4.応用編

実践してみましょう。

Windows
MacOS
Linux

ここまでで学んだ知識を活かして、以下の操作をしてみましょう。

  • クレーンまたはドリーのショットを作成するために動くアクタにカメラをアタッチします。

  • CameraOne と CameraTwo ではなく 配列 変数を 1 つだけ使ってカメラを保存すれば、2 以外の数字をカメラの台数に使うことができます。

  • カメラの保存には、アクタ ポインタを使わずに、ポインタとビューの変更前の時間を保持する 構造体 を作成し、新しいビューに対して時間をブレンドします。

以下はこのチュートリアルの内容の詳しい情報のリンク先です。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信