ワールド基点を表示する方法

AR でワールド基点を表示する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

AR_WorldOriginGraphic.png

このガイドでは Handheld AR プロジェクトを使います。

この操作ガイドでは、Handheld AR テンプレートで作成されたサンプル プロジェクトを使って、ワールド基点の描画方法について説明します。AR システム (ARKit/ARCore) がどこにワールド基点を置いたのか知っておくと、トラブルシューティングの際に大変役立ちます。デバイスは、不測の要因に基づいてワールド位置 0,0,0 (ワールド基点) を決定することがよくあります。そのため、コンテンツの場所、動き、スポーンに関する問題について、トラックされたジオメトリ トランスフォームの情報が参照されていないとデバッグが難しくなります。静的なコンテンツは、ワールド基点が特定の場所にいることを想定しています。そのため、ベイクしたライティングを使って作業する際にこのことが大きな問題となります。

手順

AR プロジェクトを開く

  1. プロジェクト ブラウザ を開いて新規の Handheld AR を作成する、または既存の拡張現実プロジェクトを開きます。
    新規拡張現実プロジェクトの作成に関する補足情報は、「AR クイック スタート 」を参照してください。

  2. [Find in Blueprints (ブループリントで探す)] メニュー アイテムを開きます。

    AR_FindInBlueprintsMenu.png

  3. Debug Draw World Origin を検索します。検索結果で、Debug Draw World Origin 関数をダブルクリックします。

    AR_BluePrintSearch_DebugDrawWorldOrigin.png

ワールド基点を表示する

このプロジェクトのデモは、ワールド基点を描画する簡単な方法の一例です。ワールド基点を描画することで、 AR システムがワールド基点として決定した内容を知ることができます。そのため、デバッグ使用の良いエクササイズとなります。以下に示すように、ワールド基点は常に 0.0, 0.0, 0.0 で始まります。

ワールド基点描画をデバッグする

  • Draw Debug String - この関数は、テキスト文字列 "WORLD ORIGIN" をワールド基点 (0.0, 0.0, 0.0) に配置します。

  • Draw Debug Arrow(s) - これらの関数は、それぞれワールド基点 (0.0,0,0,0,0) から始まる X 、 Y 、 Z 軸に沿って短い矢印を描画します。

その他の AR 関数を探る

Handheld AR ブループリント テンプレートを使ったプロジェクトを調べることで、さまざまな AR 用の関数が実際にどのような場面で使用されるのかを知ることができます。新しい AR 用の関数が数多く用意されていますので、新しいプロジェクトを分析し、実装可能か検証してみる価値があります。

プロジェクトと新しい AR 機能を試すには、[コンテンツブラウザ] を開き、Content\HandheldARBP\Blueprints\UI から ブループリント エディタBP_DebugMenu アセットを開きます。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信