Unreal Engine を実行する

便利なインゲーム コマンドや特定のマップの起動方法などを含めて、エンジンをゲームまたはエディタとして実行する方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

RunningUnrealEngineHeroImage_01.png

このページでは、Development (開発) ビルド コンフィギュレーションでコンパイルされたプロジェクトでエンジンを実行する方法を説明します。他のコンフィギュレーションでビルドされたプロジェクトを開く場合は、UE4Editor-_.exe または UE4-_.exe を使用することもできます。バイナリ命名規則の詳細については、「ソースからアンリアル エンジンをビルドする」ページを参照してください。

RunningUnrealEngineHeroImage_01.png

このページでは、Development (開発) ビルド コンフィギュレーションでコンパイルされたプロジェクトでエンジンを実行する方法を説明します。他のコンフィギュレーションでビルドされたプロジェクトを開く場合は、UE4Editor-_.app または UE4-_.app を使用することもできます。バイナリ命名規則の詳細については、「ソースからアンリアル エンジンをビルドする」ページを参照してください。

エディタの実行

エディタの実行プロセスでは、実行するプロジェクトの名前を引数として実行可能ファイルに渡す必要があります。

-debug スイッチを追加すると、すべてのデバッグ シンボルを含むプロジェクトのモジュールのデバッグ バージョンを実行可能ファイルに強制的にロードできます。これは、コンフィギュレーションが「Debug」に設定されている Xcode を使用してデバッグする場合でも必要です。メインの実行可能ファイルは、常に Development コンフィギュレーションを使用してコンパイルされるためです。もちろん、まず Debug コンフィギュレーションを使用してモジュールをコンパイルし、実行可能ファイルをロードできるようにする必要があります。

エディタの実行プロセスでは、実行するプロジェクトの名前を引数として実行可能ファイルに渡す必要があります。

-debug スイッチを追加すると、すべてのデバッグ シンボルを含むプロジェクトのモジュールのデバッグ バージョンを実行可能ファイルに強制的にロードできます。これは、コンフィギュレーションが 「Debug」 に設定されている Visual Studio を使用してデバッグする場合でも必要です。メインの実行可能ファイルは、常に Development コンフィギュレーションを使用してコンパイルされるためです。もちろん、まず Debug コンフィギュレーションを使用してモジュールをコンパイルし、実行可能ファイルをロードできるようにする必要があります。

コマンドラインからエディタを実行する

  1. コマンド プロンプトから、「[LauncherInstall]/[VersionNumber]/Engine/Binaries/Mac」ディレクトリへ移動します。

  2. プロジェクトのパスを渡して「UE4Editor.app」を実行します。

    open UE4Editor.app --args "[ProjectPath]/[ProjectName].uproject"
  1. コマンド プロンプトから、「[Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64」ディレクトリへ移動します。

  2. プロジェクトのパスを渡して「UE4Editor.exe」を実行します。

    UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject"

実行可能ファイルからエディタを実行する

  1. [Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64」ディレクトリへ移動します。

  2. UE4Editor.exe」実行可能ファイルを右クリックし、[Create shorcut (ショートカットを作成)] を選択します。

  3. MyProject - Editor.exe」など、MyProject ゲーム エディタを実行するショートカットだとわかるようなショートカット名に変更します。 

  4. 新しく作成したショートカットを右クリックし、 [Properties (プロパティ)] を選択します。

  5. 実行するゲームの名前を [Target (リンク先)] プロパティの最後に引数として追加します。

    [Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64\UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject"
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。

  7. ショートカットをダブルクリックして、エディタを起動します。

プロジェクト ブラウザにアクセスするには、エディタをコマンド プロンプトから実行して、特定のプロジェクトを直接ロードするか、引数を指定せずに実行する必要があります。

引数を使用せずにエディタを実行する (スタンドアロン)

起動時にエディタが最新のプロジェクトを開くように設定されていない場合は、引数を指定せずにエディタの実行可能ファイルを実行すると、プロジェクト ブラウザが起動します。ここから、新規プロジェクトを作成したり、既存のプロジェクトを開いたり、またはコンテンツ サンプルとサンプルゲームを開くことができます。

クックされていないゲームを実行する

Unreal Editor にプロジェクトがロードされると、 [Play In (プレイ イン)] メニューから [Uncooked Game (クックされていないゲーム)] モードでゲームプレイをテストできます。クックされていないゲームを専用のウィンドウで再生するには、レベル エディタ ツールバーの [Play In (プレイ イン)] ドロップダウンメニューから [[New Window At (新規ウィンドウ)] > Default Player Start (デフォルトのプレイヤー開始位置)] モードを選択します。

クリックすると、フルサイズで画像が表示されます。

以下のいずれかの方法でクックされていないゲームをエンジンの実行可能ファイルで実行しても、結果的に同じ動作が得られます。

コマンドラインでクックされていないゲームを実行する

コマンドラインから実行する場合は、-game スイッチとともに実行するプロジェクトの名前を引数として渡す必要があります。

  1. コマンド プロンプトから、「[Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64」ディレクトリへ移動します。

  2. -game パラメータとともに実行するプロジェクトへのパスを「UE4Editor.exe」に渡して実行します。

    UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject" -game
  1. コマンド プロンプトから、「[Launcherインストール場所][バージョン番号]/Engine/Binaries/Mac」ディレクトリへ移動します。

  2. -game パラメータとともに実行するプロジェクトへのパスを「UE4Editor.app」に渡して実行します。

    open UE4Editor.app --args "[ProjectPath]/[ProjectName].uproject" -game

実行可能ファイルでクックされていないゲームを実行する

実行可能ファイルから実行する場合は、ショートカットの [Target (リンク先)] プロパティを使用して、実行可能ファイルへの引数として -game スイッチとともに実行するプロジェクトへのパスを指定する必要があります。

  1. [Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64」ディレクトリへ移動します。

  2. UE4Editor.exe」実行可能ファイルを 右クリック し、 [Create shorcut (ショートカットを作成)] を選択します。

  3. MyProject.exe」など、実行するゲームを反映した名前にショートカット名を変更します。

  4. 新しく作成したショートカットを 右クリック し、 [Properties (プロパティ)] を選択して、ショートカットのプロパティを表示します。

  5. 以下のように、[Target (リンク先)] プロパティの末尾に、実行するプロジェクトへのフルパスを引数として追加し、それをゲームとして実行するための -game 引数を指定します。

    [Launcherインストール場所][バージョン番号]\Engine\Binaries\Win64\UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject" -game
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。

  7. ショートカットを ダブルクリック して、ゲームを実行します。

クックしたゲームを実行する

クックしたゲーム ビルドをパッケージ化して実行する方法については、「プロジェクトのパッケージ化」を参照してください。

便利なインゲーム コマンド

ゲーム実行中に、ゲーム内のコンソールで使用できる多数の コンソール コマンド があります。 ~ (チルダ) キーまたは Tab キーを押すと、コンソールを呼び出すことができます。(日本語キーボードでは @ キー)以下に最も便利なコマンドの一部を紹介します。

  • EXIT/QUIT

  • DISCONNECT

  • OPEN [MapURL]

  • TRAVEL [MapURL]

  • VIEWMODE [Mode]

マップをロードする

エンジンまたはエディタの実行中にロードする特定のマップを指定したり、エンジンの実行中に新しいマップをロードすることができます。これは、一連のメニューを使用せずにテスト対象のマップにすばやくジャンプしてテストする場合に便利です。

開始時にマップをロードする

エンジンは、実行時に常にデフォルト マップをロードしようとします。このマップは、ゲーム プロジェクトの「Config」フォルダに格納されている「DefaultEngine.ini」コンフィグ ファイルで指定されています。デフォルトで実行するマップは、「.ini」ファイルの [URL] セクションにある Map プロパティで設定します。たとえば、Vehicle Game の「DefaultEngine.ini」ファイルは次のように設定されています。

Map=/Game/Maps/VehicleMenu

オーバーライドされない限りは VehicleMenu.umap ([UE4Directory]/VehicleGame/Content/Maps に格納) が開始時にロードされます。一般的に、ロードするマップやメイン メニューのバックグラウンドとして使用するマップをデフォルト マップとして指定します。

デフォルト マップをオーバーライドするには、コマンドライン引数としてマップ名 (ファイル拡張子なし) を渡します。前述のように、プロジェクト名はコマンドラインで指定する必要があります。これに従い、マップ名を指定してデフォルト以外のマップを強制的にロードすることもできます。例えば、次のコマンドラインを使用して ExampleMap マップを実行しているエンジンをロードできます。

 open UE4Editor.app --args "[ProjectPath]/[ProjectName].uproject" ExampleMap -game

デフォルト マップをオーバーライドするには、コマンドライン引数としてマップ名 (ファイル拡張子なし) を渡します。前述のように、プロジェクト名はコマンドラインで指定する必要があります。これに従い、マップ名を指定してデフォルト以外のマップを強制的にロードすることもできます。例えば、次のコマンドラインを使用して ExampleMap マップを実行しているエンジンをロードできます。

UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject" ExampleMap -game

エディタの実行時にも同じように機能します。ロードするマップの名前を指定すると、デフォルトまたはブランクのマップではなく、エディタが開いたときにそのマップがロードされます。ExampleMap マップをロードしてエディタをロードするには、次のコマンドラインを使用します。

UE4Editor.exe "[ProjectPath][ProjectName].uproject" ExampleMap -game

open UE4Editor.app --args "[ProjectPath]/[ProjectName].uproject" ExampleMap

GameMode などの追加設定を指定し、マップ名にマップのフル URL を使用することもできます。設定は ? で区切られるキー値のペアとしてマップ名に付けられます。例:

DM-Deck?Game=CaptureTheFlag

新しいマップをロードする

開発中のテスト、またはゲームプレイ中のマップの切り替えのために新しいマップをプレイ中にロードしたい場合は、OPEN または TRAVEL コンソール コマンドの後にロードするマップ名 (ファイル拡張子なし) を指定します。

OPEN コマンドと TRAVEL コマンドの違いについては、前述の「便利なインゲーム コマンド」セクションで説明しています。

次のコマンドは、それぞれ同じ設定またはリセットされた設定でプレイ中に DM-Deck マップをロードします。

open DM-Deck

または

travel DM-Deck

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信