ハードウェアおよびソフトウェアの仕様

Unreal Engine を使用した開発に必要な最小および推奨のハードウェア仕様、および必要なソフトウェアについて説明します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine には、エディタを実行するための特定のハードウェアおよびソフトウェア要件がいくつかあります。このページでは、これらの要件に加え、Unreal Engine インストーラに含まれる前提条件インストーラによってインストールされるものについて説明します。

推奨ハードウェア

オペレーティング システム

Windows 10 64-bit

プロセッサ

Quad-core Intel または AMD (2.5 GHz またはそれ以上

メモリ

8GB RAM

ビデオ カード / DirectX バージョン

DirectX 11 または DirectX 12 対応のグラフィック カード

オペレーティング システム

MacOS 10.14 Mojave

プロセッサ

Quad-core Intel (2.5 GHz またはそれ以上)

メモリ

8GB RAM

ビデオ カード

Metal 1.2 対応のグラフィック カード

オペレーティング システム

Ubuntu 18.04

プロセッサ

Quad-core Intel または AMD (2.5 GHz またはそれ以上)

メモリ

32 GB RAM

ビデオ カード

NVIDIA GeForce 960 GTX または最新の NVIDIA バイナリ ドライバーを搭載でそれ以上

最小ソフトウェア要件

エンジンまたはエディタを実行するための最小要件は以下のとおりです。

Unreal Engine を実行する

オペレーティング システム

Windows 7

DirectX ランタイム

DirectX エンドユーザー ランタイム (2010年6月)

Unreal Engine を実行する

オペレーティング システム

MacOS 10.14 Mojave

Unreal Engine を実行する

オペレーティング システム

CentOS 7.x 以降の合理的な新しい Linux ディストリビューション

Linux カーネル バージョン

カーネル 3.x 以降

追加の依存関係

glibc 2.17 以降

Unreal Engine を使用して開発するプログラマー向けの要件は、次のとおりです。

Unreal Engine を使用した開発

「Unreal Engine の実行」に必要なすべての要件 (自動インストール)

Visual Studio バージョン

*Visual Studio 2017 v15.6 以降 (推奨)

*Visual Studio 2019

iOS 向けの開発

iTunes バージョン

iTunes 11 またはそれ以上

Unreal Engine を使用した開発

Xcode バージョン

9.4

Unreal Engine を使用した開発

オペレーティング システム

Ubuntu 18.04

コンパイラ

clang 6.0.1

オプション

IDE

Visual Studio Code、CLion、QtCreator

前提条件インストーラによってインストールされるソフトウェア

Unreal Engine には、いくつかの DirectX コンポーネントと Visual C++ Redist をインストールする前提条件インストーラが含まれています。前提条件インストーラは、32 ビットおよび 64 ビット Windows 用のバージョンとともに、「Engine/Extras/Redist/en-us」の下の「Perforce」にあります。これには、エディタの実行に必要なすべてのものが含まれ、ランチャーによって自動的にインストールされます。そのソースは、「Engine/Source/Programs/PrereqInstaller」の下にあります。次の表に、この前提条件インストーラに含まれているソフトウェアを示します。

DirectX コンポーネント

Visual C++ Redist

XInput 1.3 (2007年4月)

Visual C++ 2010 CRT

X3DAudio 1.7 (2010年2月)

Visual C++ 2010 OpenMP ライブラリ

XAudio 2.7 (2010年6月)

Visual C++ 2012 CRT

D3D コンパイラ 4.3 (2010年6月)

Visual C++ 2013 CRT

D3DCSX 4.3 (2010年6月)

Visual C++ 2015 CRT

D3DX9 4.3 (2010年6月)

D3DX10 4.3 (2010年6月)

D3DX11 4.3 (2010年6月)

このリストで最も重要な DirectX コンポーネントは、XInput、X3DAudio、および XAudio の依存関係です。これらは DirectX (デフォルトでは Windows とともに配布されない) の標準インストールには含まれていないため、手動でインストールするか、アプリケーションとともに配布する必要があります。

グラフィック カード ドライバ

各カード メーカーの最新の安定版リリースを使用することをお勧めします。

サポート対象のグラフィックス ドライバ」を参照してください。

パフォーマンスに関する注記

このリストには、Epic で使用される典型的なシステムを示しており、Unreal Engine 4 でゲームを開発するための合理的なガイドラインとなっています。

  • Windows 10 64-bit

  • 64 GB RAM

  • 256 GB SSD (OS ドライブ)

  • 2 TB SSD (データ ドライブ)

  • Nvidia GeForce GTX 970

  • Xoreax Incredibuild (開発ツール パッケージ)

  • 6 コア Xeon E5-2643 @ 3.4GHz

Xoreax Incredibuild (開発ツール パッケージ) が使えない場合は、12 から 16 コアのマシンでコンパイルすることをお勧めします。ただし、XGE を使用した場合と使用しない場合のコンパイルの詳細については、「Hardware Benchmarks (2017)」のリファレンスを参照してください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信