5 - 応用編

実践してみましょう。

Windows
MacOS
Linux

ここまでで学んだ知識を活かして、以下を行ってみましょう。

  • Particle System コンポーネント を FloatingActor に追加します。プロジェクトの中には、ビルド済みのパーティクル システムが幾つか含まれています。

  • ハードコード化された値ではなく、アンリアル エンジンの UProperty マクロを使って、FloatingActor の移動の範囲に対する変数を公開します。変数、タイマー、イベント チュートリアルをご覧ください。このトピックに関して役立つ情報が見つかるかもしれません。

  • 定期的な動きを X と Y 軸上に追加し、0.6 から 1.4 までの間の数字を DeltaTime に乗ずると、自由に浮遊する FloatingActor が表示されます。This can look great for powerups!

以下はこのチュートリアルの内容の詳しい情報のリンク先です。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信