HoloLens 2 エミュレータのクイックスタート

Unreal Engine 4 を用いた HoloLens 2 エミュレータの設定および実行方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

HoloLens2Emulator.png

HoloLens エミュレータを使用すると、実際の HoloLens を使用することなく、お使いの PC 上でホログラフィック アプリケーションのテストを行うことができます。エミュレータは Hyper-V 仮想マシンを使用します。一般的に HoloLens のセンサーによって読み込まれる人力および環境からの入力は、キーボード、マウス、または Xbox コントローラーからシミュレートされます。エミュレータ上で実行するためにアプリケーションを変更する必要はありません。実際の HoloLens 上で実行されているかどうかは、アプリケーション側には伝えられません。

1 - システム要件の認証

手順

  1. HoloLens 2 の実行に必要な前提条件をインストール済であることを確認します。詳細については HoloLens 2 前提条件をご確認ください。

2 - HoloLens 2 エミュレータのインストール

手順

  1. HoloLens 2 エミュレータをダウンロードして、インストールします。 

    HL2EmulatorInstallationLink.png

  2. デフォルト設定で**エミュレータエミュレータ イメージVisual Studio Templates** がインストールされていることを確認し、次に進みます。

    HL2EmulatorInstallation_Items.png

  3. HoloLens 2 エミュレータ のインストールが終わると、完了画面が表示されます。[Close (閉じる)] ボタンをクリックします。

    hololens2eumlatorsuccess.png

エミュレータのインストールに失敗した場合、HoloLens 2 前提条件をご確認ください。

3 - HoloLens 2 エミュレータの実行

手順

  1. HoloLens 2 エミュレータの実行は、Windows キーを押し、「HoloLens」 と入力してから [HoloLens 2 エミュレータ] を選択します。

    HoloLensEmulatorInMenu.png

  2. 別ウィンドウに HoloLens 2 エミュレータ が読み込まれます。 HoloLens2Emulator.png

  3. HoloLens 2 エミュレータの操作を確認します。

    • 前後左右の移動: キーボードのW、A、S、D キー、または Xbox コントローラーの左スティックを使用します。

    • 前後左右の視点移動: マウスをクリックしながらドラッグ、キーボードのカーソルキー、または Xbox コントローラーの右スティックを使用します。

    • エア タップ ジェスチャー: マウスの右クリック、キーボードの Enter キー、または Xbox コントローラーの A ボタンを使用します。

    • ブルーム/システム ジェスチャー: キーボードの Windows キーか F2 キー、または Xbox コントローラーの B ボタンを使用します。

    • スクロール用の手の動き: Alt キーとマウスの右ボタンを同時に押した状態でマウスを上下に移動、または Xbox コントローラーでは右トリガー と A ボタンを押しながら右スティックを上下に移動します。

    • 手の動きと向き: Alt キーを押しながらマウスを上下左右に動かして手の移動、またはカーソルキーと Q および E キーを使って手の回転とチルトを行います。Xbox コントローラーでは、左または右のバンパーを押しながら左のサムスティックを使用して手を前後左右に移動、右のサムスティックを使って回転、D パッドを上下に動かして手を上下させます。

4 - HoloLens 2 エミュレータへのパッケージのインストール

HoloLens 2 エミュレータ用にビルトされ、利用可能なアプリをまだ用意していない場合は、HoloLens 2 用 Unreal プロジェクトのパッケージ化で、HoloLens 2 エミュレータ用のアプリのパッケージ化に関する詳細をご確認ください。 

以下の手順では、 *.appxbundle ファイルおよび *.appx の、2 種類のファイルを読み込みます。 *.appxbundle ファイルはゲームのパッケージです。 *.appx ファイルはターゲットのアーキテクチャ用のサポート ファイル (arm64 または x64) を含む依存パッケージです。依存パッケージは、デバイスごとに 1 度のみインストールする必要があります。すでに依存パッケージをインストールしている場合は、オプションのパッケージを選ばずにインストール作業を続行します。 デバイスをリフレッシュすると、デバイス上にデプロイされたものは、依存パッケージも含めてすべて失われます。 

  1. 右手側のメニューから、HoloLens 2 エミュレータの [Device Portal (デバイス ポータル)] を開きます。

    DevicePortalButton.png

  2. ブラウザ ウィンドウで Windows Device Portal (Windows デバイス ポータル) が開きます。

    DevicePortal.png

  3. Windows Device Portal (Windows デバイス ポータル) 上で、ツールバーから [View (表示) > Apps (アプリ)] を選択します。

    DeployApps2.png

  4. [Choose File (ファイルを選択)] ボタンをクリックし、\Unreal Projects\TestProject\Hololens などの、プロジェクトの場所まで移動します。

    ChooseFileButton.png

    BrowseToAppxPackage.png

  5. .appxbundle ファイルを選択し、インストールするパッケージを指定します。

    ChooseAppxBundle.png

  6. オプションで [Allow me to select optional packages (オプションのパッケージ選択を許可する)] にチェックを入れ、[Open (開く)] を選択します。

    *.appx ファイルは依存パッケージで、デバイスごとに 1 度のみのインストールが必要です。すでに依存パッケージをインストールしている場合は、オプションのパッケージを選ばずにインストール作業を続行します。

    CheckSelectOptionalPackages.png

  7. [Choose File (ファイルを選択)] ボタンを押し、\Unreal Projects\TestProject\Hololens などの、プロジェクトの場所まで移動します。

    ChooseOptionalPackage_ChooseFileButton.png

    BrowseToOptionalPackage.png

  8. 対象となるプラットフォーム (エミュレータの場合 x64、デバイスの場合 arm64) 用の *.appx ファイルを選択し、[Open (開く)] をクリックします。

    ChooseAppx.png

  9. [Install (インストール)] ボタンをクリックします。

    InstallPackages_Emulator.png

  10. アプリのインストールが終了するまでお待ちください。

    InstallationProgress.png Success_PackageRegistered.png

  11. アプリのインストールが終了した後、エミュレータ上の [All Apps (すべてのアプリ)] をスクロールして、インストールしたアプリを探します。

    AllApps.png AppOnDevice.png

5 - 動かしてみよう!

HoloLens 2 エミュレータにアプリがインストールされました。アプリを実行して Unreal プロジェクトを読み込んでみましょう。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信