2 種類のブレンドマテリアル

2 種類(アルファ値)の テクスチャブレンディングのためのマテリアル設定ガイド

Windows
MacOS
Linux

ここでは、マテリアルエディタで 2 つのディフューズ (拡散色) テクスチャ間をブレンドするための、頂点アルファ値の使用例を説明します。

2-WayMaterial.png

このマテリアルは以下の処理をします。

  • 拡散色をペイントされた頂点カラー (RGB) で変調します。

  • 頂点アルファ チャンネル (A) に格納されたブレンド ウェイトを使用して、異なる拡散テクスチャ (Diffuse、Diffuse2) をブレンドします。

  • 頂点アルファ チャンネル (A) に格納されたブレンド ウェイトを使用して、異なる法線テクスチャ (Normal、Normal2) をブレンドします。

非常に単純な設定で、ユーザーに 2 つのブレンドテクスチャ間から選択肢を与え (アルファ値をペイントすることで)、この頂点カラーをペイントすることによって、これらのテクスチャの色調を弱めます。以下は、テクスチャがブレンドされた応用例になります

  1. 最初にマテリアルを適用し、テクスチャ カウント設定を 2 にして、 Mesh Paint ツールを [Blend Weights] モードに設定します。

    2-Way_Setting.png

  2. ユーザーは次に、アルファ値でペイントを開始して、各テクスチャの配置位置を指定します。[Alpha] モードで表示されるオブジェクトがこちらです。

    2-Way_Alpha.png

  3. ビューモード未使用時の表示結果です。

    2-Way_Blended.png

  4. この時点で、ユーザーはこのように色のペイントを開始することができます (RGB モードで表示)。

    2-Way_RGB.png

  5. ブレンドされたテクスチャが変調され、このように表示されます。

    2-Way_Result.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信