フォントのマテリアルとアウトライン

色、マテリアル、アウトラインを使って UMG にスタイルを適用する方法例を示します。

Windows
MacOS
Linux

UMG の Font で、[Color and Opacity] を設定できるだけでなく、さらに Font をスタイリングするためにマテリアルとフォントのアウトラインを使用することもできます。

フォントの色

[Color and Opacity] を設定して FontVertex Color を設定することができます。

GreenFontNoMaterial.png

Font Material を指定しないと、テキストにソリッド カラーが適用されます。

GreenFontNoMaterialDisplay.png

フォントのマテリアル

[Details] パネルで FontFont Material を指定することができます。

ColorAndOpacity.png

Font MaterialVertex Color ノードがないと、エフェクトは単純な乗算になります。

BaseColorFinalFontMat.png

BaseColorFinalDisplay.png

フォント マテリアルの設定

フォント マテリアルのプレビュー

最終フォント

Font MaterialVertex Color ノードを配置すると、その出力を使ってシェーダー内の演算を行うことができます。

VertexColorFinalMat.png

VertexColorFont.png

フォント マテリアルの設定

フォント マテリアルのプレビュー

最終フォント

フォント マテリアルとして使用するマテリアルは User Interface ドメインに存在しなければなりません。

UI.png

フォントのアウトライン

フォントのアウトライン用に様々な Outline Color やマテリアルを指定することができます。

FontOutlineSettings.png

アウトラインのサイズは、Slate 単位で指定されますが、フォントのスケールが 1.0 の場合、 1 Slate 単位は 1 pixel に相当します。

FontOutline5Display.png

注目すべき点は、Separate Fill Alpha を使用するかどうかを指定できることです。

SeparateFill.png

これが有効になると、アウトラインが透過になります。 これが適用されたエリアでは、フォントのアルファとフォントのアウトラインを個別に調整することができます。無効になると、フォントはアウトライン上にオーバーレイされます。 従ってアルファは加算であり、アウトライン カラーとマテリアルは 1 よりも少ないフォントで見ることができます。

SeparateAlphaOff.png

SeparateAlphaOn.png

Font Color Alpha = 0.5, Separate Fill Alpha 無効

Font Color Alpha = 0.5, Separate Fill Alpha 有効

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信