Android プロジェクトのパッケージ化

最終的な Android プロジェクトのパッケージ化について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

手順

以下の操作ガイドでは、Android デバイスへデプロイするための UE4 Android プロジェクト全体をパッケージ化する方法について説明します。

このゲームは現在テスト中なので [Development] にパッケージ化しますが、ゲームが完成したら [Package Project] メニューの [Build Configurations] オプションにカーソルを当てれば [Shipping] へのパッケージ化が可能になります。

  1. [File] メニューで [Package Project] > [Android] を選択し、パッケージ化したいテクスチャ フォーマットを選びます。このサンプルでは、すべてのデバイスがサポートしている Android ETC1 を使うことにします。

    どのハードウェアで実行するかによって、サポートするテクスチャ フォーマットはデバイスごとに異なります。各種フォーマットの詳細は Android 開発リファレンス をご覧ください。

    形式

    説明

    ETC1

    すべての Android ベース デバイスでサポートされますが、アルファ テクスチャの圧縮はできません (圧縮されないまま格納されます)。アルファをうまく圧縮するには、RGB および別々のアルファ テクスチャの使用を推奨します。

    ETC2

    すべての OpenGL 3.x クラス デバイスでサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ATC

    Qualcomm Adreno GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    DXT

    Nvidia Tegra GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    PVRTC

    PowerVR GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ASTC

    最新のテクスチャ圧縮フォーマットで、ブロック サイズを指定して細かい品質調整を可能にします。アルファ圧縮をサポートします。現時点では使用できるデバイスは限られています。

  2. パッケージ化したゲームの保存場所を求められます。デスクトップにフォルダを新規作成して、プロジェクトの保存先に指定します。

  3. ゲームのパッケージ化処理中は、処理の進捗状況が右下隅に表示されます。

    package_toast.png

  4. パッケージ化が正常に終了すると、パッケージ化の完了メッセージがエディタの右下隅に表示されます。

    Packageing_Completed.png

  5. ステップ 2 で作成したフォルダを開くと、パッケージ処理中に指定したテクスチャ タイプ用の名前をつけた新規フォルダが入っています。この例では、そのフォルダ名は 「Android_DXT」 です。

  6. Android_ETC1 フォルダを開いて「Install_[ProjectName]_Development.bat」 バッチ ファイルを ダブル クリック して、Android デバイス上にプロジェクトをインストールします

    プロジェクトをデバイスへデプロイするには、Android デバイスを開発用 PC に USB で接続しておく必要があります。実行時にデバイスが接続されていないと、.BAT ファイルは何も処理しません。

このゲームは現在テスト中なので [Development] にパッケージ化しますが、ゲームが完成したら [Package Project] メニューの [Build Configurations] オプションにカーソルを当てれば [Shipping] へのパッケージ化が可能になります。

  1. [File] メニューで [Package Project] > [Android] を選択し、パッケージ化したいテクスチャ フォーマットを選びます。このサンプルでは、すべてのデバイスがサポートしている Android ETC1 を使うことにします。

    どのハードウェアで実行するかによって、サポートするテクスチャ フォーマットはデバイスごとに異なります。各種フォーマットの詳細は Android 開発リファレンス をご覧ください。

    形式

    説明

    ETC1

    すべての Android ベース デバイスでサポートされますが、アルファ テクスチャの圧縮はできません (圧縮されないまま格納されます)。アルファをうまく圧縮するには、RGB および別々のアルファ テクスチャの使用を推奨します。

    ETC2

    すべての OpenGL 3.x クラス デバイスでサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ATC

    Qualcomm Adreno GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    DXT

    Nvidia Tegra GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    PVRTC

    PowerVR GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ASTC

    最新のテクスチャ圧縮フォーマットで、ブロック サイズを指定して細かい品質調整を可能にします。アルファ圧縮をサポートします。現時点では使用できるデバイスは限られています。

  2. 所のデフォルトはプロジェクト フォルダです。新規フォルダを作成し、「Android_Builds」 と名前を付けます。

  3. ゲームのパッケージ化処理中は、処理の進捗状況が右下隅に表示されます。

    package_toast.png

  4. パッケージ化が正常に終了すると、パッケージ化の完了メッセージがエディタの右下隅に表示されます。

    Packageing_Completed.png

  5. ステップ 2 で作成したフォルダを開くと、パッケージ処理中に指定したテクスチャ タイプ用の名前をつけた新規フォルダが入っています。この例では、そのフォルダ名は 「Android_DXT」 です。

  6. 「Android_ETC1」フォルダを開いて Install[ProjectName]Development_armv7-es3.command ファイルを ダブル クリック して、Android デバイス上にプロジェクトをインストールします。

    プロジェクトをデバイスへデプロイするには、Android デバイスを開発用 PC に USB で接続しておく必要があります。実行時にデバイスが接続されていないと、.command ファイルは何も処理しません。

  1. [File (ファイル)] メニューを開いて [Package Project (プロジェクトをパッケージ化)] までスクロールし、 [Android] にマウス カーソルを合わせて [Android (ETC1)] を選択します。

    LinuxAndroid_Step31.png

    どのハードウェアで実行するかによって、サポートするテクスチャ フォーマットはデバイスごとに異なります。各種フォーマットの詳細は Android 開発リファレンス をご覧ください。

    形式

    説明

    ETC1

    すべての Android ベース デバイスでサポートされますが、アルファ テクスチャの圧縮はできません (圧縮されないまま格納されます)。アルファをうまく圧縮するには、RGB および別々のアルファ テクスチャの使用を推奨します。

    ETC2

    すべての OpenGL 3.x クラス デバイスでサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ATC

    Qualcomm Adreno GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    DXT

    Nvidia Tegra GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    PVRTC

    PowerVR GPU でサポートされ、アルファ テクスチャの圧縮もサポートします。

    ASTC

    最新のテクスチャ圧縮フォーマットで、ブロック サイズを指定して細かい品質調整を可能にします。アルファ圧縮をサポートします。現時点では使用できるデバイスは限られています。

  2. [Open Directory (ディレクトリを開く)] メニューが表示されたら 、[New Folder (新規フォルダ)] ボタンを使用して Android_Builds という名前のフォルダを作成します。

    LinuxAndroid_Step32.png

  3. [Open (開く)] ボタンをクリックしてパッケージ化プロセスを開始します。

    LinuxAndroid_Step33.png

  4. UE4 でプロジェクトのパッケージ化が行われている間、右下隅に進捗状況インジケーターが表示されます。

    LinuxAndroid_Step34.png

  5. パッケージ化プロセス終了時には、パッケージ化プロセスが完了したことを示すメッセージが表示されます。

    LinuxAndroid_Step35.png

  6. 「Android_Builds」 フォルダに移動します。このフォルダの中に、 「Android_ETC1」 フォルダがあります。

    LinuxAndroid_Step36.png

  7. 「Android_ETC1」 フォルダを開いて、パッケージ化プロセスで作成したファイルを確認します。

    LinuxAndroid_Step37.png
    インストール および アンインストール シェル スクリプト (.sh) に加え、ETC1 圧縮スキームをサポートする Android デバイスにプロジェクトをインストールするのに必要なすべてのファイルを含んだ Android アプリケーション パッケージ (.apk) があります。

  8. フォルダ内を右クリックし、[Open in Terminal (ターミナルで開く)] を選択して、このフォルダの場所からターミナルを開きます。

    LinuxAndroid_Step38.png

  9. ターミナルに「./Install_LinuxAndroidProject_Development-arm64.es2.sh」と入力して、Android デバイスにプロジェクトをインストールします。

    LinuxAndroid_Step39.png

    シェル スクリプトの実行で問題が発生した場合は、ターミナルに「adb devices」と入力して、デバイスが本当にコンピュータに接続しているかどうかを確認します。

  10. インストール プロセス中、シェル スクリプトによってターミナルに次の出力が表示されます。

    LinuxAndroid_Step40.png

    シェル スクリプトによるインストール処理が完了すると、「Installation successful」 メッセージが表示されます。

最終結果

これが完了すると、以下のイメージのように、.BAT ファイルによって Android スマートフォンにデプロイすることができる UE4 プロジェクトを含む .APK ファイルが作成されます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信