スタティック カメラの使用

ブループリントでスタティック カメラを使用するための操作ガイド

Windows
MacOS
Linux
On this page

この操作ガイドでは、スタティック (すなわち固定) カメラのアングルを作成します。このアングルは、ゲームプレイ中のプレイヤーの視点のために使用します。このチュートリアルを終了すると、ここで使用したプロセスを用いて、それをご自身の独自のゲームに適用して、プレイヤーからゲームを見る固定視点をセットアップすることができます。

ここでは スターター コンテンツ を有効にした状態で Blueprint Third Person Template プロジェクトを使います。

  1. Place モード で、[Modes] メニューから、Camera を探して、カメラをレベルにドラッグします。

    camera_bp1.png

    プレイヤーのための視点にしたい場所に Camera アクタを配置することができます。プレイヤーのビューがどのようになるかをわかりやすくするために、ビューポートを Camera アクタにロックし、Pilot モードにすることで、カメラの視点からファースト パーソン視点を使うことができます。

  2. レベルで Camera を選択した状態でその上で 右クリック し、コンテキスト メニューから Pilot 'CameraActor' を選択します。

    camera_bp2.png

    または のマウスボタンを押しながら WASD キーを使ってビューポートを移動できるようになりました。レベルを移動すると、カメラ位置はその動きに沿って移動し、ゲームプレイ中のカメラの視点がどのようになるかがわかります。

  3. カメラのロックを解除するには、[Unlock] ボタンをクリックします。

    camera_bp3.png

    解除 (Unlock) を選択した場合は、その位置にカメラは留まります。

    Unlock の隣にあるアイコンでは、インゲームのカメラ ビューとレベル エディタのビューを切り替えることができます。

  4. レベルで Camera アクタ を選んだ状態で、メインツールバーの [Blueprints] ボタンをクリックして [Open Level Blueprint] を選びます。

    camera_bp4.png

  5. Level ブループリント で、グラフ ウィンドウのどこかを 右クリック して、 [Create a Reference to CameraActor] を選択します。

    camera_bp5.png

    Camera アクタ にリファレンスを追加することで、レベル内のどのカメラであるかを Level ブループリント が認識できます (レベル内に複数のカメラをセットアップする場合があるため)。

  6. 再びグラフ内を 右クリック して、 Event Begin Play ノードを検索して追加します。

    camera_bp6.png

    このノードは、ゲームの開始時に一度だけ実行し、その後に続くものを実行します。

  7. 再びグラフ内を 右クリック して、 Set View Target を検索し、 Set View Target with Blend ノードを選択します。

    camera_bp7.png

    ノードをリストに表示させるには、 [Context Sensitive] チェックボックスのチェックを外しておかなければなりません。

  8. グラフ内を 右クリック して、 Get Player Controller ノードを探して選択します。

    camera_bp8.png

    ノードを探しやすくするために、 [Context Sensitive] チェックボックスに再びチェックを入れることができます。

  9. 以下のようにノードを接続します。

    camera_bp9.png

    ここでは、Event Begin Play (ゲーム開始時) に Player Controller Index 0 (デフォルト プレイヤー) のために Set View Target with Blend (視点のアングル) を、CameraActor (New View Target (新規ビュー ターゲット)) に設定することを表しています。

    Set View Target with Blend ノードのもう 1 つのオプションでは、徐々にブレンドし、使用するブレンドの種類やブレンドの制御に使用する Exponent を指定し、さらにブレンドのためにビューターゲットを固定することができます (ここではこれら全てデフォルトのままにしておきます)。

  10. [Compile] をクリックして終了し、ブループリント ウィンドウを閉じます。

    camera_bp10.png

  11. メインのエディタ ビューで [Play] ボタンをクリックしてエディタで再生します。

最終結果

ゲームが開始すると、プレイヤーのビューがレベル内に配置された Camera アクタ に割り当てられ、それが使用されることが分かります。ビューがレターボックス化されていますが、これは Camera アクタ[Details] パネルの [Constrain Aspect Ratio] オプションのチェックを外せば、無効にすることができます。

camera_bp12.png

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback