2.アクタにマテリアルを適用

[詳細] パネルを使ってアクタにマテリアルを適用します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

作業するアクタをレベルに用意したら、アクタの外観を簡単に変更できます。これを行うには、 [詳細] パネルで マテリアル を変更します。 このステップでは、詳細パネルでマテリアル プロパティを割り当てると共に、コンテンツ ブラウザ からマテリアルを割り当てます。

ステップ

  1. [Details] パネルを [Materials (マテリアル)] セクションまで下方にスクロールし、[Select Material (マテリアル選択)] ドロップダウン ボックスをクリックします。

    Details5.png

  2. 表示されるメニューで、選択中の [マテリアル] がハイライトされます。任意の新しい マテリアル を選択します。

    Details6.png

    マテリアルを選択すると、ドロップダウン ボックスが選択したもので更新され、レベル内の球体が更新されます。

  3. [Select Material (マテリアル選択)] ドロップダウン ボックスの隣にある虫眼鏡アイコンをクリックします。

    Details7.png

    このアイコンをクリックすると コンテンツ ブラウザ 内で マテリアル が自動的に見つかり選択されます。

    Details8.png

    これはアセットがどこにあるかわからない場合に、コンテンツ ブラウザ 内でアセットを見つけるのに役立ちます。

  4. [Details] パネルで黄色の矢印アイコンをクリックします。

    Details9.png

    このアイコンをクリックする度にオプションがデフォルト値にリセットされます。

    Details10.png

  5. コンテンツ ブラウザ で、別の マテリアル を選択します。

    Details11.png

  6. [Details] パネルで [Select Material (マテリアル選択)] ドロップダウン ボックスの隣にある虫眼鏡アイコンをクリックします。

    Details12.png

    このアイコンをクリックすると コンテンツ ブラウザ で選択されているアセットを自動的にオプションの設定に割り当てます。

    Details13.png

    プロパティの隣にこのアイコンがある場合、コンテンツ ブラウザ で何かを選択し、クリックしてプロパティに割り当てることができます。

最終結果

[詳細] パネルでアクタのマテリアル プロパティ値を使ってマテリアルをアクタに割り当てる方法、およびプロパティに割り当てられたアイテムをコンテンツ ブラウザで探す方法を学習しました。割り当てのショートカットをクリックして、コンテンツ ブラウザからアイテムを直接プロパティに割り当てる方法も説明しました。

次のステップでは、アクタの 物理のシミュレーションコリジョン のプロパティについて、球体での物理シミュレーションを有効にし、このプロセスでゲームを起動するとボールが階段を転がり落ちてプレイ可能なキャラクターと衝突するとキルするようにします。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信