5.仕上げ

ドラッグ ウィジェットを設定し、ヘルスバーをメインの HUD に追加して表示させ、すべてのものをテストします。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

この最終ステップでは、DragWidget (ドラッグしている視覚的ウィジェット) を設定します。 その後、Character ブループリントに指示して、HUD Widget ブループリントをビューポートに追加し、マウス カーソルを有効にして、ドラッグしている場所がわかるようにします。

ステップ

  1. DragWidget の Widget ブループリントを開き、Canvas Panel を子の Border を持つ Size Box と置き換えます。

  2. SizeBox の名前を WidgetSize に変更し、isVariable を true に設定し、Width OverrideHeight Override の両方にチェックを入れます。

    UpdateDragDrop3.png

    ヘルスバー ウィジェットのサイズを反映するようにサイズ ボックスの幅と高さを設定します。

  3. Border に対しては、Brush Color を幾分透明になるように Alpha0.5 にして Black に設定します。

    UpdateDragDrop4.png

    この例では、実際のヘルスバーを同じ場所に維持しながらドラッグの外観としてヘルスバーのシルエットがあります。

  4. グラフ 上で、Widget Reference をドラッグし、Event Construct から HealthBar にキャストし、Desired Size を取得し、Break Vector につなげます。

    UpdateDragDrop5.png

    これでヘルスバーのサイズが決まり、Size Box を設定することができます。 手動でオーバーライドを入力することもできましたが、ヘルスバーのサイズを変更すると、ここでも変更しなければならなくなります。

  5. Widget Size をドラッグし、そこから Set Height OverrideSet Width Override から以下のように接続します。

    フルサイズ表示するにはここをクリック

  6. コンテンツ ブラウザContent/ThirdPersonBP/BlueprintsThirdPersonCharacter ブループリントを開きます。

  7. Event Begin Play から、Create Widget (ウィジェットを作成) し、Add to Viewport と、Get Player ControllerShow Mouse Cursor につなげます。 DragDrop19.png

  8. コンパイル し、 保存 します。次に Play ボタンをクリックして、エディタでプレイします。

最終結果

エディタでプレイする場合、左クリック して画面上のヘルスバーをドラッグして、新しい位置にドロップします。

これは、ドラッグ&ドロップのプロセスを開始するために必要な要素の一例にすぎません。 プレイヤーがセーフゾーンの外側にウィジェットをドラッグしないように、または他のウィジェットの上に重ならないようにさらにチェックが必要になることがあります。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信