Mixed Reality Capture の概要

Mixed Reality Capture の概要

Windows
MacOS
Linux

Mixed Reality Capture (MRC) フレームワークを使用すると、ユーザーは現実世界のプレイヤーをバーチャル ゲーム空間に簡単にコンポジットできます。これにより、目に見える XR 体験はさらに説得力のあるものになります。

image alt text

Mixed Reality Capture は次の 3 つのコンポーネント、ビデオ入力、キャリブレーション、ゲーム内コンポジットをサポートします。サポート対象のウェブカメラおよび HDMI キャプチャ デバイスのリストがあります。これらにより、現実世界のグリーン スクリーンで撮影したビデオを多様なソースから Unreal Engine に取り込むことができます。個別のトラッキング デバイスがある場合、Mixed Reality Capture は、現実のカメラの位置とゲーム内のカメラの位置を一致させて、さらにダイナミックで面白いショットを作成できます。セットアップとキャリブレーションはスタンドアロンのキャリブレーション ツールで実行します。撮影場所のセットアップとキャリブレーションが完了したら、これらのキャリブレーション設定を Unreal アプリケーション全体で再利用できます。

この機能のサポートはベータ段階ですが、フレームワークを引き続き改善するためにご意見やご要望をお待ちしています。 

『Mixed Reality クイック スタート』に従って、Mixed Reality Capture の使用を開始しましょう。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信