Epic Games Launcher の複数インストール

Epic Games Launcher の PCB モードを有効にして、必要に応じて Windows のレジストリでインストール パスを上書きする方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux

MultiLauncherInstall_OverviewImg-1.png

Epic Games Launcher と Unreal Engine を複数のコンピューターにインストールするのは、時間がかかり、管理が難しい作業です。特に、教育機関、オフィス、インターネット カフェなど、数十台や数百台のコンピューターがある環境では、IT スタッフやデベロッパーにとって負担となります。インストールの担当者を支援するために、Epic Games Launcher をアップデートして、Unreal Engine 4 (UE4) などのアプリケーションのセットアップとアップデートをしやすくする機能を追加しました。このドキュメントでは、Epic Games Launcher を複数のコンピューターにインストールして、アプリケーションを簡単にセットアップおよび管理できるようにする方法を説明します。

最後までご覧いただけば、Epic Games Launcher の PCB モード(ネットカフェモード) を有効にする方法と、PCB モードを有効にしたあとに、必要に応じて Windows のレジストリでインストール パスを上書きする 方法をご理解いただけます。

現時点では、これらの機能は Windows オペレーティング システムでのみサポートされています。

Epic Games Launcher の PCB モード

Windows では、Epic Games Launcher は、通常、マニフェスト ファイル、動的ファイル、一時ファイルをシステムの ProgramData フォルダ (%programdata%\EpicC:\ProgramData\Epic) に保存します。オフィス、教育機関、インターネット カフェなどの管理者は、多くの場合、Epic Games Launcher と Unreal Engine をサーバーにインストールして、プログラム データフォルダをクライアントのマシンにミラーリングしません。すると、クライアントでは、インストールされたゲームが見つからなかったり、アプリケーションの再インストールが必要になったり、インストールに関する問題が発生します。

場合によっては、システム管理者が複雑な一連の手順を実行して、プログラム データ フォルダをクライアントのマシンにミラーリングする必要があります。管理者のワークフローを簡素化するために、Epic Games Launcher に PCB モード のサポートが追加されました。PCB モードを有効にすると、Epic Games Launcher はプログラム データ フォルダをインストール フォルダ内に保存します。これによって、たとえばインターネット カフェのオーナーは、サーバー マシンで Epic Games Launcher を一度セットアップして、サーバーのインストール フォルダをクライアントにクローンできるようになります。プログラム データ ファイルがすべてインストール フォルダ内にあるので、追加の作業は不要です。

これまでに UE4 をインストールしたことがない場合は、少し時間をとって最初のインストール ガイド、Unreal Engine をインストールする をご覧ください。Unreal Engine のインストールの基本を説明しています。

Epic Games Launcher の PCB モードの有効化

次の手順を実行して、Epic Games Launcher の PCB モードを有効にします。

  1. 次のステップに移る前に、少なくとも 1 台のマシン (サーバーでも可) に Epic Games Launcher をインストールします。以降、このマシンを「オリジナルのコンピューター」と呼びます。

  2. 次のステップに移る前に、Epic Games Launcher を閉じたことを確認します。

  3. Epic Games Launcher の PCB モード を有効にするために、Epic フォルダを Epic Games Launcher のインストール ディレクトリに移動 (またはコピー) します。例の画像では、C:\ProgramData\Epic の Epic フォルダを C:\Program Files (x86)\Epic Games\Launcher に移動しています。
    MultiLauncherInstall_Step3.png

PCB モードは、1 つの Epic Games Launcher から複数のエンジンをインストールするワークフローを簡素化するためのものです。この新しいモードの詳細については、Epic Games Launcher の PCB モードのセクションをご覧ください。

  1. Epic Games Launcher を使って、任意のエンジンを新しいコンピューターにインストールします。

  2. 最後に、Epic Games Launcher と Unreal Engine のインストール ディレクトリを新しいコンピューターにコピーします。

新しいコンピューターの Unreal Engine のインストール パスがオリジナルのコンピューターのパスと異なる、または新しいコンピューターとオリジナルのコンピューターのドライブ文字が異なる場合、Epic Games Launcher の PCB モードを有効にしてから、 レジストリのインストールパスの上書き を行う必要があります。

Epic Games Launcher の PCB モードの無効化

PCB モードを無効にするには、Epic Games Launcher を閉じて、Epic フォルダを Epic Games Launcher のインストール ディレクトリから ProgramData ディレクトリに戻します。フォルダを移動したあと、Epic Games Launcher を再起動してください。

Epic フォルダは削除するのではなく移動することをお勧めします。Epic Games Launcher のインストール ディレクトリから Epic フォルダを削除すると、おそらくマニフェスト ファイル (変更できないバイナリ ファイル) を失うことになるでしょう。マニフェスト ファイルは、ゲームまたはアプリケーションがどこにインストールされているかを Epic Games Launcher に伝えるものです。

Windows のレジストリでのインストール パスの上書き

Epic Games Launcher は、ゲームとアプリケーションのインストール場所の情報をマニフェスト ファイルに記録します。マニフェスト ファイルはシステムの ProgramData フォルダにあります。インストールされたゲームまたはアプリケーションを別の場所に移動させると、Epic Games Launcher はそれらを発見できなくなります。これが問題になることがあります。特に、元々インストールされていたマシンと異なるドライブ文字を使っているマシンやディレクトリ構造が異なるマシンに、Epic Games Launcher とゲーム (またはアプリケーション) を移動する場合に問題になります。Epic Games Launcher またはそこからインストールしたものを新しいマシンに移動 (またはコピー) するうえで問題が発生したときに、レジストリでインストール パスを上書きして、ゲームまたはアプリケーションをコピーまたは移動したフォルダを指定する必要がある場合があります。

通常、レジストリのインストール パスの上書きは、PCB モードと合わせて使います。

インストール パス (InstallLocation) の上書きは、Windows のレジストリでゲーム (またはアプリケーション) ごとに指定します。InstallLocation の上書きは、次に示すレジストリの場所のいずれかに追加できます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Epic Games\EpicGamesLauncher\Overrides

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Epic Games\EpicGamesLauncher\Overrides

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Epic Games\EpicGamesLauncher\Overrides

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\WOW6432Node\Epic Games\EpicGamesLauncher\Overrides

次のセクションでは、Windows 10 のレジストリ エディターを使用します。レジストリについては Registry をご覧ください。

レジストリのインストール パスの上書きの追加

次の手順を実行して、レジストリのインストール パスの上書きを追加します。

  1. タスクバーの検索バーに regedit と入力します。

  2. [regedit Run command (regedit コマンドの実行)] を選択して、 レジストリ エディター を開きます。

これから、 レジストリ エディター を使って InstallLocation を上書きするサブキーを追加します。このサブキーは、レジストリでのインストール パスの上書きのセクションで挙げたレジストリの場所のいずれかに追加できます。ここでの説明では、次のキーにサブキーを追加します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Epic Games\EpicGamesLauncher\Overrides

  1. レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Epic Games\EpicGamesLauncher に移動して、[EpicGamesLauncher] キーを選択します。

  2. EpicGamesLauncher キーに新しいサブキーを追加するために、メニューから、[Edit (編集)] - [New (新規)] - [Key (キー)] の順に選択します。

  3. サブキーの名前を Overrides と入力します。

  4. 前 2 つの手順を繰り返して、Overrides のサブキーを新規に作成し、UE_4.18 という名前を付けます。

レジストリ パスのフォーマットには、UE4 の規定のフォルダ名を含む必要があります。これは Epic Games Launcher の インストール ダイアログ で確認できます。次の画像からわかるとおり、この例では規定のフォルダ名は UE_4.18 です。

LauncherInstallDialog.png

  1. メニューから、[Edit (編集)] - [New (新規)] - [String Value (文字列値)] の順に選択します。

  2. 文字列値の名前を InstallLocation と入力します。

  3. InstallLocation の値として、UE4 の規定のフォルダ名と一致するものを入力します。この例では、C:\Epic Games\UE_4.18 と入力します。
    InstallLocOverride_Step9.png

Epic Games Launcher は、起動時にのみレジストリの値を読み取ります。レジストリを更新した場合、変更を反映するには Epic Games Launcher を再起動する必要があります。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信