Wrap Box

Wrap Box を使用して、幅からはみ出たウィジェットを自動的にラップします。

Windows
MacOS
Linux
On this page

説明

このウィジェットは子ウィジェットを左から右に並べ、幅からはみ出たウィジェットを次の行に配置します。

Details

Wrap Box 内に配置されたウィジェットの [Details (詳細)] パネルにはウィジェットの機能を調整するための設定があります。以下が説明です。

WrapBoxSlotDetails.png

オプション

説明

Padding

スロットとスロットに入っているコンテンツとの間のパディング領域です。

Fill Empty Space

行の残りのスペースをスロットが満たすべきかを決めます。

Fill Span when Less Than

ラップボックスで利用可能な合計スペースが指定した閾値よりも低くなるかどうかを示し、スロットは行全体を埋めようとします。値 0 は何も埋められないことを示します。

Horizontal Alignment

オブジェクトを横方向にアライメントします。

Vertical Alignment

オブジェクトを縦方向にアライメントします。

使用例

Wrap Box はコンテナの幅に合わせてコンテナ内のアイテムを、均一なスペースで一列に並べ、その中のコンテンツを自動的にフォーマットする場合に役立ちます。

例えば、いくつかのアイテムがプレイヤーに提示される "shop" 画面のようなものを作成した以下の画像を考えます。

WrapBox1.png

上の白い画像は、プレイヤーがアイテムをクリックし、購入ボタンをクリックすると購入できる様々なアイテムを表します。この例では、購入されるとショップからアイテムを取り除き、「販売」ボタンが押されたときにアイテムが追加されるようにします (もちろん、ポップアップ メニューで販売したいアイテムを選択したいかもしれませんが、この例は考え方を示すものです)。

例えば、アイテムを購入および取り除くと、ウィンドウは以下のように更新されます。

アイテムの「販売」と同様に以下のようにアイテムを追加します (ウィンドウの最大幅に到達すると自動的にラップします)。

ウィンドウをリサイズする場合に、その中の配置を保つためにも使用できます。

Wrap Box は、その中のウィジェットを整理する場合に幅だけをチェックして決めます。Wrap Box を Scroll Box と組み合わせて使用することもできます。Scroll Box は、ウィンドウ内のウィジェットの表示が切れてしまう場合にスクロールバーを追加し、残りのウィジェットをスクロールして見ることができるようにします。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback