3.応用編

このガイドで説明した方法を使って、追加のコンテンツでレベルにさらに磨きをかけます。関連トピックスのドキュメントも紹介します。

Windows
MacOS
Linux

SteamVR および HTC Vive を使って UE4 プロジェクトを表示することができるようになりました。それでは以下の項目をプロジェクトに追加してみましょう。

  • Migrate ツール を使って、コンテンツをモバイル コンテンツ サンプルから使用するプロジェクトに移動します。

  • [Motion Controllers](Platforms\VR\MotionController)
    に対するサポートを追加して、ユーザーが現実世界にいる時と同じように VR の中でオブジェクトを動かせるようにします。

  • GPU Profiler を使って、ビルドをしながらプロジェクト パフォーマンスをトラックしやすします。

アンリアル エンジン 4 で VR プロジェクトを開発するために役立つ情報が記載されているリソースを紹介します。

ドキュメンテーション

お試しコンテンツ

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信