条件付きプロパティのレプリケーション

Actor プロパティを条件付きでレプリケートする方法

Windows
MacOS
Linux

レプリケーションを行うプロパティとして一度登録すると、このプロパティの登録解除はできません。登録を解除できない理由は、可能な限りの情報をベイクするため、同一セットのプロパティは多数接続先にわたって共有作業を活用するためです。共有によりたくさんの演算処理時間を短縮できます。

プロパティのレプリケート方法をより精密にコントロールするにはどうすればよいのでしょう?そんな時に条件付きプロパティを使用します。

デフォルト設定で、各レプリケートプロパティには条件がビルトインされています。

プロパティのレプリケーションを厳密にコントロールするための、補助的な条件を追加する特別なマクロがあります。

このマクロは DOREPLIFETIME_CONDITION と呼ばれます。以下で使用方法を確認してください:

void AActor::GetLifetimeReplicatedProps( TArray< FLifetimeProperty > & OutLifetimeProps ) const
{
    DOREPLIFETIME_CONDITION( AActor, ReplicatedMovement, COND_SimulatedOnly );
}

条件マクロに渡された COND_SimulatedOnly フラグは、このプロパティのレプリケーションを検討する前に余分なチェックを実行してしまいます。この場合は、このアクタのシミュレーションコピーがあるクライアントのみにレプリケートします。

このアクタの自動プロキシバージョンがあるクライアントはプロパティについて知る必要がないと判断したため、大きな利点の一つは帯域幅を節約できることです。その他の利点として、このプロパティを受け取らないクライアントに対して、サーバーはクライアントのローカルコピーを上書きしません。

以下は現在サポートしている条件が一目でわかるリストです。「 Engine\Source\Runtime\CoreUObject\Public\UObject\CoreNet.h 」の「 ELifetimeCondition 」列挙型変数に指定されています:

条件

説明

COND_InitialOnly

このプロパティは初回パケットのみへ転送を試みます。

COND_OwnerOnly

このプロパティはアクタのオーナーのみに送信します

COND_SkipOwner

このプロパティはオーナー以外のすべての接続先に送信します

COND_SimulatedOnly

このプロパティはシミュレートされたアクタのみに送信します

COND_AutonomousOnly

このプロパティは自立したアクタのみに送信します

COND_SimulatedOrPhysics

このプロパティはシミュレートされたアクタまたは bRepPhysics アクタに送信します

COND_InitialOrOwner

このプロパティは初回パケットまたはアクタのオーナーに送信します

COND_Custom

このプロパティには特定の条件はありませんが、 SetCustomIsActiveOverride 経由でオン/オフの切り替え機能が必要です

これまでは既知のステートに基づいた条件について話してきました。プロパティのレプリケーションに十分なコントロールを提供する一方で、エンジンに必要な最適化を簡単に行えます。

十分なコントロールが得られない場合はどうでしょうか?このテーマについて話さなくてはいけないことがもう一つあります。ユーザーが自身の好きなカスタム条件を使用して、プロパティのレプリケートを行う時間や行わない時間を完全に制御できる DOREPLIFETIME_ACTIVE_OVERRIDE という名前のマクロがあります。ただし、これはアクタごとに有効で接続先ごとではないことに注意してください。つまり、カスタム条件で接続先ごとに変更可能なステートの使用は安全ではありません。以下がその例となります:

void AActor::PreReplication( IRepChangedPropertyTracker & ChangedPropertyTracker )
{
    DOREPLIFETIME_ACTIVE_OVERRIDE( AActor, ReplicatedMovement, bReplicateMovement );
}

プロパティ ReplicatedMovement は bReplicateMovement が true の場合のみレプリケートするようになりました。

なぜこのマクロを常に使用しないのでしょうか?この手法を避ける理由は主に2つあります:

  • カスタム条件の値が頻繁に変更すると、これが原因で動作が遅くなってしまいます。

  • 接続先ごとに変更可能な条件は使用できません (RemoteRole をチェックしないでください)。

プロパティのレプリケーション条件はコントロールとパフォーマンスをバランスよく保ちます。プロパティのレプリケート方法とタイミングをプログラマーが細かくコントロールしながら、多数の接続先のチェックとプロパティの送信にかかる時間をエンジンで最適化することができます。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback