HoloLens 2 ストリーミングのクイック スタート

Unreal Engine 4 を用いた HoloLens 2 ストリーミングの設定および実行方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

Streaming_ScreenShot.png

HoloLens ストリーミングを使用すると、PC 上で Unreal Editor を実行しながら、HoloLens アプリを体験することができます。アイトラッキング、ジェスチャー、音声、現在のデバイス ポーズ、および空間マッピングなどの入力が HoloLens から PC に送信され、その後レンダリングされたフレームが HoloLens に返信 (またはストリーム) されます。

HoloLens ストリーミングはアプリのパフォーマンスを向上し、アプリの実行前にパッケージ化とデプロイを行う必要がないため、より合理化された開発ワークフローを提供します。

1 - システム要件の認証

手順

  1. HoloLens 2 の実行に必要な前提条件をインストール済であることを確認します。詳細については HoloLens 2 前提条件 をご確認ください。

2 - 必要な設定

Unreal Engine と HoloLens をストリーミング用に設定する前に HoloLens の設定を最初に行い、HoloLens の操作に慣れておく必要があります。

HoloLens の初期設定およびコンフィギュレーションの詳細については、[Get started with HoloLens (HoloLens 入門編)] をご確認ください。

手順

  1. HoloLens が充電されていることを確認します。 

  2. HoloLens を初めて起動する場合は、HoloLens の電源を入れてからキャリブレーション処理に進みます。

  3. ご自分のアカウントにログインするか、新たにアカウント を作成します。

  4. [Settings (設定)] メニューを開きます。

    SettingsMenu.jpg

  5. [Update & Security (更新とセキュリティ)] を開きます。

    UpdateandSecurity.jpg

  6. [For developers (開発者向け)] を開きます。

    UpdateForDevelopers.jpg

  7. [Use developer features (開発者向け機能を使う)] を有効にします。

    EnableDeveloperFeatures.jpg

  8. [Device Portal (デバイスポータル)] を有効にします。

    EnableDevicePortal.jpg

3 - HoloLens ストリーミングの設定

手順

  1. HoloLens から Microsoft Store にアクセスし、Holographic Remoting Player アプリをダウンロードしてインストールします。

    MSStore_HolographicRemotingPlayer2.PNG

  2. HoloLens で、Holographic Remoting Player アプリを起動します。

    HolographicRemotingMenu.png

  3. リモート接続 を実行します (後のステップで使用するため、表示される IP アドレスをメモしておきます)。

    holographicremotingplayer.png

  4. Unreal プロジェクトで、HoloLens Plugin (Plugins (プラグイン) > AR > HoloLens) が有効になっていることを確認します。HoloLens Plugin が有効になっていない場合は、有効にしてプロンプトが表示されたらエディタを再起動します。

  5. Unreal プロジェクトで、Microsoft Windows Mixed Reality Plugin (Plugins (プラグイン) > Virtual Reality (仮想現実) > Microsoft Windows Mixed Reality) が有効になっていることを確認します。Microsoft Windows Mixed Reality Plugin が有効になっていない場合は、有効にしてプロンプトが表示されたらエディタを再起動します。

  6. [Project Settings (プロジェクト設定)] > [Platform (プラットフォーム)] > [Windows Mixed Reality] > [Holographic Remoting] に移動します。

  7. [Enable Remoting for Editor (エディタ用に Remoting を有効化)] を有効にして、[IP of HoloLens to remote to (リモートする HoloLens のIP)] に HoloLens の IP アドレスを入力します。

    ProjectSettings_IP_NotConfigured.png

    ProjectSettings_IP_Configured.png

    HoloLens を PC に接続するには、PC と同じネットワークに HoloLens を接続する必要があります。 HoloLens との接続に問題がある場合は、「Device Portal for HoloLens」 のガイダンスを参照してください。

  8. [Connect (接続)] をクリックします。 

    HoloLens 1 Remoting が有効になっている場合、プロジェクトに接続可能なデバイスは HoloLens 1 のみとなります (HoloLens 2 はプロジェクトに接続できません)。

4 - 最終結果

  1. これで Hololens が PC に接続され、ストリーミングができるようになります。最初は Hololens の画面に何も表示されませんが、その後に画面の中央にウィンドウが表示されます。このウィンドウは、PC で実行されている Unreal Engine の [Viewport (ビューポート)] ウィンドウのミラーです。

    HolographicRemotingPlayer_ScreenShot.jpg

5 - 動かしてみよう!

これで HoloLens ストリーミングが設定されて動作するようになりました。新たな Unreal Project を PC に読み込んでみましょう。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback