オブジェクト参照の制御

オブジェクトとアクタへの参照を格納するプロパティ

Windows
MacOS
Linux

Object 参照のプロパティは、レベルのアクタへの参照を格納するプロパティです。[Details (詳細)] パネルで、 Object 参照プロパティは参照を修正するための制御一式と共にドロップダウン ボックスとして表示されます。

Object reference control

制御

説明

Object Reference thumbnail

必要に応じて、アクタのサムネイルを表示します。ダブルクリック して適切なエディタのアセットを開きます (例えば Static Mesh アクタの場合はサムネイルを ダブルクリック してスタティック メッシュ エディタでアセットを開きます)。

Details_ObjRef_Dropdown_button.png

アセット名を表示します。ドロップダウン ボックスをクリックしてコンテキスト メニューを開きます。 Details_ObjRef_DropdownPicker.png

コンテキスト メニューでは以下の事ができます。

  • [Edit] をクリックして修正用の適切なエディタでアセットを開きます

  • [Copy] をクリックしてアセットの参照情報 (ハードコードされたパス情報) をクリップボードへコピーします。

  • [Paste] をクリックしてクリップボードから新規アセット参照を貼り付けます。

  • [Clear] をクリックしてアセット参照を削除してブランクのままにします。

  • リストから新規アセットを選択します。オプションで、 [ブラウズ] ボックスにテキストを入力してリストをフィルタします。

Use Selected Asset button

現在 コンテンツ ブラウザ で選択されているアセットをプロパティに割り当てます。

Find in Content Browser button

現在割り当てられているアセットを コンテンツブラウザ で探します。アセットが割り当てられていない場合は機能しません。

Reset button

プロパティをデフォルトアセットにリセットします。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信