6 - 応用編

実際に練習してみましょう。

Windows
MacOS
Linux

モバイル ゲームの開発には、相当な注意力を要します。デバイス互換性、モバイルのパフォーマンス、スペース制限については特にそうです。 モバイル ゲームの開発中にベスト プラクティスを実施すると、モバイル ゲーム開発スキルを効率的にアップすることができます。 習得したベスト プラクティスを使ってモバイル コンテンツを作成したら、別のデプロイ メソッドでモバイル ゲームをプレビューおよびデプロイする方法を学びましょう。 このページの最後にある実践問題で、習得したモバイル開発の新しいスキルの腕試しができます。

ベスト プラクティス

ここまでのステップで、Andoird デバイス用のテンプレート モバイル UE4 プロジェクトの作成、パッケージ化、およびデプロイ方法を学習しました。次は、Linux でUE4 を使用したモバイル ゲームの作成に大きな影響を与えるデバイスの互換性、モバイル パフォーマンス、APK ベスト プラクティスについて考えてみましょう。

Android デバイスの互換性

モバイル パフォーマンス

APK パッケージ サイズの縮小

ターゲット ハードウェア / ソフトウェア プラットフォームの制約のため、モバイル ゲーム サイズの制限が必要な場合があります。モバイル ゲーム サイズを縮小するために、モバイル アプリケーションのパッケージ化に Android OS が使用するカスタム仕様ファイル形式である Android Application Package (APK) のサイズ縮小が必要な場合があります。パッケージ済みゲームのサイズ縮小方法については、APK パッケージ サイズの縮小方法 を参照してください。

モバイル コンテンツを作成する

Linux で UE4 を使ってモバイル ゲームを開発する方法を学びました。実践として、デバイス使えるレンダリング機能を使ってゲーム コンテンツを作成すると良いと思います。以下のリファレンスを参照してください。

モバイル ゲームをプレビューする

モバイル ゲームを Android デバイスにデプロイする前に、エディタ内でゲームをプレビューした方がいいかもしれません。Mobile Previewer の概要ページに、エディタ内でモバイル ゲームをプレビューする方法が説明されています。

ワイヤレス ネットワークでデプロイする

モバイル ゲーム コンテンツを作成し、エディタでモバイル ゲームをプレビューするベスト プラクティスを学習しました。それではゲームを Android デバイスまたはワイヤレス ネットワークにデプロイしてみましょう。ワイヤレス ネットワークで Android デバイスに UE4 プロジェクトをデプロイする方法については、Gear VR Debugging リファレンス ページ を参照してください。

実践問題

モバイル ゲーム開発スキルを試したい方は、次の練習問題をやってみましょう。

  • Third Person テンプレート以外を使って新規のモバイル プロジェクトを作成します。次に、そのプロジェクトを Android デバイスで実行してみます。

  • 異なる Android テクスチャ形式を使ってプロジェクトをパッケージ化し、特定のデバイスで動く形式を文書化します。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信