Take Recorder のリファレンス

Take Recorder の UI の機能と設定について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Take Recorder には、機能設定やソース設定など、多くの設定とオプションがあります。

Take Recorder のインターフェース

Take Recorder には、ソース タイプとさまざまなアセット設定に基づいて、各録画をカスタマイズするための多数の設定とオプションがあります。

UI_callouts_for_Take_Recorder_interface

Take Recorder のインターフェース

説明

1

Create New Take (新規テイクを作成)

2

最後の録画を確認します。/このテイクをベースとして新しい録画を開始します。

3

Take Browser を表示/非表示にします。

4

テイクの設定に使用されるレベル シーケンスを表示/非表示します。

5

Take Recorder のプロジェクト設定を表示/非表示にします。

6

テイクを録画します。

7

テイクを録画します。

8

録画のソースです。

9

テイクのカスタム説明を追加します。

10

スレートのテイク名と番号を編集できます。

Take Recorder の設定

Take Recorder には、マイクロフォン、オーディオ、ワールド、ユーザー設定など、調整可能な一般的な設定があります。

general_TR_settings

Take Recorder の設定

説明

Root Take Save Dir

テイクが保存されるルート ディレクトリです。

Take Save Dir

テイクのファイル名の形式です。

Default Slate

テイクのデフォルト名です。

Record Sources into Sub Sequences

各トラックは個別のシーケンスに録画され、マスター シーケンスに組み込まれます。サブシーケンスは、マスター シーケンスの下のサブフォルダにグループ化されます。

Record to Possessable

録画されたすべてのアクタは、シーケンサによってスポーンされたオブジェクトではなく、シーケンサの所有可能なオブジェクト バインディングに録画されます。

Default Tracks

常時作成されるムービー シーン トラックのリストです。基になるプロパティは、録画中にアニメートされる場合とされない場合があります。

マイクロフォン、アニメーション、およびワールドの設定

TR_mike_anim_world_settings

設定

説明

Microphone Audio Recorder の設定

Audio Track Name

デフォルトのトラック名です。

Audio Sub Directory

トラックが保存されるサブフォルダです。空の場合、トラックは [User Settings (ユーザー設定)] の [Preset Save Location (保存場所をプリセット)] と同じ場所に保存されます。

Animation Recorder の設定

Animation Track Name

デフォルトのトラック名です。

Animation Sub Directory

トラックが保存されるサブフォルダです。空の場合、トラックは [User Settings (ユーザー設定)] の [Preset Save Location (保存場所をプリセット)] と同じ場所に保存されます。

World Recorder の設定

Record World Settings

テイクにワールド設定を含みます。

Autotrack Actors

明示的に録画されていないすべてのアクタのバインディングとトラックを追加します。

ユーザー設定

TR_usersettings

ユーザー設定

説明

Maximize Viewport

録画中、ビューポートを最大化します。

Countdown

録画が始まるまでの秒数です。

Engine Time Dilation

録画中に適用されるエンジン タイムの拡張です。

Sample Clock

録画用のソース クロックです。

Remove Redundant Track

スポーン可能なアクタを録画するときに冗長なトラックを削除します。

Save Recorded Tracks

録画完了後、レベル シーケンスとアセットを保存します。

Auto Serialize

録画中にデータを少しずつシリアル化して格納します。

Preset Save Location

テイクをコンテンツ ブラウザに保存する際のファイル パスです。

ソース設定

Take Recorder で使用できるソースの種類は複数あり、それぞれに独自の設定があります。

アクタとレベル ソースの設定

TR_actorsettings

設定

説明

Actor Source

Source Actor

録画内のアクタをリストします。

Record Type

デフォルトのプロジェクト設定でアクタを録画するか、Spawnables (スポーン可能なもの) または Possessable (所有可能) なアクタとして録画するかを示します。Possessable (所有可能) の場合、オブジェクト バインディングはアクタの Spawnables (スポーン可能な) コピーを作成せず、代わりにレベルにオブジェクトを所有します。

Reduce Keys

録画時のシーケンス キーを減らします。

Actor Recorded Properties

録画に含まれるアクタのプロパティです。

Level Sequence Source

Level Sequence to Trigger

録画中にトリガーされるレベル シーケンスを示します。

Level Visibility Source

Level Visibility Track Name

レベルの可視性トラックの名前です。

Microphone Audio Source の設定

TR_mikeaudio

マイクロフォンのオーディオ ソースの設定

説明

Audio Gain

録画に適用するデシベルです。

Split Audio Channels Into Separate Tracks

マイクロフォンのチャンネルを個別のオーディオ トラックに分割するかどうかを示します。オフの場合、2 つの入力チャンネルのみがサポートされます。

Replace Recorded Audio

既存のオーディオを新しく録画したオーディオに置き換えます。

Audio Track Name

デフォルトのトラック名です。

Audio Sub Directory

トラックが保存されるサブフォルダです。空の場合、トラックは [User Settings (ユーザー設定)] の [Preset Save Location (保存場所をプリセット)] と同じ場所に保存されます。

Spawn Source の設定と World Source の設定

TR_spawnable_settings TR_worldsetting

設定

説明

付近でスポーンされたすべてのアクタ ソース

Spawn Proximity

録画中のスポーンに必要なカメラとアクタの間の距離です。

Filter Spawned Actors

設定したフィルタに基づいて特定のアクタを録画できます。

Filter Types

スポーンしたオブジェクトをフィルタします。

World Source

Record World Settings

テイクにワールド設定を含みます。

Autotrack Actors

明示的に録画されていないすべてのアクタのバインディングとトラックを追加します。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback