4 層テクスチャ ブレンドのマテリアルを作成する

このページでは 4 層 (ARGB) テクスチャ ブレンドのマテリアルを設定する方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

ブレンドウェイト設定で 4 つのテクスチャを処理するには、以下のようなマテリアルを作成する必要があります。

4-way_material.png

3 層マテリアル グラフの動作と非常によく似ていますが、これは Alpha (アルファ) を追加して 4 番目のブレンド オプションを提供します。下記がこのマテリアルで行っていることです。

  • カラー チャンネル (ARGB) はそれぞれ独自の線形補間式を取得します。

  • テクスチャを、それぞれ対応する Lerp ノードの B 入力にプラグインします。

  • テクスチャ 1 に対応する Lerp はマテリアルにプラグインし、そのアルファは頂点カラーからのアルファ チャネルで駆動します。

  • テクスチャ 2 に対応する Lerp は、テクスチャ 1 に対応する Lerp の A 入力にプラグインします。そのアルファは頂点カラーからの赤チャンネルで駆動します。

  • テクスチャ 3 に対応する Lerp は、テクスチャ 2 に対応する Lerp の A 入力にプラグインします。そのアルファは頂点カラーからの緑チャンネルで駆動します。

  • テクスチャ 4 に対応する Lerp は、テクスチャ 3 に対応する Lerp の A 入力にプラグインします。そのアルファは頂点カラーからの青チャンネルで駆動します。

  • テクスチャ 1 もラップし、4 番目および最後の Lerp の A プラグになります。これでテクスチャ 1 がデフォルトのテクスチャになります。

この設定を行うと、ブレンド ウェイトの [Texture Count (テクスチャ カウント)] 設定を 「4 (ARGB)」 に設定する必要があります。

4-Way_Setting.png

このマテリアルのサンプルを以下に示します。まず RGB モードでメッシュを表示して、適切な場所に頂点カラーを表示します。この設定で、アルファ (黒で表示) はテクスチャ 1 に対応し、 はテクスチャ 2 に対応し、 はテクスチャ 3 に対応し、 はテクスチャ 4 に対応します。

4-Way_RGB.png

こちらが最終結果となります。

4-way_Result.png

最初の画像の頂点カラーが黒の場所 (テクスチャ 1) は、変化がないことに注意が必要です。これは、テクスチャ 1 も 4 番目の Lerp 式 (上記を参照) の A 入力にプラグインしており、デフォルトのテクスチャになっているためです。基本的に、テクスチャ 1 から始めてテクスチャ 2、3、4 と順に適切にペイントしますが、いつでもそれらを テクスチャ 1 で塗りつぶすことができます。

このようなマテリアルを何度も設定する場合は、カスタム Material Function (マテリアル関数) をデプロイすると良いでしょう。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback