拡張現実 (AR) の概要

Epic の 拡張現実 (AR) 実装の概要です。

Windows
MacOS
Linux

拡張現実 (Augmented reality :AR) は、実世界のユーザーの視点でコンピュータ生成画像を重ね合わせて、複合ビューを提供する技術です。  

Unreal Engine AR フレームワークは、 iOS と Android の両方のハンドヘルド プラットフォームで、 Unreal Engine を使用して AR アプリケーションを構築するための豊富で統一されたフレームワークです。このフレームワークは、両方のプラットフォームで単一の開発パスを提供します。それにより、デベロッパーは、そうした単一のコードパスで両方のプラットフォーム用の AR アプリケーションを構築できるようになります。Handheld AR ブループリント テンプレートには、 Unreal Engine で利用可能な AR 用の関数を使用した最適なサンプル プロジェクトが用意されています。

AR_IntroShot.png

AR で、デバイスのカメラからのライブビューに 2D または 3D エレメントを追加することで、それらのエレメントを現実世界にあるかのように見せるユーザー体験を作り上げることができます。

iOS と Android のリリース サポート

統一された AR フレームワークは、アライメント、光源の推定、ピン留め、セッション状態、トレース結果、トラッキングなどの機能をサポートしています。

しかしながら、 Android と iOS の AR は絶えず進化しています。現在 Unreal Engine 4.23 では、 ARCore 1.2 および ARKit 2.0 のリリースで提供された高度な関数がサポートされるようになりました。

ARCore 1.7

  • Augmented Faces (顔認識)

  • Augmented Images (マーカー認識)

  • Cloud Anchors (空間共有)

  • Vertical Plane Detection

ARKit 3.0

  • 2D 画像検出

  • 3D オブジェクト検出

  • フェイス トラッキング (Face Tracking)

  • 永続的な体験 (Persistent Experiences)

  • 共有エクスペリエンス (Shared Experiences)

  • ピープルオクルージョン* (People Occlusion)

  • モーション キャプチャ* (2D、3D、LiveLink)

*Unreal Engine 4.23.1 がベータ版サポートを提供する機能です。

Epic Games のデベロッパーである Joe Graf が UE4 の ARKit 機能について書いた以下のブログをぜひご覧ください。

AR に関する API

統一された AR フレームワークには、 iOS と Android の両方のハンドヘルドプラットフォームで、 Unreal Engine を使用して AR アプリケーションを構築するためのフレームワークがあります。統合された AR フレームワークでは、単一のコードパスを使用して両方のプラットフォーム用の AR アプリをデベロッパーが構築できるようになる C++ 、ブループリントの新しいライブラリが利用できます。これらの新機能により、 AR をより簡単に扱うことができるようになります。 
詳細については Unreal Engine API Reference をご参照ください。 

Handheld AR ブループリント テンプレートには、 Unreal Engine で利用可能な新しい AR 用の関数を使用した最適なサンプル プロジェクトが用意されています。プロジェクトと新しい AR 機能を試すには、[コンテンツブラウザ] を開き、Content\HandheldARBP\Blueprints\UI から Blueprint EditorBP_DebugMenu アセットを開きます。

サポートされているハンドヘルド プラットフォーム

現在、 iOS と Android プラットフォームをサポートしています。各プラットフォームでサポートされているデバイスについては、次のページをご参照ください。

Unreal Engine では、ハンドヘルドの iOS と Android デバイスを既にサポートしています (つまり新機能ではありません)。既に Unreal Engine を iOS または Android デバイスと一緒に使用しているユーザーが Unreal Engine で AR を新たに使いたい場合は、追加設定を少しするだけで済みます。

iOS

iOS AR 前提条件の詳細情報については、 ARKit 前提条件 トピックを参照してください。更に、 Unreal Engine と iOS デバイスの基本的な設定については、 Unreal Engine のドキュメントの iOS ゲームの開発 セクションを参照してください。   

Android

Android AR 前提条件の詳細情報については、 ARCore の前提条件 トピックを参照してください。Unreal Engine と Android デバイスの基本的な設定の詳細については、 Unreal Engine のドキュメントの Android クイック スタート セクションをご参照ください。 

Unreal Engine で AR の使用を開始する

ここまで読めば、 Unreal Engine での AR の使用に関する基本的な情報について理解できたと思います。次は、 AR クイック スタート チュートリアルを通して使い始めましょう。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback