Timelines ノード

nreal Engine 4 のブループリントの Timeline ノードの概要を説明します。

Windows
MacOS
Linux

k2_timeline_demo.png

Timeline ノード は、ブループリント内の特殊なノードです。タイムラインに沿ったキーフレームでトリガーできる eventsfloatsvectorscolors も基づいてすばやく作成およびプレイされる時間ベースのアニメーションを提供します。

タイムラインは、[Graph (グラフ)] タブまたは [My Blueprint] タブでタイムライン上で ダブルクリック することで直接編集できます。ドアを開けたり、ライトを変更したり、シーン内のアクタに対して他の時間に合わせた操作を実行したりするなど、単純にあ非シネマティック タスクを処理するために特別にビルドされています。タイムラインに沿ってキーフレーム間で補間される float、vector、colorr などの値を提供することから、レベル シーケンス に似ています。

入力値と出力値

k2_timeline_node.png

Timelines には以下の入力ピンと出力ピンがあります。

アイテム

説明

入力ピン

Play

Timeline を現在の時刻から順再生させます。

Play from Start

Timeline を最初から順再生させます。

Stop

現在時刻で Timeline の再生をフリーズさせます。

Reverse

Timeline を現在の時刻から逆再生させます。

Reverse from End

Timeline を最初から逆再生させます。

Set New Time

現在時刻を New Time 入力の値設定 (または入力) に設定します。

New Time

Set New Time 入力が呼び出されると Timeline がジャンプできる時間へ秒時間を表す浮動小数点値を送るデータピンです。

出力ピン

Update

Timeline が呼び出されるとすぐに実行シグナルを出力します。

Finished

再生が終了すると実行シグナルを出力します。Stop 関数ではトリガーされません。

Direction

Timeline の再生方向を示す列挙型変数を出力します。

Timelines には、その中で作成されるトラック タイプを反映する出力データピンを好きな数だけ追加できます。Float、Vector、Event トラックが含まれます。

Timeline ノードのサンプル

タグ
Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信