1.ワールドにカメラを配置する

複数のカメラをワールドに設定します。

Windows
MacOS
Linux

アンリアルエンジン 4 にまだ慣れていない場合は、最初に プログラマ向けクイックスタート tutorial をご覧いただくとよいでしょう。このドキュメントでは、プロジェクトの作成、プロジェクトへの C++ コードの追加、コードのコンパイル、アクタ への コンポーネント の追加に慣れている方を対象として想定しています。

  1. まず「HowTo_AutoCamera」という名前のスターター コンテンツを使用して、新規 Basic Code プロジェクトを作成します。最初にワールドにカメラを 2 つ作成します。さまざまなカメラの設定方法がありますが、ここでは最も一般的な 2 つの方法を紹介します。最初のカメラは プレースメントブラウザ[Modes] タブへ移動して [Place (配置)] をクリックするか Shift + 1 を押します。[All Classes (すべてのクラス)] セクションに Camera アクタが表示されます。このアクタを レベルエディタ へドラッグして、シーンを良く見渡すことができる位置に置きます。

    PlaceCameraActor.png

    この操作が終了すると、 Camera アクタ が選択されている限り レベルエディタ ウィンドウに新規作成した Camera アクタ から見えるピクチャイン ピクチャビューが表示されます。

    CameraOnePlacement.png

  2. 2 つ目のカメラは、もう少し詳細で、一段と正確なコントロールが出来る方法で作成します。プレースメントブラウザ[Mode (モード)] タブで [Basic (基本)] をクリックして キューブ[レベルエディタ] ウィンドウへドラッグします。

    PlaceCube.png

    このステップではほぼすべてのアクタ クラスを使用できます。QuickStart チュートリアルで作成した MyActor クラスを Cube の代わりに使用すると面白いかもしれません。

  3. Cube アクタを配置する場合、Camera コンポーネント を追加します。これは、 Cube[Details] パネルで + Add Component (コンポーネント追加) ボタンをクリックして行います。先に配置した Camera アクタ と異なるビューになるように、この Camera コンポーネント の位置と回転を設定します。

    CameraTwoPlacement.png

  4. Constrain Aspect Ratio をオンにして Camera アクタ の設定と一致するように Camera コンポーネント をカスタマイズします。この設定によりカメラビュー間の遷移がスムーズになりますが、必須ではありません。

    CameraAspect.png


ワールドを設定したので、これでカメラビューをコントロールするクラスを作成する準備が整いました。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信