マテリアル カテゴリ

アクタの全コンポーネントに適用されたマテリアルを表示、編集するためのカスタマイズ制御について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

マテリアル カテゴリには、選択したアクタに適用された全てのマテリアルが、エレメント毎にグループ化されて表示されます。 例えば 3 つのエレメントを持つスタティックメッシュを選択すると 3 つのマテリアルが表示されます。

Details_MatList.png

制御

説明

Details_Mat_ObjRef.png

割り当てられたマテリアルを設定、検索、リセットしてベース マテリアルに戻す標準の オブジェクトのリファレンス プロパティ制御です。マテリアル名が入っているドロップダウン リストをクリックしてから、コンテキスト メニューで Edit をクリックすると編集用のマテリアル インスタンス エディタでマテリアルが開きます。

Material Thumbnail

マテリアルのサムネイル表示です。ダブルクリック してマテリアル インスタンス エディタで編集するマテリアル インスタンスを開きます。

Find Texture

マテリアル内で使用するテクスチャのリストです。リストからテクスチャを選択すると、コンテンツ ブラウザ でテクスチャを検索します。

任意のエレメントに対して様々なマテリアルを含むアクタが多数選択されると、スペースを節約するためにリンクが表示されます。 このリンクでエレメントの全マテリアルの表示を切り替えます。

property_material_multiple.png

マテリアルの置換

アクタまたはコンポーネントのタイプが置換機能をサポートしている場合、 新規のマテリアルをマテリアルのサムネイルまたはリンクへドラッグして、そのエレメントに使用したマテリアルを置換します。現在は、StaticMesh コンポーネント、SkeletalMesh コンポーネント、または Decal コンポーネントのアクタで マテリアルの置換がサポートされています。

property_material_replace.png

マテリアルの置換を元に戻す、またはやり直す機能もサポートしています。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信