletal Motion to Root (スケルタル モーションをルートにマップ)] するオプションもあります。これは (有効にすると)、Skeletal Actor の動きをスケルトンのルートボーンにマッピングします。 この例では、デフォルト設定を使用して、 [Export] を選択してコンテンツを選択します。

ローカルまたはマスタータイムでショッをエクスポートする

ショットまたはサブシーケンスのオブジェクトをエクスポートする場合、ショットをマスターシーケンス時間にマップされるか、ローカルシーケンス時間にエクスポートするかを決定できます。 マスターシーケンス時間は、アニメーションを全体的に見て、他のショットと比較するときに便利です。ローカルシーケンス時間は、ショットごとに作業しているときに役立ちます。 Maya のショットキーにいずれかのタイムマップにエクスポートすると、シーケンサーでローカルタイムからマスタータイムに簡単に移動できます。

デフォルト設定は Export Local Time (チェックが入った状態) です。Master Time でエクスポートするには、チェックボックスを外します。

Export Local Time checkbox

外部の編集

シーケンサーからエクスポートした FBX が用意できたらサードパーティのアプリケーションを開いてそれをインポートして編集を開始できるようにします。

  1. FBX ファイルを Maya に取り込む前に、Time の作業単位を Unreal Engine で使う Time Rate に合わせるように設定します。

  2. 次に FBX を Maya にインポートし、編集を開始できるようにシーンをセットアップします。インポートしたら、以下の手順を行います。

    1. [Panel] の [Perspective] からカメラの shotCamA を設定して、シーンで使用します。

    2. ビューを妨げる要素 (ゴッドレイ メッシュなど) があればそれを選択した状態で Ctrl + H キーを押して非表示にします。

    3. 最後に ViewSelect Camera (カメラを選択) し、shotCamA に対するプロパティとキーフレームを表示し、編集を開始できるようにします。

  3. 次にカメラの動きを編集します。下の図では、shotCamATranslation (平行移動)Rotation (回転) のプロパティを選択します。次に、右クリック して、[Break Connection (切断)] を選択します。 続いて、シーンの開始に合わせてカメラの新しい開始点を選んで、S キーを押して、新しい位置をキーフレーム化します。 前方向に少しスクラブして、カメラを終了位置まで動かします。再度 S キーを押して、終了位置をキーフレーム化し、カメラが新しいパスに沿って移動するようにします。

  4. 変更を加えた状態で、ファイル メニューの [Export Selection] を使ってシーンをエクスポートします。Maya からのエクスポート プロセスでは、最初にエクスポート タイプを [FBX export] に変更します。[Advanced Options (詳細オプション)][Axis Conversion (軸変換)] で、[Up Axis] が Z 軸 に従うように変更し、Unreal Engine に互換性のあるインポートを行うことができるようにします。エンジンの将来のバージョンでは、軸変換をしなくてもいいようになるかもしれませんが、現時点ではインポートで生じる問題を回避するためにこれを行ってください。

シーケンサーへのインポート

これで FBX 形式の編集バージョンが用意できたので、このファイルを加えた変更と共に Unreal Engine にインポートしてシーンを更新します。

  1. 編集する shot0040_001 内の shotCamA 上で 右クリック して [Import] を選択します。FBX 内のトランスフォーム データを Unreal Engine の選択したオブジェクトに適用します。これは同じトランスフォーム データをシーン内の複数オブジェクトに適用したい場合に便利です。

    FBX のインポート時に Import FBX ウィンドウが表示されます。

    ImportFBX.png

    これが有効な場合、Force Front XAxis が可能になります。これは、 FBX 座標系のシーンが-Y 軸の代わりに X 軸を前にして UE4 の座標系を使うように変換します。すでにカメラがレベルに存在しなければ、続けて [Create Cameras (カメラの追加)] オプションを有効にします。

    この 右クリック による方法を使う代わりに、[General Options] ウィンドウから FBX をインポートすることもできます。

    ImportOption.png

    この方法を選ぶと、Unreal Engine はオブジェクトの名前を合わせようとします。例えば、FBX ファイルとシーケンスの両方に shotCamA が用意できたので、FBX ファイルからのデータを Unreal Engine 内のオブジェクトに適用します。

この例では、トランスフォームの変更だけをカメラに適用しました。Focal Length の新しい値をキーフレーム化して見た目が異なるショットを作ることもできます。

このワークフローでいろいろ試して、各自の状況に最適に機能するものを使ってください。 Maya や 3ds Max などの 3D パッケージにエクスポートして、シーンを微調整してから、加えた変更を Unreal Engine にインポートして戻すこともできます。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback