VR スプラッシュ スクリーン

VR スプラッシュ スクリーンとムービーの設定と操作方法

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine 4 (UE4) は、Oculus、Gear VR、SteamVR、PSVR Head Mounted Displays (HMD) の使用時にはレベルがロードされ、ビデオや画像の表示をサポートしてます。ローディング ムービーあるいは画像は、コンテンツのロード中にレンダリング スレッドで実行され、フレームレート問題をごまかしやすくします。このドキュメントでは、これらの VR スプラッシュ スクリーン 機能を UE4 プロジェクトで使用する方法を説明します。

VR スプラッシュ スクリーン対応のプラットフォーム

VR スプラッシュ スクリーンは以下の VR プラットフォームで使用できます。

VR スプラッシュ スクリーン プロジェクトの設定

VR スプラッシュ スクリーンを設定および使用する前に、まず Game ModePawn ブループリントを新規作成して VR スプラッシュ スクリーンを使いやすくします。次のセクションでは、作成すべきブループリントとその設定方法について説明します。

  1. コンテンツ ブラウザを右クリックして、[Create Basic Asset (基本アセットの作成)] リストで [Blueprint Class] オプションをクリックします。

    VRLS_Intro_01.png

  2. [Pick Parent Class] ダイアログ ボックスの [All Classes] セクションで [Game Mode] を探します。Game Mode を見つけたら選択し、[Select] ボタンを押して 「VR_GameMode」 という名前をつけます。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. このプロセスを繰り返すのですが、今は [Pawn] オプションを [Pick Parent Class] ダイアログ ボックスから選択して 「VR_Pawn」 という名前をつけます。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. VR_GameMode ブループリントを開いて、[Classes] セクションの [Default Pawn Class] を作成した [VR_Pawn] に変更します。変更したら、VR_Gamemode ブループリントをコンパイルして保存します。

    クリックしてフルサイズで表示

Pawn と Game Mode を設定したので、ポーンのイベントグラフで VR スプラッシュ スクリーンを設定する方法について説明します。

VR Splash Screen の設定

次のセクションでこ、ポーンのイベントグラフで VR スプラッシュ スクリーンを設定する方法を説明します。

この例では、UE4 で Auto Loading Splash Screens をプロジェクトで最も簡単に使用するためのアプローチを紹介しています。実際やってみると、レベルがストリーム インを完了させる分の時間を確実に考慮するために、レベル トランジションの間に手作業でスプラッシュ スクリーン表示 / 非表示を行う必要があるとわかると思います。

  1. VR_Pawn と以下の Blueprint ノードを Event Graph に開きます。

    クリックしてフルサイズで表示

  2. イベントグラフにノードを追加したら、以下の画像の設定になるようにノードを調節および接続します。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. レベルがロードされる時は常にVR Splash Screen を Enable Auto Loading Splash Screen ノード上にロードしたいので、[In Auto Show Enabled] にチェックを入れます。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. Set Splash Screen ノードで、VR スプラッシュスクリーンにどのテクスチャを使うか指定します。VR Splash Screen テクスチャを設定するには、コンテンツ ブラウザでテクスチャを選択し、Set Splash Screen ノードの [Texture] セクションにある小さな白い矢印を押して、そのテクスチャを VR スプラッシュスクリーンとして使用します。

    クリックしてフルサイズで表示

    この例では、フォトショップで作成したノイズ テクスチャを UE4 へインポートし使用しています。ここに自分の好きなテクスチャを使ってみてください。

    SteamVR がターゲットであれば、スプラッシュ スクリーンに使用するテクスチャの Compression SettingsUserInterface2D(RGBA) に設定する、あるいはスプラッシュスクリーンの呼び出し時に表示されないようにしてください。

    VIL_SteamVR_Comp_Settings.png

  5. 最後に Set Splash Screen ノードで [Show on Set] オプションにチェックを入れて、レベルのロード時に指定したテクスチャが表示されるようにします。

    クリックしてフルサイズで表示

VRSplash Screen を設定したので、次のセクションでは新規レベル ロード時に VR スプラッシュスクリーンを呼び出す方法について説明します。

VR Splash Screen の使用方法

VR スプラッシュスクリーンを使うためのポーンのセットアップが完了したので、レベルのロード時に VR スプラッシュスクリーンを表示する方法を説明します。

  1. そのために、ロードできるレベルを 2 つ作成する必要があります。レベルを作成するには、メイン ツールバー から [File] > [New Level] オプションを選びます。[New Level] ポップアップ ボックスが表示されたら、[Default] レベル オプションを選択します。

    クリックしてフルサイズで表示

  2. コンテンツ ブラウザ の中にある [Save All (すべて保存)] ボタンを押して新規レベルに 「Level_00」 という名前を付けます。保存したら Level_00 を右クリックし、[Duplicate (複製)] オプションを選択します。複製したレベルに 「Level_01」 という名前を付けます。これがすべて完了すると、以下の画像のようにコンテンツ ブラウザには 2 つのレベルが新規作成されます。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. 各レベルを開いて [World Settings] > [Game Mode][Game Mode Override] を [VR_GameMode Blueprint] に指定します。こうすると、レベルのロード時に確実に正しいポーンが使われます。

    VLI_NewLevel_06.png

  4. VR_Pawn Blueprint を開き、イベントグラフで R キーと T キー用の Key 入力を追加します。

    クリックしてフルサイズで表示

  5. イベントグラフを右クリックし、Open Level Blueprint ノードを探して、イベントグラフに追加します。T キーの [Pressed] 出力を Open Level 入力に接続し [Level Name] フィールドに Level_00 を入力します。

    クリックしてフルサイズで表示

  6. Open Level ノードを選択し、キーボードで CTRL + W を選択して複製します。R キーの [Pressed] 出力を Open Level 入力に接続し、レベル名を 「Level_01」 に変更します。

    クリックしてフルサイズで表示

  7. [Compile] ボタンと [Save] ボタンを押して Pawn ブループリントをコンパイルおよび保存し、VR プレビューでプロジェクトを起動します。

    クリックしてフルサイズで表示

  8. HMD を装着し、R キーを押して Level_01 をロードします。レベルがロードされると、Set Splash Screen ノードのテクスチャ入力で指定した画像が表示されます。Level_01 をロードしたら T キーを押して Level_00 をロードします。すると、以下のような画像が表示されます。

ボタン押下によるレベル変更が可能になったので、次のステップではプレイヤーがレベル ストリーミング ボリュームを入力した時にこれが動作する、あるいはゲームもしくはインタラクティブ プロジェクトにいる時にトリガーするようにしてみましょう。

VR Splash Screen のノードのリファレンス

以下のリンクをクリックすると、VR Splash Screen ノードのリファレンス ページに移ります。このページには、VR スプラッシュ スクリーンと使用が可能な各ノードの詳細について説明されています。

VR Splash Screen Node Reference

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信