クラス作成の基本

ブループリントのみ、C++ コードのみ、または C++ とブループリントを併用してクラスを作成する例

Windows
MacOS
Linux
このページ中

LightSwitchActor.png

この例では、ブループリントのみ、C++コードのみ、および C++ とブループリントを併用して新規クラスを作成する方法を紹介します。3 つのワークフロー全てを使用して、同一プロパティおよび動作を行う LightSwitch クラスを新規に作成することを目的とします。 その後それぞれの新規クラスのインスタンスをレベルに追加して、3 つの新しい LightSwitch アクタを作成します。

LightSwitch クラスは直接 Actor クラスに基づきます。主な要件は、レベル内に配置されることだからです。このクラスはルート コンポーネントとして PointLight コンポーネントと PointLight コンポーネントの子である Sphere コンポーネントを格納します。それぞれの LightSwitch クラスには DesiredIntensity と呼ばれる変数もあります。この変数は、 PointLightComponent の明るさの設定に使用します。最後に、このクラスのデフォルト設定では、プレイヤーが Sphere コンポーネントへ入った時または離れた時に、PointLight コンポーネントの可視性を切り替えます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信