Store インターフェース

ゲーム内購入のオファーを記述およびフィルタリングするためのオンライン サブシステムです。

Windows
MacOS
Linux

ユーザーの購入をサポートするゲームの機能は、次の 2 つのインターフェースによって強化されています。ユーザーにオファーを提供する機能の備わった Store インターフェース と、ユーザーがこれらのオファーを受け入れられるようにする Purchase インターフェース です。 Store インターフェースを使用すると、ゲームはオンライン サービスからオファーを取得したり、それらをカテゴリに分類したり、フィルタ処理したり、個別に管理したりできます。 購入を実行するには、Purchase インターフェース を使用します。

オファー (クラス FOnlineStoreOffer) には、ユーザーがゲームを通じて購入できるものに関するすべての必要なデータが含まれています。 これには、説明、価格、リリース日、有効期限などの情報があります。 カテゴリ (クラス FOnlineStoreCategory) には、非常にシンプルなデータである、名前とサブカテゴリのリストのみが含まれています。 オンライン サービスがオファーの設定と管理を処理するのに対し、Store インターフェースは検索とフィルタリングを処理します。

オファーとカテゴリ

Store インターフェースは、オンライン サービスのサーバーからオファーとカテゴリのデータを取得します。 この操作はリモート マシンへのアクセスを含むため、2 つのフェーズに分けられます。非同期のデータの検索とキャッシュ、そしてローカルにキャッシュされたそのデータへのアクセスです。 Store インターフェースはリクエストが完了するたびに自動的にキャッシュをアップデートし、最新のクエリの結果のみを保持します。

オファーとカテゴリを取得する

オファーの情報を取得する最初のステップは、ストアに含まれているカテゴリのリストを抽出することです。 QueryCategories 関数はこれを処理し、終了時に、提供された FOnQueryOnlineStoreCategoriesComplete 型のデリゲートを呼び出します。 成功した場合は、Store インターフェースは利用可能なすべてのカテゴリ ID を含むキャッシュを取得します。 この時点で、デベロッパーは、特定のカテゴリを含めて、その他のカテゴリを除外する (FOnlineStoreFilter 型の) フィルタを作成することによって、オファーのクエリを開始できます。 フィルタを使用すると、QueryOffersByFilter はカテゴリ メンバーシップに基づいてオファー ID を取得できます。 Store インターフェースがオファー ID を取得してキャッシュしたら、デベロッパーは QueryOffersById 関数を使用して特定のオファーに関する情報について照会できます。 QueryOffersByFilterQueryOffersById の両方とも、成否を示す、提供された FOnQueryOnlineStoreOffersComplete 型のデリゲートを使用し、Store インターフェースのオファーのキャッシュは、いずれかの操作が正常に完了した後にアップデートされます。

オファー データを調べる

「クエリ」関数はカテゴリとオファーに関するデータを Store インターフェースのキャッシュに取り出します。 このデータにアクセスするには、カテゴリ キャッシュの場合は GetCategories を、オファー キャッシュの場合は GetOffers を呼び出します。 既知のオファー ID がある場合、GetOffer 関数は対応する (キャッシュされた) オファーに関する情報を返します。

これらの関数はすべてローカル キャッシュで実行されるため、コールバックはありません。 ただし、これらはキャッシュにデータが含まれている場合にのみ役立ちます。 これらの関数はキャッシュをアップデートしないため、オンライン サービスのストアのカテゴリやオファーに対する「ライブ」の変更は反映されません。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信