Google Daydream VR モーション コントローラを設定する

Google Daydream VR モーション コントローラーを Unreal Engine で使えるように設定する

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

Google Daydream モーション コントローラーを使うと、これまでにないほど Unreal Engine プロジェクトとインタラクトすることができます。現実世界さながらに、オブジェクトを手に取ったりインタラクトすることができます。この操作ガイドでは、Google Daydream モーション コントローラーを Unreal Engine プロジェクトで使えるように設定する方法を説明します。

このガイドでは、Google VR 用にカメラを設定するためのガイド で作成したポーンを使用します。まだ完了していない場合は、先へ進む前に完了させることを強く推奨します。

モーション コントローラーは Google Daydream SDK をサポートしているデバイスのみで使用できます。

ステップ

プレイヤーのポーンに Google Daydream モーション コントローラを使用する機能を追加する方法を説明します。

  1. エディタをロードしたら、[Main Toolbar] から [Edit] タブを開き、[Plugins] メニュー アイテムを選択します。

    EditPlugins.png

  2. [Plugins] メニューで [Google VR Motion Controller] ブラグインをオンにします。

    GoogleVRMotionControllerPlugin.png

  3. まず、モーション コントローラーのサポートを追加したいプレイヤー ポーンを開きます。この例では GoogleVR_Pawn_MotionController というポーンを使います。[Components] タブで [Add Component] ボタンをクリックして GoogleVRMotionController を検索します。

    HTGoogleVR_MC_00.png

  4. VRCamera のように子コンポーネントになるように、追加した GoogleVRMotionController を既存の VRCameraRoot 上にドラッグします。

    HTGoogleVR_MC_01.png

    デフォルトで、ポーンを追加した時に GoogleVR モーション コントローラーのコンポーネント 位置 が (0, 0, 0) となるように設定します。何かの理由でそうならない場合に必ず (0, 0, 0) になるように位置を設定してください。

  5. [GoogleVRMotionControllerComponent] の中の [MotionControllerComponent]Motion Source プロパティを 「AnyHand」 に設定します。

    4.21.0 までは、Daydream app による 3DOF コントローラー サポートは自動でした。4.21.0 の開始時に、Unreal は Daydream 6DOF デュアル コントローラーのサポートを開始しました。アプリケーション デベロッパーは Motion SourceAnyHand に設定しなければなりません。

    Click for full image.

  6. ブループリントをコンパイルおよび保存したら、コンテンツ ブラウザから GoogleVR_Pawn_MotionController ポーンをレベルへドラッグします。

    クリックしてフルサイズで表示

  7. 追加したプレイヤーのポーンを選択し、[Details] パネルで必ず [Auto Possess Player][Player 0] に設定して、レベルの実行時にこのポーンが使用できる状態になるようにします。

    HTGoogleVR_MC_02.png

  8. 最後に [Launch] ボタンを押して、このレベルを Google Daydream を有効にしたスマートフォンで実行します。

    HTGearVR_MC_04.png

最終結果

プロジェクトの起動時に、GoogleVR ヘッドセットにスマートフォンを乗せて GoogleVR Daydream モーション コントローラーを持ちます。現実世界でモーション コントローラーを動かすと、その移動が以下の動画のように Unreal Engine プロジェクト内でリプリケートされるのが見えます。

GoogleVR モーション コントローラーのメッシュが正しい位置ではないように感じたら、自分の正面でモーション コントローラーを持って [Home] ボタンを押して、モーション コントローラーの位置を再度キャリブレーションします。

Unreal Engine プロジェクトをダウンロードする

以下のリンクから、このサンプルの作成に使った Unreal Engine プロジェクトをダウンロードすることができます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信