メッシュ ペイント ツールのリファレンス

このページでは、メッシュ ペイント ツールのさまざまな部分の設定について説明しています。

Windows
MacOS
Linux

[Mesh Paint (メッシュ ペイント)] モードのパネル内には、メッシュ ペイント システムを使用するための複数のオプションがあります。これらの各オプションには、頂点カラーのペイント、テクスチャのブレンド、テクスチャ ファイルへの直接のペイントに使用できる独自の設定があります。

以下に、使用可能な各ペイント手法、頂点カラー データを操作するために使用できるツール、ペイント時に使用可能なブラシ設定、および使用可能なビュー モードを示します。

頂点ペイントの手法

メッシュ ペイント ツールには次の 3 種類のペイント モードがあります。カラー データをメッシュの頂点に直接ペイントする Vertex Color Painting (頂点カラーのペイント)、ペイント時に各種テクスチャをブレンドする Vertex Weight Painting (頂点ウェイト ペイント)、テクスチャにペイントできる Texture Weight Painting (テクスチャ ウェイト ペイント) です。デフォルトのモードは Vertex Color Painting (頂点カラーのペイント) です。次の各セクションでは、それぞれのモードで使用可能なオプションを表示します。

PaintingModeIcons.png

手法を選択すると、ペイント セクションの下のパネルにその設定が表示されます。

Vertex Color Painting (頂点カラーのペイント)

[Vertex Color Painting (頂点カラーのペイント)] モードでは、メッシュに頂点カラーをペイントしたり、ペイント時に使用できるプロパティにアクセスしたりできます。X キーを押すと、前景色と背景色 (またはペイント カラーと消去カラー) を切り替えることができます。

VertexPaintingSettings.png

設定

説明

Paint Color (ペイント カラー)

ペイント (左マウス ボタンをドラッグ) 時に適用される色。長方形の色見本で現在の色のプレビューが表示されます。色見本をクリックすると、カラー ピッカーが開きます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドに値を入力することもできます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドが表示されない場合は、左の三角形をクリックして設定を展開します。

Erase Color (消去カラー)

消去 (Shift キーを押しながら左マウス ボタンをドラッグ) 時に「消しゴム」の色として使用する色。長方形の色見本で現在の色のプレビューが表示されます。色見本をクリックすると、カラー ピッカーが開きます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドに値を入力することもできます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドが表示されない場合は、左の三角形をクリックして設定を展開します。

Channels (チャンネル)

これらのチェックボックスで、ペイント ブラシの影響を受けるカラー/アルファ チャンネルを設定します。

LOD Model Painting (LOD モデル ペイント)

頂点カラー ペイントの適用対象である特定の詳細度 (LOD) です。

Vertex Weight Painting (頂点ウェイト ペイント)

[Vertex Weight Painting (頂点ウェイト ペイント)] モードでは、メッシュに頂点ウェイトをペイントしたり、ペイント時に使用できるプロパティにアクセスしたりできます。

VertexWeightPaintingSettings.png

設定

説明

Texture Weight Type (テクスチャ ウェイトのタイプ)

メッシュに関連付けられたマテリア内でブレンドするテクスチャの数を設定することで、ブレンド ウェイトの「方式」を設定します。このオプションを変更すると、[Paint Texture (テクスチャのペイント)] および [Erase Texture (テクスチャの消去)] で使用できる選択肢が更新されます。各設定を適切に使用するためには、異なるタイプのマテリアルが設定されている必要があります。詳細については、「マテリアルの設定」 を参照してください。

Alpha (Two Textures) (アルファ (2 種類のテクスチャ))

ペイントするアルファ値でコントロールされる 2 つのテクスチャ チャンネルを提供します。これはマテリアルがブレンディングに 0 (黒) と 1 (白) のアルファ値のみを使用することを意味します。この設定では、「2-Way Texture Blend Material Setup (2 種類のテクスチャ ブレンド マテリアルの設定)」 で示したオブジェクトのように、オブジェクトが 2 ノードの lerp (線形補間) アルファ ブレンド マテリアルを適用している必要があります。

RGB (Three Textures) (RGB (3 種類のテクスチャ))

ペイントする RGB 値でコントロールされる、3 つのテクスチャ チャンネルを提供します。これは、マテリアルがテクスチャのブレンディングに RGB 値のみを使用することを意味します。この設定では、「3-Way Texture Blend Material Setup (3 種類のテクスチャ ブレンド マテリアルの設定)」 で示したオブジェクトのように、オブジェクトが 3 ノードの lerp (線形補間) アルファ ブレンド マテリアルを適用している必要があります。

ARGB (Four Textures) (ARGB (4 種類のテクスチャ))

ペイントする ARGB 値でコントロールされる、4 つのテクスチャ チャンネルを提供します。これは、マテリアルがテクスチャのブレンディングに RGB 値とアルファ値を使用することを意味します。この設定では、「4-Way Texture Blend Material Setup (4 種類のテクスチャ ブレンドのマテリアルの設定)」 で示したオブジェクトのように、オブジェクトが 4 ノードの lerp (線形補間) アルファ ブレンド マテリアルを適用している必要があります。

ARGB - 1 (Five Textures) (ARGB - 1 (5 種類のテクスチャ))

ペイントする ARGB 値でコントロールされる、5 つのテクスチャ チャンネルを提供します。これは、マテリアルが最初の 4 つのテクスチャのブレンディングに RGB 値とアルファ値を使用することを意味します。内部でアルファから マイナス 1 を計算して、5 つ目のチャネルをブレンディングに使用します。この設定では、「5-Way Texture Blend Material Setup (5 層テクスチャ ブレンドのマテリアルの設定)」 で示したオブジェクトのように、オブジェクトが 5 ノードの lerp (線形補間) アルファ ブレンド マテリアルを適用している必要があります。

Paint Texture Weight Index (ペイント時のテクスチャのブレンド ウェイト インデックス)

ペイント時に適用されるときに使用されるテクスチャのブレンド ウェイト インデックス。

Erase Texture Weight Index (消去時のテクスチャのブレンド ウェイト インデックス)

ペイント時に消去されるときに使用されるテクスチャのブレンド ウェイト インデックス。

Texture Weight Painting (テクスチャ ウェイト ペイント)

[Texture Weight Painting (テクスチャ ウェイト ペイント)] モードでは、テクスチャをペイントしたり、ペイント時に使用できるプロパティにアクセスしたりできます。ピリオド (.) キーおよび コンマ (,) キーを押すと、テクスチャを切り替えることができます。テクスチャのペイントが完了したら、Ctrl + Shift キーを押しながら C キーを押すと、変更を確定できます。

TexturePaintingSettings.png

設定

説明

Paint Color (ペイント カラー)

ペイント (左マウス ボタンをドラッグ) 時に適用される色。長方形の色見本で現在の色のプレビューが表示されます。色見本をクリックすると、カラー ピッカーが開きます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドに値を入力することもできます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドが表示されない場合は、左の三角形をクリックして設定を展開します。

Erase Color (消去カラー)

消去 (Shift キーを押しながら左マウス ボタンをドラッグ) 時に適用される色。長方形の色見本で現在の色のプレビューが表示されます。色見本をクリックすると、カラー ピッカーが開きます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドに値を入力することもできます。[R]、[G]、[B]、および [A] の各フィールドが表示されない場合は、左の三角形をクリックして設定を展開します。

Enable Seam Painting (シーム ペイントを有効化する)

このボックスをオンにすると、膨張を使用してテクスチャのシームをペイントできます。

Channels (チャンネル)

これらのチェックボックスで、ペイント ブラシの影響を受けるカラー/アルファ チャンネルを設定します。

UV Channel (UV チャンネル)

ペイントされたテクスチャに使用される、選択したアクタの UV チャンネル。

Paint Texture (テクスチャのペイント)

この色見本は、ペイントを適用するテクスチャを示しています。テクスチャを変更するには、色見本の右側にある [Name (名前)] フィールドをクリックします。

メッシュ ペイント ツール

このセクションでは、頂点カラー データに使用できるツールについて説明します。これには、特定のインスタンスのカラー データをコピーして他のインスタンスに貼り付ける、スタティック メッシュのカラー データを単一のカラー値で塗りつぶす、適用したペイント値をインスタンスから基本アセットに反映するなどの操作が含まれます。

MeshPaintTools.png

設定

説明

Fill (塗りつぶし)
FillTool.png

[Channels (チャンネル)] 設定に従って、[Paint color (ペイント カラー)] を使用してペイントされているメッシュまたはインスタンスを塗りつぶします。

Propagate (反映)
PropagateTool.png

インスタンスの頂点カラーをソース メッシュに反映します。

Import (インポート)
ImportTool.png

TGA 画像ファイルをインポートして、選択したインスタンスの頂点カラーを設定します。

Save (保存)
SaveTool.png

選択したメッシュ インスタンスのソース メッシュを保存します。

Copy (コピー)
CopyTool.png

ソース メッシュ アセットに選択したインスタンスの頂点カラーをコピーします。

Paste (貼り付け)
PasteTool.png

選択したメッシュ インスタンスに頂点カラーの貼り付けを試行します。

Remove (削除)
RemoveTool.png

選択したメッシュ インスタンスから頂点カラーを除去します。

Fix (修正)
FixTool.png

必要に応じて、選択したメッシュに適用されている頂点カラーを修正します。

Apply (適用)
ApplyTool.png

LOD0 からすべての LOD レベルに頂点カラーを適用します。

ブラシ設定

メッシュ ペイント ツールはブラシベースのシステムです。装備されている設定を使用すると、広い領域向けまたは細部向けに設計されたブラシを作成できます。メッシュ ペイント ツールでは実際の頂点に色をペイントするため、メッシュの頂点密度に基づいて設定を調整する必要がある場合があります。このセクションでは、メッシュのペイント時のツールのすべてのモードに共通するブラシ設定について説明します。

BrushSettings.png

スライダでコントロールするオプションでは、スライダをクリック アンド ドラッグすると値をすばやく変更できます。または、該当フィールドをクリックして数値を入力することができます。

設定

説明

Radius (半径)

ブラシの半径を Unreal 単位で設定します。また、ブラシには半径の半分に等しい 深度ベースのフォールオフ も設定されています。Ctrl + 左角かっこ ([) キーを押すとブラシの半径を小さくし、Ctrl + 右角かっこ (]) キーを押すとブラシの半径を大きくすることができます。

Strength (強度)

ペイントが有効であるときに、カーソルをクリックまたは動かすたびに適用するペイントの量を設定します。また、ブラシ フロー が有効である場合、ブラシ強度の割合 (フローの量) がサーフェスに適用されます。

Falloff (フォールオフ)

距離に伴いブラシの強度がどのように低下するかを設定します。値が 1.0 のフォールオフは、ブラシの中央の強度が 100% で、ブラシの半径に向かって直線的に強度が低下することを意味します。値が 0.5 のフォールオフは、ブラシの強度が半径に向かって半分までが 100% で、その後直線的に強度が低下することを意味します。値が 0.0 のフォールオフは、ブラシの強度が半径全体に対して 100% であることを意味します。なお、この設定に関係なく、深度ベースのフォールオフ は常にアクティブです。

Enable brush flow (ブラシ フローの有効化)

このボックスをオンにすると、ユーザーがカーソルを動かしていない状態でも、すべてのレンダリング フレームにペイントを適用するようにブラシに設定します。エアー ブラシのような効果をもたらします。

Ignore back-facing (背面を無視する)

このボックスをオンにすると、カメラに背面を向けている三角形は無視されるため、ペイント ブラシの影響は受けません。

ビュー モード

このセクションでは、すべてのツールのモードに共通するビュー モードの設定について説明します。このビュー モードの設定を使用すると、ペイントされた頂点カラーを個別に、またはまとめて表示できます。

ViewModeSettings.png

設定

説明

Color View Mode (カラー ビュー モード)

この設定により、さまざまなビュー モードが有効になり、ビューポート内でメッシュに頂点カラーがどのように適用されているかを視覚化できます。頂点カラーのみを表示するか、個々のカラー チャンネルを表示するかを選択できます。

Off (オフ)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 1 番目のオプションです。デフォルトのエディタ ビュー モードを復元します。

RGB Channels (RGB チャンネル)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 2 番目のオプションです。RGB 頂点カラーを表示して、アクタを非ライティングで表示します。

Alpha Channel (アルファ チャンネル)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 3 番目のオプションです。頂点アルファのみを使用して、アクタを非ライティングで表示します。

Red Channel (赤チャンネル)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 4 番目のオプションです。赤の頂点カラーを使用して、アクタを非ライティングで表示します。

Green Channel (緑チャンネル)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 5 番目のオプションです。緑の頂点カラーを使用して、アクタを非ライティングで表示します。

Blue Channel (青チャンネル)

Color View Mode (カラー ビュー モード) リストの 6 番目のオプションです。青の頂点カラーを使用して、アクタを非ライティングで表示します。

ViewModes_Demo.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信