Google VR のパフォーマンス調整

IGoogle VR 用アプリケーションのパフォーマンスの確認方法

Windows
MacOS
Linux

このページでは、Google VR プロジェクトのパフォーマンス問題の検出方法について説明します。

Google Daydream Performance HUD

GoogleDaydreamPerfHUD.png

Daydream Performance HUD は、Google VR SDK 1.60 以上でビルドされたすべての Daydream アプリケーションに対して有効にされたパフォーマンス オーバーレイです。

Google Daydream にはパフォーマンス オーバーレイがついています。これを有効にすると、パフォーマンス問題の発生時に、すぐに詳細を確認することができます。このオーバーレイを有効にすると、以下の統計情報も表示されます。

  • アプリケーション フレーム サブミット レートおよび GPU でフレームがブロックされているかどうか

  • 非同期リプロジェクション統計情報

  • 処理メモリー使用量

  • デバイスのサーマル スロットリングまでの温度 (�C)

Performance HUD を有効にする方法

Performance HUD を有効にするには、以下の手順に従います。

  1. Daydream アプリケーションを起動したら、スマートフォンの上部右側の歯車アイコンをタップして、VR 設定を開きます。

    GVDP_00.png

  2. [Build Version] を 6 回タップすると、[Developer Options] の項目が表示されます。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. [Developer Options] > [Enable performance heads-up display] を選択します。このオプションを有効にすると、[Enable performance monitoring] オプションも有効になります。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. 次に VR アプリケーションを起動すると以下の画像のようにパフォーマンス オーバーレイが表示されます。

    クリックしてフルサイズで表示

    Performance HUD の使い方の詳細は、Google VR パフォーマンス HUD を確認してください。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信