Mobile Previewer

選択されたモバイル プラットフォームに応じて UE4 Editor 内でゲームのプレビューをする機能です。

Windows
MacOS
Linux

T_Rendering_Level_Examples.png

1:モバイル / HTML5 Open GL ES2、2:Shader Model 4.0 DX10/ OpenGL 3.3+、3:Shader Model 5.0 - DX11/ OpenGL 4.3+。

Unreal Engine 4 (UE4) では、Mobile Previewer を使用して、異なるモバイル デバイスのシーンの見え方の違いを UE4 Editor ビューポートで直接プレビューすることができます。[Preview Rendering Level (描画レベルをプレビュー)] を変更すると、シーン内のマテリアルが再コンパイルされ、選択したレンダラー プレビューの外観と機能セットが最適にエミュレートされます。Mobile Previewer を使用すると、エディタを再起動しなくても、レンダリング レベルをシームレスに切り替えることができます。

Mobile Previewer を使用する

Mobile Previewer を使用すると、現在の UE4 セッションでさまざまなレンダラに素早く切り替えることができるので、ターゲットに設定したデバイス上でのゲームの見え方を確認しながら、エディタでの作業が可能です。別のレンダラー プレビューに変更する方法については、次の手順を参照してください。

新しい [Preview rendering level] を有効にするためにエディタを再起動する必要はありませんが、最初に [Preview rendering level] を変更するときは、シェーダを再コンパイルする必要があります。前に使用したレンダリング レベルに対しては変更がほぼ瞬時に適用されます。

  1. メイン ツールバーから [Settings (セッティング)] ボタンを選択して、メニュー アイテムのリストを展開します。[Scalability (スケーラビリティ)] セクションの下の [Preview Rendering Level] の上にカーソルを置くと、選択可能な様々なレンダリング レベルのオプションが表示されます。
    mobile_preview_level.png

  2. プレビューするレンダリング レベルの上にマウスを置き、左クリックして選択します。
    [Changing Preview Rendering Level] 進捗バーがポップアップ表示されます。完了したら、シェーダを再コンパイルします。
    ChangingPreviewRenderingLevel.png
    [Preview Mode] ボタンは、[Settings] ボタンの横に表示され、ボタンには選択したプレビューモードのアイコンが表示されます。これをクリックすると、Mobile Previewer が無効になります。
    previewer_icon.png

  3. レンダリング レベルを選択すると、ビューポート内のマテリアルが自動的に更新され、ターゲット プラットフォームに対して有効または無効になっているマテリアル品質を使用した新しいレンダリング方法が反映されます。これらの調整方法の詳細については、このページの 「プラットフォームのマテリアル品質の設定方法」 セクションを参照してください。

    Android Vulkan Preview Android Vulkan のプレビュー

    Desktop Shader Model 5 (SM5) Preview Desktop Shader Model 5 (SM5) のプレビュー

Mobile Previewer の表示は、可能な限りモバイル デバイスでの見え方と一致するように設計されていますが、ターゲット デバイスでのプロジェクトの表示が常に一致することを保証するものではありません。Mobile Previewer は作業が適切に進んでいるかどうかを確認する目的にのみ使用し、完全なプロジェクトのテストは必ずターゲット デバイス上で行ってください。

PIE での Mobile Previewer

[Mobile Preview ES2 (PIE)] オプションを使えば、モバイル デバイスで実行した場合と同じレンダリング パスを使用する UE4 モバイル プロジェクトのスタンドアロン バージョンを起動することができます。これは、クッキングおよびデプロイのプロセス全体を通さずに、作業中の変更をプレビューするのに最適な方法です。モバイル プレビューを使用するスタンドアロン ゲームで UE4 プロジェクトを起動するには、次の操作を行う必要があります。

  1. メイン ツールバー[Play (再生)] ボタンの隣にあるドロップダウン ボタンをクリックすると、[Change Play Mode and Play Settings] 設定が表示されます。
    ShowPlayModeOptions.png

  2. [Mobile Preview ES2 (PIE)] オプションを選択すると、新しく表示されるウィンドウ内でプロジェクトが実行され、モバイル デバイス上でのプロジェクトの見え方をシミュレートすることができます。

    T_Activate_Mobile_Preview-1.png

Vulkan Mobile のプレビューを有効にする

[Vulkan Mobile Preview (PIE)] オプションを使えば、Vulkan レンダリングを使って UE4 モバイル プロジェクトのスタンドアロン バージョンを起動することができます。これは、クッキングおよびデプロイのプロセス全体を通さずに、作業中の変更をプレビューするのに最適な方法です。Vulkan モバイル プレビューを使用するスタンドアロン ゲームで UE4 プロジェクトを起動するには、次の操作を行う必要があります。

  1. Vulkan プレビューアを有効にするには、まず [Editor Preferences (エディタの環境設定)] を開く必要があります。それには、メイン ツールバー に移動して [Edit (編集)] をクリックし、[Editor Preferences] を選択します。
    VulkanMobilePreview_EditorPreferences-2.png

  2. [Editor Preferences] メニューから [General (一般)] ヘディングを見つけて、[Experimental (実験段階)] セクションをクリックします。

    クリックしてフルサイズで表示。

  3. [PIE] セクションを見つけて [Allow Vulkan Mobile Preview] オプションをクリックして有効にします。

    クリックしてフルサイズで表示。

  4. [Editor Preferences] メニューを閉じて、メイン ツールバー[Play] ボタンの隣にあるドロップダウン ボタンをクリックすると、[Change Play Mode and Play Settings] 設定が表示されます。
    ShowPlayModeOptions.png

  5. [Vulkan Mobile Preview (PIE)] オプションを選択すると、新しく表示されるウィンドウ内でプロジェクトが実行され、モバイル デバイス上でのプロジェクトの見え方をシミュレートすることができます。
    VulkanMobilePreview_UseVulkanMobilePreview.png

プラットフォームのマテリアル品質設定

[Project Settings (プロジェクト設定)] の下の [Platforms (プラットフォーム)] カテゴリの下にある異なるプラットフォームの [Material Quality (マテリアル品質)] セクションを選択して、ターゲット プラットフォームの特定の機能を有効または無効にします。

クリックしてフルサイズで表示。

これらの変更を有効にするには、必ず [Update Preview Shaders (プレビューシェーダを更新)] ボタンをクリックしてください。

UpdatePreviewShadersButton.png

Preview Rendering Level を選択する

[Preview Rendering Level] を選択すると、いくつかのオプションが表示されます。下の表を使用して、ターゲット デバイスに最適なオプションを選択してください。

デバイス ターゲット

説明

ハイエンド モバイル / メタル

Default High-End Mobile

[Project Settings (プロジェクト設定)] で指定したマテリアルをオーバーライドせずに、デフォルトのハイエンド モバイル マテリアル品質設定をエミュレートします。

Android GLES 3.1

サポート対象の Android OpenGL ES3.1 品質設定のプレビューをエミュレートします。マテリアル品質設定は [Project Settings (プロジェクト設定)] > [Android Material Quality - ES31] セクションで行うことができます。

Android Vulkan

サポート対象の Android Vulkan 品質設定のプレビューをエミュレートします。マテリアル品質設定は [Project Settings (プロジェクト設定)] > [Android Material Quality - Vulkan] セクションで行うことができます。

iOS Metal

サポート対象の iOS Metal 品質設定のプレビューをエミュレートします。マテリアル品質設定は [Project Settings] > [iOS Material Quality - Metal] セクションで行うことができます。

モバイル / HTML5

Default Mobile / HTML5

[Project Settings] で指定したマテリアルをオーバーライドせずに、デフォルトのモバイル マテリアル品質設定をエミュレートします。

Android

サポート対象の Android OpenGL ES2 品質設定のプレビューをエミュレートします。マテリアル品質設定は [Project Settings (プロジェクト設定)] > [Android Material Quality - ES31] セクションで行うことができます。

Android OpenGLES 3.1 および Android Vulkan など、使用可能な Preview Rendering Levels の中には、[Project Settings] でターゲット プラットフォームとして有効にするまで表示されないものもあります。iOS Metal はデフォルトでオンになっていますが、ターゲット プラットフォームを無効にすると、プレビュー オプションからも除外されます。

Mobile Device Preview のオプション

モバイルのベゼル デザインは多様なため、UI の一部がモバイル デバイスのベベルに隠れて表示されないように作業を進めるには労力が必要です。UI がデバイスに隠れていないことを確認するため、[Device Launch] オプションを使ってモバイルのベゼル デザインを重ねることができます。UE4 プロジェクトでこの操作を行うには、以下の手順を行います。

  1. まず、[Editor Preferences] を開く必要があります。それには、メイン ツールバー に移動して [Edit (編集)] をクリックし、[Editor Preferences] を選択します。
    VulkanMobilePreview_EditorPreferences-2.png

  2. [Editor Preferences] メニューから [General] ヘディングを見つけて、[Experimental] セクションをクリックします。

    クリックしてフルサイズで表示。

  3. [PIE] セクションから [Enable mobile PIE with preview device launch options(プレビュー デバイス起動オプションでモバイル PIE を有効にする)] をクリックし、ベゼル オーバーレイを有効にします。

    クリックしてフルサイズで表示。

  4. [Editor Preferences] メニューを閉じて、メイン ツールバー[Play] ボタンの隣にあるドロップダウン ボタンをクリックすると、[Change Play Mode and Play Settings] 設定が表示されます。
    ShowPlayModeOptions.png

  5. 表示されたメニューから、[Mobile Preview (PIE)] > [Android] の順に選択し、リストからテストするデバイスを選択します。
    SelectDevicePreview.png

  6. 次に、[Launch] ボタンをクリックしてプロジェクトを起動します。プロジェクトがロードされると、以下の図のようにデバイス プレビューが使用されます。
    PhoneBezel.png

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback