物理アニメーション プロファイルの適用方法

ブループリントによる物理アニメーション プロファイルのスケルタルメッシュ コンポーネントへの適用方法の説明です。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

ポーンSkeletal Mesh Component物理アニメーション プロファイル を有効にするためのシンプルなグラフの作成ステップを説明します。

ステップ

  1. スケルタルメッシュ コンポーネントのある ブループリント を開く、または作成します。

    • ブループリントに Skeletal Mesh Component がない場合は、 [Components] パネル を使って追加します。

    addSkelMeshComp.png

  2. スケルタルメッシュ コンポーネントの [Collision (コリジョン)] 設定を調整します。

    • Skeletal Mesh Component の[Collision Enabled] を選択してポーンとはインタラクトしないように、[Collision Preset] を変更します。

      collisionSettings.png

      この例では、[Object Type][Pawn] に設定されており、衝突チャネルのポーンを無視していることがわかります。こうすることで、スケルタルメッシュ がコリジョン カプセルから 出ようとする問題が修正されます。ただし、スケルタルメッシュ を別の ポーン と衝突させたい場合、自分の スケルタルメッシュ の Object Type を調整して、 その [Object Type] との カプセル の衝突方法を変更します。カスタム コリジョン チャネル の詳細は、カスタム仕様のオブジェクト タイプをプロジェクトに追加する , for more information on creating Custom Collision Channels.

  3. Physical Animation Component[Components] パネル を使ってブループリントに追加します。

    addPhysAnimComp.png

  4. 名前 変数を追加し、「Bone Name」と名前を付けます。

    variableName.png

  5. Bone Name 変数の値を設定できるようにコンパイルします。

    compile.png

  6. Bone Name Default Value を希望するターゲットの Bone に変更します。この例では`spine_01` です。

    boneName.png

  7. イベントグラフ に切り替えます。

  8. Event BeginPlay イベントノードを検索、または作成します。

    eventBP.png

  9. Skeletal Mesh Component に参照を追加します。

    addSKMPref.png

  10. Set Skeletal Mesh Component ノードを追加して Event Beging Play に接続します。

    • ターゲットは、上の手順で追加した Physical Animation Component です。

    • Skeletal Mesh Component は、ブループリントあるいは上の手順で追加した Skeletal Mesh Component です。

    createSetSkel.png

  11. Apply Physcial Animation Profile Below ノードを追加して Set Skeletal Mesh Component ノードに接続します。

    • TargetPhysical Animation Component です。

    • Body NameBone Name 変数を入力として受け取ります。Physics Asset で Physics Body 1 はボーンにちなんだ名前が付けられます。

    • Profile Nameスケルタルメッシュ に適用する 物理アニメーション プロファイル の名前です。

    • 上半身のみがアニメートするように「spine_01」をこのボーンに使用しているので、Include Self にチェックマークを入れます。

    • Clear Not Found はオプションですが、プロファイルで見つからないボーンはすべてクリアするようにしました。

    applyPhysAnim.png

  12. Set All Bodies Below Simulate Physics ノードを Apply Physcial Animation Profile Below ノードに接続します。これでグラフは完成です。

    • TargetSkeletal Mesh Component です。

    • In Bone NameBone Name 変数を入力として受け取ります。

    • New Simulate は有効にしなければなりません。

    • ここでもまた、ターゲット ボーンとして spine_01 を使用しているので、Include Self は有効にしなければなりません。

    Copy Node Graph

    ApplyPhysicialAnimProf_BP.png

    グラフには表示されない情報

    変数

    説明

    Bone Name

    spine_01

    物理アニメーションプロファイルの適用を開始するための スケルタルメッシュ の ボーン の名前です。Set All Bodies Below Simulate Physics ノードでも使用されます。

    コンポーネント

    説明

    Physical Animation Component

    スケルタルメッシュ の物理アニメーションを実際に動かすコンポーネントです。

    Skeletal Mesh Component

    プロファイルを使用して物理的に動かされるコンポーネント。Character を継承する既存のブループリントから作業する場合は、「メッシュ」という名前になります。

結果

完了すると、Skeletal Mesh Component はランタイム中に Physical Animation Component を使って物理をシミュレーションします。

resultApplyPAP.png

追加リソース

Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信