スロット

UMG でスロットを使用する方法の概要です。

Windows
MacOS
Linux

スロット は、ウィジェットをまとめてバインドする目に見えない糊 (のり) のようなものです。スレートでは、最初にスロットを作成してから、 その中にどのコントロールを入れるかを選択するという点で分かりやすいですが、UMG の場合は Panel ウィジェットがあり、子ウィジェットが追加されると適切なタイプのスロットが自動的に使用されます。

さらに、各スロットは異なります。例えば、グリッドにコントロールを配置すれば行や列などの設定が可能だと期待しますが、こうしたプロパティはキャンバスに配置されたウィジェットに何の影響も及ぼしません。そこでスロットの出番です。キャンバス スロット は、コンテンツの絶対的なレイアウト方法をアンカーを介して把握しており、グリッド スロット は行と列のみを把握しています。

スロットにアクセスする

便宜上、すべてのスロット関連のプロパティは、[Details (詳細)] パネルの [Layout (レイアウト)] カテゴリに表示されます (画像内の黄色枠)。

SlotLayout.png

ウィジェットで使用されているスロットのタイプは括弧表示されます (画像内の矢印)。

レイアウトのプロパティの設定

実行時にレイアウトのプロパティを修正するには、ブループリントまたは C++ のウィジェットの Slot メンバにアクセスし、それを正しい Slot Type にキャストするとプロパティが修正されます。以下はその例です。

SlotCast.png

上の画像では、GameTitleBox という名前の Vertical Boxキャンバス パネル に配置されています。Vertical Box に関連するスロットを取得し、CanvasPanelSlot タイプに キャスティング することで、"StartButton" をクリックした時のボックスの位置を設定できます。

現在、ブループリントでは SETTER ノードのみがエクスポーズされています。Layout からプロパティを GET するには、プロパティを格納する変数を Event Construct に作成して、変数によって Layout プロパティを SET し、それに対する参照を持ち、後でアクセスできるようにします。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback