UMG でフォントを使用する

UMG UI デザイナ ツールでの Font アセットの使用について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

このガイドでは Text を含む Widget ブループリントで Font アセットを使用する方法を説明します。

FontWithUMG_Hero.png

ステップ

以下のステップでは、ご自分のフォントを UMG UMG UI デザイナで使用するために割り当てる方法を説明します。

この操作ガイドでは スターターコンテンツを含まない を有効にした状態で、デフォルトの Target HardwareProject Settings を使います。

  1. コンテンツ ブラウザで、新規 Widget ブループリント を作成するには、[Add New (新規追加)] ボタンをクリックします。次に [ユーザーインターフェース (UI)] にマウスをかざして、[Widget ブループリント] をクリックします。これで 新規 Widget ブループリントが作成されます。後で簡単に見つけられるようにわかりやすい名前を付けてください。

    CreateWidgetBP.png

  2. Widget ブループリントを保存したコンテンツ ブラウザに戻り、それをダブルクリックして開きます。Widget ブループリントのパレットで Text ウィジェットを選択し、グラフ上に ドラッグします。次に角をつかみ、大きなサイズにスケーリングします。

  3. ここまでで Text ウィジェットを作成しました。その上でクリックして、[Details] パネルを開くと、 [Appearance][Font] オプションがあります。ここで、フォントの種類、そのスタイル (通常、太字、斜体など) サイズを変更することができます。

    FontWithNewOptions.png

  4. デフォルトでは、エンジンは Roboto フォントを使用します。しかし、ドロップダウン メニューをクリックし、作成した任意の Composite Font アセットを選択し、代わりに使用することができます。

    NewFontWithNewOptions.png

    このメニューからコンポジット フォントを作成して、その新しいアセットの保存場所を指定することもできます (デフォルトではブランクであり、入力する必要があります)。

  5. コンポジット フォントを選択したら、2 つめのドロップダウン メニューで使用するフォントを [Default Font Family] から選択できます。

    FontStyleNewOptions.png

    フォント サイズを入力ボックスで指定することもできます。

    FontSizeNewOptions.png

現時点では UMG は ランタイム にキャッシュされるフォント アセットのみをサポートしています。古い方式を用いてフォントを割り当てた場合、既存のファイル ベースのフォント設定は失われません。 しかし、UMG でカスタム フォントを使用するためには、いずれは Composite Font アセットを作成する必要があります。

最終結果

ここまでで、UMG のフォントの使用について説明してきました。色、マテリアル、アウトラインのプロパティを設定 したり、 (陰影をつけて) フォントにスタイルを設定することができます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信