Google VR と Daydream デバイス

Daydream デバイス固有の Google VR 機能

Windows
MacOS
Linux

Google では、Daydream の詳しい使用方法を解説したマニュアルを提供しています。Google Daydream Unreal 公式サイト のヘルプをご覧ください。

Google VR はほとんどの Android ベースのデバイスで使用できますが、Daydream デバイス固有の機能もいくつかあります。これらの機能およびプロジェクトでの使用方法について、次のセクションで説明します。

Unreal Engine 向け Google Daydream をダウンロードする

Google Daydream は、Epic Games Launcher からダウンロード可能な Unreal Engine バイナリに備わりました。Github からダウンロードおよびコンパイルする Unreal Engine ソースでも使用することができます。

Android NDK 12b

Daydream のすべての機能にアクセスする場合、Android NDK のバージョンが 12b に更新されていることを確認してください。Android Works のインストール方法ににいては以下の各リンクを参照してください。

  • Android Works の設定

ダウンロードおよびインストールが完了したら、[Android SDK] > [SDKConfig] セクションで SDK API Level を [matchndk] に、また NDK API Level を [android-24] にそれぞれ設定して、Unreal Engine プロジェクトが新しい NDK ファイルを使用していることを確認する必要があります。

クリックしてフルサイズで表示

スキャンライン レーシング

Scanline Racing は、VR プロジェクトでのレイテンシーを低減できる Daydream 固有の機能です。Daydream デバイス向け Google VR プロジェクトでスキャンライン レーシングを有効にするには、以下の操作を行います。

  1. [Project Settings (プロジェクト設定)][Platforms] > [Android] を選択します。[APKPackaging] セクションで、以下の設定を行います。

    • Minimum SDK Version: 24

    • Target SDK Version: 24

    クリックしてフルサイズで表示

  2. [Build] セクションで以下の設定を行います。

    • Support armv7(aka armeabi-v7a):Disabled

    • Support arm64 (aka arm64-v8a):Enabled

    クリックしてフルサイズで表示

    これを有効にしておくと、arm64 ライブラリのコンパイルが必要な時に、初回クック時間が大幅に追加されます。

  3. 次に、[Advanced APKPackaging] セクションの以下のオプションを有効にします。

    • [Configure GoogleVR Deployment Mode]:Daydream

    • [Configure GoogleVR for sustained-performance mode]:Enabled

    クリックしてフルサイズで表示

次回アンリアル エンジン プロジェクトをクックして Daydream デバイスにデプロイする時に、低レイテンシー レンダリング設定が有効になります。

Daydream モーション コントローラー

Daydream デバイスのユニークな機能の 1 つに、モーション コントローラーのサポートがあります。Daydream デバイス用のモーション コントローラーの設定方法は、以下の操作ガイドを参照してください。

トレーニング ストリーム

これらのトレーニング ストリームは、Motion Controller の設定、Motion Controller を使った VR でのインタラクション作成に関する追加リソースです。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback