構造体指定子

エンジンおよびエディタの各種特性とのプロパティの動作を指定する、ゲームプレイ プロパティの宣言時に使用するキーワードです。

Windows
MacOS
Linux
参照
このページ中

構造体を宣言する場合に、各種特性と構造体がどのように動作するのか制御する 構造体指定子 を構造体宣言に追加することができます。

構造体指定子

効果

Atomic

構造体は常に単一ユニットとしてシリアル化されるべきであることを表します。このクラスに対する自動生成コードは作成されません。ヘッダはメタデータをパースするためだけに提供されます。

BlueprintType

ブループリントの変数に使用できるタイプとして構造体を公開します。

Immutable

Immutable は Object.h でのみ有効で、現在使用されなくなりました。新しい構造体では使用しないようにしてください。

NoExport

このクラスに対する自動生成コードは作成されません。ヘッダはメタデータをパースするためだけに提供されます。

メタデータ指定子

クラス、インターフェイス、構造体、列挙型変数、列挙型変数の値、関数、プロパティを宣言するときに、メタデータ指定子 を宣言に追加して、エンジンやエディタの様々な側面でどのように動作するかを制御することができます。データ構造またはメンバのそれぞれの型には、固有のメタデータ指定子のリストがあります。

クラスは以下のメタタグ指定子を使用することができます。

クラス メタ タグ

効果

BlueprintSpawnableComponent

このコンポーネント クラスが存在する場合、ブループリントでスポーン可能です。

BlueprintThreadSafe

ブループリント関数ライブラリでのみ有効です。この指定子は Animation ブループリントのノンゲーム スレッドでこのクラスの関数を呼び出し可能とマーク付けします。

ChildCannotTick

Actor クラスと Component クラスで使用されます。ネイティブ クラスがティックできない場合、このアクタまたはコンポーネントを元にしてブループリントが生成したクラスは、bCanBlueprintsTickByDefault が true であっても決してティックできません。

ChildCanTick

Actor クラスと Component クラスで使用されます。ネイティブ クラスがティックできない場合、bCanBlueprintsTickByDefault が false であっても、このアクタまたはコンポーネントを元にしたブループリントが生成したクラスでは、bCanEverTick がオーバーライドされます。

DeprecatedNode

ビヘイビア ツリー ノードで、クラスが非推奨であることを示し、コンパイル時に警告が表示されます。

DeprecationMessage="Message Text"

クラスが非推奨である場合、そのクラスを使用するブループリントをコンパイルしようとすると、このメッセージが標準の非推奨警告に追加されます。

DisplayName="Blueprint Node Name"

ブループリント内のこのノード名は、コードが生成する名前の代わりにここで指定する値で置き換えられます。

DontUseGenericSpawnObject

ブループリントで Generic Create Object ノードを使用するクラスのオブジェクトをスポーンしないでください。この指定子は、アクタでも Actor コンポーネントでもない Bluprint 型クラスの場合に限り、有用です。

ExposedAsyncProxy

Async Task ノードでこのクラスのプロキシ オブジェクトを公開します。

IgnoreCategoryKeywordsInSubclasses

クラスの最初のサブクラスが継承されるすべての ShowCategoriesHideCategories の指定子を無視するようにします。

IsBlueprintBase="true/false"

このクラスがブループリントを作成するために使用可能 (または使用不可) の基本クラスであることを示します。 UCLASS の指定子、 BlueprintableNotBlueprintable と同様です。

KismetHideOverrides="Event1, Event2, .."

オーバーライドできないブループリントのイベント リストです。

ProhibitedInterfaces="Interface1, Interface2, .."

クラスと互換性がないインターフェースのリストです。

RestrictedToClasses="Class1, Class2, .."

Blueprint Function Library クラスが使用し、リストに名前があるクラスに使用を制限します。

ShortToolTip="Short tooltip"

親クラスのピッカー ダイアログなどフル ツールチップでは長すぎる場合に短いツールチップを使います。

ShowWorldContextPin

このクラスが所有するグラフに配置されたブループリント ノードが、ワールド コンテキストのピンを通常は非表示であっても表示しなければならないことを示します。このクラスのオブジェクトはワールド コンテキストとして使うことはできないからです。

UsesHierarchy

クラスが階層データを使うことを示します。[Details (詳細)] パネルで階層編集機能をインスタンス化するために使用されます。

ToolTip="Hand-written tooltip"

コード コメントから自動的に生成されたツールチップをオーバーライドします。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信