Unreal Engine で Perforce を使用する

Unreal Engine で Perforce のソース コントロールを使用するためのガイド

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine は Perforce のデポを通じて提供されるため、ライセンシーがエンジンをダウンロードするにはこのデポに接続しなければなりません。Unreal Engine は定期的に更新されるため、プロジェクトの作業を行うライセンシーとして、開発サイクルにおいて、エンジンのバージョンを新しいバージョンに 1 回以上アップデートすることができます。最初から Perforce を正しく設定し、エンジン ビルドを同期および統合できるようにすることが重要です。

Epic は 毎月第 2 および第 4 日曜日の米国東部標準時の午前 8 時から 12 時 (万国標準時 12 時から 4 時) が定期メンテナンスとなっています。

弊社の定期メンテナンスにより、ネットワークおよびサーバー リソースを含めたサポート部門に影響を及ぼす場合がありますので、適切に計画を立ててください。

必要な設定

手順を開始するまえに、御社が Epic Games と custom licensing agreement を締結していることを確認してください。Epic Games と同契約を締結した後、サポート スタッフがアカウントを設定し、弊社のサービスを開始するための情報を御社に提供します。Epic の Perforce プロキシ サーバーへのアクセス方法は、ゲーム デベロッパーとエンタープライズ デベロッパーの間で異なります。

エンジン バージョンを新しいエンジン リリースへアップグレードするサンプル プロセスの概要には以下が含まれます。

ゲーム デベロッパーの場合

Epic の Perforce プロキシ サーバーへのアクセス方法を取得するには、ログイン認証が必要です。チームの技術担当者宛に送られた UDN ウェルカム メールに記載されています。

エンタープライズ デベロッパー

デフォルトではエンタープライズ デベロッパーは Perforce アクセスがありません。Epic の Perforce プロキシ サーバーへのアクセスを要求する場合は、弊社のセールス マネージャーまでお問い合わせください。セールス マネージャーから弊社のサポート チームに Perforce へのアクセス リクエストが提出を受けて、Perforce アカウントを設定し、ログイン認証およびボーディングに関するドキュメントがエンタープライズ デベロッパーの技術担当者へ送られます。

Epic のデポに接続する

Epic のパブリック Perforce デポへ接続するために、まず Epic Games への安全な VPN (バーチャル プライベート ネットワーク) 接続をセットアップする必要があります。これには、 Cisco 社の VPN クライアントのインストール (手動、または、ウェブベースの自動プロセスで)、および VPN / Perforce 認証情報を使用してサインインすることが必要となります。以下は、 VPN 接続を確立するためのプロセスの概要です。

ウェブベースの接続

  1. ウェブ ブラウザの https://vpn.epicgames.com を開きます。

  2. 技術担当者から与えられた VPN 認証情報を使用してログインします。

  3. 画面に表示される指示に従います。

  4. VPN クライアントがインストールされ、接続が確立します。

手動での接続

  1. Cisco 社の AnyConnect VPN クライアントを、 AnyConnect Secure Mobility Client v4.x Download からダウンロードします。

  2. クライアントをインストールして起動します。

  3. vpn.epicgames.com を接続対象アドレスとして設定します。

  4. 技術担当者から与えられた VPN 認証情報を使用してログインします。

  5. 接続が確立します。

Epic Games のプライベート ネットワークへの VPN 接続のセットアップおよび確立に関しては、Setting up a VPN Connection においてプロセス全体の詳細を説明しています。

VPN 接続が確立されると、Perforce クライアントを使用して、ご自分のいる場所から安全にデポにアクセスすることができるようになります。接続するためには、クライアントをインストールして、適切に設定する必要があります。以下は、Helix Visual Client (または"P4V") を使ってインストールおよび接続するための手順の概要です。

  1. Perforce Software Download Page からクライアントをダウンロードします。

  2. クライアントをインストールして起動します。

  3. [Server][User][Workspace] に正しい情報を入力し、[Connection Dialog (ダイアログを接続)][OK] をクリックします。

  4. クライアントが開き、 Epic のパブリック Perforce デポに接続します。

Perforce クライアントのセットアップから Epic の Perforce デポに接続するまでの詳細な手順については、「Perforce 接続の設定 」を参照してください。

ストリームから同期する

Epic はコードの同期に使用することができる様々な Perfornce ストリームをホストしています。それぞれの開発チームは 1 つずつ "dev" ストリームを持っており、ここに最新コードを提供します。そして QA 部門が定期的にこの "dev" ストリームをテストした後で "main" のエンジン ストリームにコピーします。"main" ストリームのスナップショットが大量の QA テストとバグ修正のために "release" ストリームに定期的にコピーされて、正式なリリースへとつながります。完全リリース、プレビュー リリース、またはホットフィックスの後に、"release" ストリームのスナップショットは修正を "main" ストリームへ戻すために使用されます。同期する時は、必要なコード (必要なのはエンジン全体?特定のストリーム?cherry-pick?)、必要なコードの更新状態、安定性のレベルを考慮すると便利です。

以下の表は 4 つのストリーム タイプの説明です。ストリーム名の例とコンテンツの説明、相対年代、ストリーム タイプの安定性です。

ストリーム タイプ

ストリーム名の例

説明

Main

//UE4/Main

//UE4/Dev-Main

このストリームのコードは比較的最新版で、いくつかのテストに合格しています。"Dev-Main" バリアントは一部のサンプルを排除する仮想ストリームです。Development ストリームはこのストリームへコピーをし、このストリームのものマージします。

Development

//UE4/Dev-Core

//UE4/Dev-Rendering

//UE4/Dev-Framework

エンジンの特定の領域に関わる機能の最新の作業に対するソースが開発ストリームです。このコードは開発中なので、ストリームの中で最も不安定です。

Release

//UE4/Release-4.17.0

//UE4/Release-4.19.2

//UE4/Release-Latest

これらのストリームは Epic の正式リリースに対応し、何度もテストされるため、非常に安定しているとみなされます。指定されたエンジン バージョンの最新版を含んでいます。

"Release-Latest" ストリームは仮想ストリームで、常に Epic がシッピングした最新の正式リリースを指定しています。 "Release-Latest" 以外では、これらのストリームはバージョン数を 3 つに分かれていることで区別できます。

Release Stabilization

//UE4/Release-4.17

//UE4/Release-4.19

Epic が Unreal Engine 4 の新しいバージョンのリリースを準備しているとき、メイン ストリームの現在のスナップショットからストリームが作成されます。このストリームは正式リリースに向けて毎日テストとバグ修正を行うため、不安定です。

バージョン数が 2 つに分かれることで "Release" ストリームと区別することができます ("Release-4.17" など)。

このタイプのストリームへの同期は推奨しません。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback